1. TOP
  2. 【ポリリン酸ホワイトニングって何?】ホワイトニング効果の真相と注意点を大解説!

【ポリリン酸ホワイトニングって何?】ホワイトニング効果の真相と注意点を大解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

「ポリリン酸ホワイトニング」という言葉を聞いたことがありますか?
実は最近、ホワイトニングサロンや審美歯科が導入を始めているホワイトニング方法なのです。しかし、まだまだ知られていないことが多く、憶測や間違った認識が広がっているのが事実。
そこで、今回はポリリン酸ホワイトニングの真相について徹底大解説していきます!

 

 

ポリリン酸ホワイトニングとは?

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

まずは、ポリリン酸ホワイトニングとはいったいどういったものなのかについて解説していきます。ホワイトニングの検討をしている女性であれば気になりますよね。
さっそくチェックしていきましょう。

 

ポリリン酸ナトリウムを使用したホワイトニング

ポリリン酸ホワイトニングとは、成分である「ポリリン酸ナトリウム」を使用したホワイトニングのことを言います。使用する薬剤にポリリン酸ナトリウムが含まれていることから、「ポリリン酸ホワイトニング」と呼ばれるようになったようです。
体に害のある成分ではなく、食品の変色を防いだり着色物を除去する働きがあります。また、もともと人間の体内に存在している成分でもあるため、体には何の影響もないホワイトニングです。

 

ポリリン酸ナトリウムが使用される理由

ポリリン酸ナトリウムの働きとして「着色物を除去する」という働きがあります。食器用洗剤や洗濯洗剤に使用されていることが多く、着色した物質を綺麗に取り除くことができるのです。
その効果を歯にも作用させることで、歯の表面に付着した着色汚れを分解し、歯の本来の白さへと導く効果を期待することができます。
一般的な歯科医院では、「過酸化水素」と呼ばれる、歯の漂白剤で歯を内側から白くしますが、ポリリン酸ホワイトニングは「表面のみ」に作用する成分です。

 

 

ポリリン酸ホワイトニングの効果は?

ポリリン酸ホワイトニングは、実際のところホワイトニング効果が高いと言えるのでしょうか?
口コミを見てみると「劇的に効果があった!」という意見もあれば、「ほとんど効果を感じられなかった」という意見まで様々です。個人差があるとはいえ、ちょっと気になりますよね。
そこで、ポリリン酸ホワイトニングの効果の真相についてリサーチしてきました。

 

歯の本来の白さ以上に白くすることはできない

基本的にポリリン酸ホワイトニングは、歯の表面に付着した着色汚れのみに作用するので、歯の本来の白さ以上に白くすることができません。歯の本来の白さと言えば、永久歯が生えた時の色のことを言うのですが、人によっては永久歯が生えてきた時点で黄色がかっていたり、くすんでいたりすることもあります。

もともと乳歯に比べると永久歯の方が歯が黄ばんでいますが、この黄ばみが生まれつき強い場合には、ポリリン酸ホワイトニングを施してもそれ以上に白くすることができません。

 

コーヒーや赤ワイン、ヤニなどは劇的に落ちる

生まれつきの歯の色を変えることはできないものの、生活習慣によって付着した着色汚れであれば、ポリリン酸ナトリウムでホワイトニング効果を得ることができます。
毎日コーヒーを飲む人、喫煙習慣がある人、赤ワインを頻繁に飲む人、ブドウやブルーベリーなどのフルーツを好んで食べる人などは、着色汚れが付着しやすい生活習慣を送っているため、知らず知らずのうちに歯の黄ばみを進行させていることになります。

こうした着色は、ポリリン酸ナトリウムの持つ働きによって、分解・除去することができるので、歯を本来の白さへと戻し、自然な明るい歯へと導くことができるのです。

 

 

ポリリン酸ホワイトニングのメリット

A portrait of a dental assistant smiling at the camera with the dentist working in the background

ここからは、ポリリン酸ホワイトニングのメリットについて紹介していきます。歯科医院のホワイトニングにするか、サロンでのポリリン酸ホワイトニングにするか、迷っている女性はぜひ参考にしてみましょう。

 

痛みが無い・少ない

歯科医院での「過酸化水素」を用いたホワイトニングでは、歯がしみたり痛んだりすることが少なくありません。個人差はあるものの、歯がしみやすい人や知覚過敏の症状がある人であれば、非常に痛みが強いことも多いと言います。
しかし、ポリリン酸ホワイトニングであれば、基本的に歯や人体に影響が無い成分なので、痛みを感じることは少なく、安心してホワイトニングに臨むことができるのです。
痛みに弱い、知覚過敏の症状がある、という女性には嬉しいポイントなのではないでしょうか?

 

料金が安い

実はポリリン酸ホワイトニングは、歯科医院でのホワイトニングに比べて非常に安い傾向にあります。歯科医院でのホワイトニングの相場が1回3~5万円なのに対し、ポリリン酸ホワイトニングは1回5,000円~とお財布に優しい価格設定になっているのです。
使用している薬剤自体が安いというのもありますが、サロンでのホワイトニングは医療行為に当たらない為、比較的安い金額でホワイトニングを行うことができるのです。

 

ホワイトニング直後の食事制限ナシ

歯科医院でのホワイトニング直後は、「着色の強い食べ物は控えるように」と注意を受けます。これは、歯がデリケートな状態で、着色しやすい状態にあるからです。大体1週間程度はカレーやコーヒーなどのような着色の強い飲食物を控える必要があります。
しかし、ポリリン酸ホワイトニングは基本的に歯に負担をかけないホワイトニングなので、ホワイトニングが終わったその瞬間から好きなものを食べたり飲んだりしてOKなのです。

もちろん、コーヒーやカレー、赤ワインなど着色の強いものも問題なく摂取することができます。好きな食べ物を我慢したくないという女性には嬉しいメリットですね。

 

口内環境を整える

ポリリン酸ホワイトニングによって、口内の様々な雑菌を抗菌することができるため、虫歯予防や歯周病予防の効果も期待できると言われています。
100%の抗菌作用があるというわけではありませんが、「予防程度」での抗菌が可能なので、口内間Ⓚ尿を整えたり、衛生的に保つ効果を期待することができます。

 

 

ポリリン酸ホワイトニングのデメリット

images

ここからは、気になる「ポリリン酸ホワイトニングのデメリット」について解説していきます。魅力的なメリットが多いホワイトニングですが、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

本来の歯が黄ばんでいると白くならない

ポリリン酸ホワイトニングの効果は、あくまでも「本来の白さに戻す」というものなので、もともとの歯が黄ばんでいる場合には残念ながらホワイトニング効果を実感することができません。
歯の表面に付着したステインやヤニは除去できますが、歯の本来の色そのものを変化させることはできないので注意しましょう。

 

着色が強いと回数を重ねる必要がある

生活習慣で着色が強くなってしまった場合には、1回では満足のいく明るさにならない為、3回~5回ほど頻繁に通う必要があります。着色状況によっては、お金と時間がかかってしまうことがあるため注意が必要です。ただ、1回で2~3段階は明るくなることがほとんどなので、「今より白くなれば満足」という女性であれば、1回の施術で満足のいく結果になるでしょう。

 

 

まとめ

teeth-1652976_960_720

最近見かけることが多い「ポリリン酸ホワイトニング」の文字。どんなホワイトニングなんだろう?と気になっていた女性の参考になったでしょうか?
ポリリン酸ホワイトニングのメリットや効果をよく把握し、「自分に合っている」と感じたらぜひ試してみてくださいね。

 


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る