1. TOP
  2. 【自宅で出来る最強ホワイトニング!】クレスト3Dホワイトストリップの効果・特徴・価格を大解説!

【自宅で出来る最強ホワイトニング!】クレスト3Dホワイトストリップの効果・特徴・価格を大解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

自宅でのホワイトニングと言えば、「ホワイトニング歯磨き粉」を使用したり、歯科医院で処方される「ホームホワイトニングキット」などではないでしょうか?
歯磨き粉に関しては即効性が低いので、歯が白くなるまでに時間がかかりますし、ホームホワイトニングはマウスピースをしたり薬剤を塗ったりしなくてはならず正直面倒に感じてしまうことがほとんど。
しかし、最近では「クレスト3Dホワイトストリップ」が注目を集めていて、じわじわと人気が出てきています。効果や特徴、価格などについて徹底的に迫っていきましょう。

 

 

クレスト3Dホワイトストリップとは?

_qAMcFNxwzC67Btwb0CAxgAXo35NFdiXJLKE2yTifXIuoqKovYhF7Gp8HqRT0dadQpS5XmfcLLCD0eFRVz5R__Qw.7_WG4RdyIYca0t

まずは「クレスト3Dホワイトストリップ」とはどういった商品なのかについて解説していきます。まだまだ日本人には馴染みのないホワイトニング商品ですが、実はホワイトニング先進国であるアメリカではほぼ80%以上の知名度を誇っている商品です。

 

ホワイトニングテープのこと

クレスト3Dホワイトストリップスとは、「ホワイトニングテープ」の商品名です。
薬剤をしみこませたホワイトニングテープを歯に貼り付けるだけでホワイトニングの効果を得ることができるという手軽なホワイトニング商品なのです。

ホワイトニングテープには「過酸化水素」と呼ばれる、日本の歯科医院でのホワイトニングでも使用される薬剤が含まれており、その薬剤が歯の内側から歯を漂白していくのです。
使用時間は約15~20分程度で、比較的短時間で済むのが魅力の一つ。忙しい女性であっても、「家事をしながら」「用事を済ませながら」など、スキマ時間で出来るので活用しやすいのではないでしょうか?

 

ホワイトニングテープは市販されていない

非常に手軽にできるホワイトニング商品ではありますが、残念ながらドラッグストアなどで市販されていません。これは、日本の薬事法の関係により、過酸化水素を含む商品は市販することができないのです。
過酸化水素が体に有害な成分であるというわけではなく、人によっては「しみる」「知覚過敏を引き起こす」などの影響があるからなのです。日本では専門家のもとで使用するための薬剤として認識されているので、ホワイトニングテープを市販で購入することはできません。

しかし、使用自体に規制はないので、個人的に輸入するか、代理販売を行っている通販などで購入する必要があります。手軽に買えない分少々手間がかかりますが、自宅でのホワイトニングを検討しているのであれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

クレスト3Dホワイトストリップの効果って?

images

アメリカでは芸能人やモデルなどにも愛用者が多いクレスト3Dホワイトストリップ。日本でもスポーツ選手が愛用しているとの情報がきっかけで、少しずつ知名度がアップしてきました。
とはいっても実際のところ「ホワイトニング効果」ってどのくらいあるのでしょうか?気になるホワイトニングテープの効果について迫っていきましょう。

 

ホワイトニング効果は確実!

ホワイトニング先進国であるアメリカで人気なだけあって、その効果は確実なものであると言われています。アメリカ人を見てみると、誰もが白い歯を持っていますよね。白い歯ひとつで人生、仕事、恋愛が大きく左右される国でもあるので、ホワイトニングに関しては非常に関心が高い傾向にあります。

そんなアメリカ人の多くが愛用しているのですから、ホワイトニング効果は抜群。歯科医院でのホワイトニング後の「後戻り予防」として活用している人もいれば、すでに黄ばんでいる歯を一から白くするために使う人など、用途はさまざま。それだけ、ホワイトニング効果が高いということが言えるのです。

 

ただし、1回では効果が現れない

ホワイトニング効果の高い商品ではありますが、だからといって1回で歯を真っ白にできるわけではありません。早い人であれば4~5回ほど平均して2週間の使用で歯の色が格段に明るくなると言われています。

すぐに歯が白くならないのは、一気に葉を漂白してしまうと歯に負担をかけてしまうことが理由の一つです。歯の表面だけでなく内部からも作用させるので、歯に何の影響もないということはありませんよね。ゆっくりと確実に白くしていくのがホワイトニングテープの効果なのでまずは焦らず2週間を目安に使用するようにしましょう。

 

 

【クレスト3Dホワイトストリップ】ホワイトニングテープの注意点

60808952

ここからは、ホワイトニングテープを使うにあたっての注意点について解説していきます。ただ、テープを張るだけ、という簡単なホワイトニングではありますが、一方で注意点も存在します。どんなポイントに注意すべきなのか、使用前にきちんと把握しておきましょう。

 

歯並びに合わせて調整をしなければならない

まず、ホワイトニングテープは少々厚みがあるということを理解しなくてはなりません。そのため、歯がでこぼこしていたり、重なり合っているような部分がある歯並びである場合には、歯とテープの間に隙間が生じやすくなっています。
ホワイトニングテープは、テープに密着している部分しかホワイトニングされないので、万が一テープと歯の間に隙間ができてしまうと、その部分だけ漂白されないことになってしまいます。

1本の歯の表面に、黄ばんだ部分と真っ白な部分とでまだらになってしまうため、歯並びが悪い人はテープを張る際に「細かい調整」をする必要があります。
切り込みを入れたり、小さめに切ったりしながら、すべての歯(笑った時に見えるすべての歯)にしっかり密着させるように気を付けて貼り付けるようにしましょう。

 

歯の状態によっては痛みが出る

もともとはアメリカ人向けに開発された商品です。そのため、日本人の歯には合わない可能性があると言われています。
特に知覚過敏の症状がある人、虫歯がある人の場合には、ホワイトニングテープに含まれた「過酸化水素」が刺激となってしまう可能性があり、痛みを感じてしまうことがあるのです。

食べ物や飲みもので歯がしみやすい人、長い期間歯医者に行っていない人などは、一度歯医者を受診してからホワイトニングテープを使用したほうが良いかもしれませんね。

 

数か月~1年で色戻りする

ホワイトニングテープは、歯医者でのホワイトニング同様に時間が経つと色戻りをしてしまいます。これは、歯が再石灰化を繰り返すことで起きる事なので、防ぎようのないことです。歯が正常に機能しているという証拠でもあるので受け止めなくてはいけません。
個人差がありますが、大体半年~1年で色戻りを感じ始める人が多いと言われています。そのため、1年に1~2回の頻度でホワイトニングテープを使う必要があるのです。

しかし、歯医者でのホワイトニングも同じように半年~1年ほどで後戻りを感じる人が多いので、歯医者でのホワイトニングと比べたら、手軽さも費用面でもメリットの多いホワイトニングテープは手の出しやすい商品なのではないでしょうか?

 

 

まとめ

esthetic_img02

3,000円代で購入が可能なホワイトニングテープ。歯医者でのホワイトニングとは違い、圧倒的に費用面のメリットが大きく、さらに手軽なので日本でも今後人気を集めていくことが予想されます。
ぜひ、これを機に人気が出る前に第一人者として「クレスト3Dホワイトストリップ」のホワイトニングテープを試してみてはいかがでしょうか?今後使う友人たちへのアドバイスも出来るとよいですね!


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る