1. TOP
  2. 歯のホワイトニング
  3. 【市販品で歯を白くするのは危険も!?】歯磨き粉選びの注意すべきポイントを解説!

【市販品で歯を白くするのは危険も!?】歯磨き粉選びの注意すべきポイントを解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉がたくさん販売されていますが、実はそういった歯磨き粉選びでは注意しなくてはならないことがあります。ホワイトニングの謳い文句に踊らされて、歯を傷つける結果になったり、虫歯や歯茎トラブルなどを引き起こす原因になったりしては元も子もありませんよね。
今回はそういった「ホワイトニング歯磨き粉」を選ぶポイントについて解説していきます。

 

 

市販品の歯磨き粉で引き起こしやすいリスクとは?

main_amano

まずは、市販品のホワイトニング歯磨き粉で、よくあるトラブルについて解説していきます。気にせず使っている女性は、もしかしたら徐々に口内トラブル予備軍を溜めこんでいるかもしれません。
きちんとチェックしておきましょう。

 

むし歯のリスクを高める・汚れやすくなる

ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉の中には粗い研磨剤が含まれていることがあります。
研磨剤でステインや汚れを削り落とすことで、歯の本来の白さを取り戻すという効果です。歯に優しい「天然由来の研磨剤」や「キメ細かい研磨剤」であれば、歯に優しく問題はないのですが、注意しなくてはいけないのが「粗い研磨剤」です。

歯の表面に傷をつけてしまい、エナメル質を剥がしてしまう可能性があります。そういった傷がついた部分に汚れが蓄積しやすくなったり、虫歯菌が侵入してしまうことに繋がるので決して良い状態ではありません。

確かに、粗い研磨剤はステインや汚れの除去効果が高く、即効性も高いのでホワイトニング目的で配合されるのも頷けます。しかし、歯の健康を害することになってしまうので、使用を控えたり、使用頻度を少なめにする必要があります。

 

発がんのリスクを高める

注意しなくてはならない成分は他にもたくさんあります。そのうちの一つに「サッカリンナトリウム」というものがあります。香味料に使われることが多い成分で、人工的な成分の一つ。

使用を続けることで発がん性のリスクを高めると言われているので、使用には十分注意が必要な成分です。もちろん、香味料が含まれている歯磨き粉すべてに発がん性の危険があるわけではありません。

成分表に「サッカリンナトリウム」を記載されている歯磨き粉に注意しましょう。

 

味覚障害・発がんのリスク

「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分を知っていますか?

アメリカの一部で、ラウリル硫酸ナトリウムを含む製品が禁止になっている成分なのですが、日本では問題なく販売されています。
この成分は味覚障害や発がんのリスクを高めてしまうといわれている成分で、人体には決して良いものではありません。

しかし、歯磨き粉以外にも、シャンプー・ボディーソープ・化粧落としなどに至るまで幅広く使われているのが現実。泡立ちを良くしたり、汚れを落としやすくするというメリットもあるのですが、健康被害のリスクも高まってしまうので、歯磨き粉選びの際にはよく考えて購入しなくてはいけません。

 

アルツハイマーのリスクを高める

実は、歯磨き粉によってはアルツハイマーのリスクを高める成分を含む商品も販売されています。

歯磨き粉の効果としては研磨剤として使われることが多いもので成分名は「水酸化アルミニウム」と表記されています。
水酸化アルミニウムの危険は「アルツハイマーのリスクを高める」というもので、高齢者のみならず若い世代の使用も注意してほしい成分でもあります。

最近は若年性アルツハイマーが増えてきているとも言われているので、年代問わずに気を付けなければなりません。
ただ、研磨剤の全てに水酸化アルミニウムが使われているわけではなく、中には天然由来成分の研磨剤を含むものも多く販売されています。

成分表を参考にしながらよく見極めて購入を検討するようにしましょう。

 

 

どうやって選べばいい?安全なホワイトニング歯磨き粉の選び方

accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s

ここからは、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

上記を読んだ女性であれば、歯磨き粉に含まれる成分の中には人体に影響を及ぼすものもあるということが分かったと思います。とはいっても、そういった成分を含む商品は数多く販売されていて、誰もが知る有名企業や大手企業の商品の中にも含まれているのが現実。
そこで、「どうやって選んだらよいのか」と悩む女性のために、いくつかのチェックポイントを解説するので参考にしてみてくださいね。

 

天然由来・自然由来などの謳い文句がある歯磨き粉

歯磨き粉の謳い文句はさまざまです。

・強力な洗浄力!
・歯に優しい成分配合!
・濃密な泡立ちで汚れを除去!

など、こういった謳い文句はよく見かけますよね。そこで、注目してほしい謳い文句があります。例えば「天然由来の成分配合」「自然派成分100%」など、人工的な成分が少ない・もしくは一切使用していないような歯磨き粉を選ぶことが大切です。

健康被害のリスクを上げないためにも、こうした謳い文句に注目してみることで体に優しい歯磨き粉を選ぶことができます。

 

研磨剤不使用の歯磨き粉

歯の表面やエナメル質の剥がれを招いてしまう原因でもある「研磨剤」。汚れが素早く落とせるというメリットがありますが、歯には決して良いものではありません。
特に、粗い研磨剤は歯を傷つけるだけでなく、知覚過敏の原因にもなってしまいます

歯を労わりながらホワイトニング効果を得たいのであれば、研磨剤不使用の歯磨き粉を選ぶことが大切です。もしくは、「天然由来の研磨剤使用」「キメ細かい研磨剤使用」などの歯磨き粉を選ぶことで、歯に負担をかけることなく歯磨きを行うことができます。

即効性ばかりを求めず、歯の健康も重要視して歯磨き粉を選ぶとよいでしょう。

 

泡立ちが少ない歯磨き粉

歯磨き粉と言えば、泡が立つことでよく磨けているような気分になりますよね。しかし、実は泡立ちと汚れの落ち具合はほとんど関係ないと言われています。

泡立ちは「発泡剤」によるものなので、磨けているから泡立っているというわけではないのです。
さらに発泡剤に含まれる成分「ラウリル硫酸ナトリウム」が配合されている場合には、味覚障害やアルツハイマーのリスクも高めてしまうのでできれば避けておくべき歯磨き粉でもあります。

むしろ、歯を念入りに磨きたいのであれば「泡立たない歯磨き粉」がおすすめです。例えば、ジェルタイプやクリームタイプであれば、ほとんど泡が立たないものの、成分はきちんと歯に届きます。また、泡が立たないことで磨き残しを防ぎ、隅々まで磨きやすくなるのです。

 

コーティング効果を持つ歯磨き粉

歯磨きをすると、歯はブラッシングによって少なからず傷がつくもの。こういった傷から虫歯菌が侵入したり、汚れやステインが付着しやすくなってしまいます。

しかし、フッ素のようなコーティング機能を持つ成分を配合した歯磨き粉がおすすめです。磨き終わった後に歯を綺麗にコーティングし、外部からの汚れや着色、虫歯菌から守ってくれるので、コーティング効果を持つ歯磨き粉を選ぶことがい大切です。

 

 

まとめ

toothbrush-571741_960_720

よく聞く「ホワイトニング効果」を謳った歯磨き粉。数多く販売されているので正直どれを選んだらよいのかわからないという人も多いと思います。
しかし、歯磨き粉選びを誤ってしまうと、口内や人体に影響を及ぼしてしまうこともあるため注意が必要です。
今回の記事を参考にしながら自分に合った歯磨き粉選びをしてみませんか?歯にも体にも優しい成分をチェックしてから購入するクセをつけましょう!



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る