1. TOP
  2. 歯のホワイトニング
  3. 【フッ素配合の歯磨き粉】虫歯予防におすすめの商品を一挙大公開!

【フッ素配合の歯磨き粉】虫歯予防におすすめの商品を一挙大公開!

この記事のタイトルとURLをコピーする

虫歯予防には欠かせない「フッ素」。多くの歯磨き粉に含まれている成分ではありますが、商品によっては含有量が少なかったり、もしくは「ホワイトニング」「歯周病ケア」などの効果をメインとしていてフッ素は一切配合していない、という歯磨き粉も存在します。
そこで、今回はフッ素を配合した歯磨き粉のおすすめについて紹介。歯磨き粉をこだわりたい!という女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

フッ素とは?

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

そもそもフッ素とはどういった成分なのでしょうか?
聞いたことがあるものの、具体的にどのような効果を持つのか知らない……という人は少なくありません。まずは、フッ素の正しい知識について解説していきます。

 

歯質強化の効果

まず、一番に挙げられるフッ素の効果が「歯質の強化」です。歯は酸に弱く、溶けやすい性質を持っています。しかしフッ素によって歯の表面をコーティングすることで外部からの刺激(酸や菌)との接触を回避することができるのです。
そのため、虫歯を予防したり、歯を強く健康にする効果を期待することができます。フッ素は、歯に永遠と付着してくれるものではありません。歯磨きの際に念入りにうがいをしてしまうと流れてしまうほど脆い成分でもあるのでうがいには注意が必要。

日常生活の中でも、頻繁な感触をしているとフッ素が落ちやすいため、不必要な間食やおやつは控えるようにしましょう。

 

虫歯の原因菌の働きを抑制

虫歯の発生は基本的に「菌」によるものがほとんどです。その菌の発生の原因は「磨き残し」による歯垢です。歯垢が虫歯の原因菌を作り出してしまうため、磨き残しには十分注意しなくてはいけません。

こうして作りだされた虫歯の原因菌が虫歯を引き起こしてしまうのですが、フッ素はその虫歯菌の働きを抑制する効果があるのです。そのため、万が一磨き残しの施行から虫歯の原因菌が生成されてしまっても、菌の働きを抑えるので虫歯になりにくくしてくれます。

そのため「虫歯予防」としてフッ素が大切であるといわれているのです。

 

再石灰化を促す

あなたは「再石灰化」という言葉を知っていますか?

私たちの口内は基本的に「アルカリ性」に保たれています。そこへ、当分が口内に入ることで口内は一気に酸性へと変化してしまいます。そのため、歯は酸によって溶け出し「脱灰」と呼ばれる現象を引き起こしてしまうのです。このままでは、食事のたびに歯が溶けてしまいますよね。

しかし、口内は自動的にアルカリ性へと戻る機能が備わっているため「歯が溶け続ける」という心配はありません。この酸性→アルカリ性へと変化した段階で「再石灰化」が行われるのです。

再石灰化とは、上記のように歯が酸によって溶け出してしまったのを、唾液に含まれるカルシウムやリンで修復することを言います。溶けっぱなしにせず、きちんと修復することで歯と口内の健康を保つことができるのです。

 

 

フッ素配合の歯磨き粉のおすすめは?

9d31c702118f547fbb013a5e02810f0e_s

ここからは、フッ素を配合した歯磨き粉のおすすめ商品について紹介していきます。「虫歯予防を徹底したい人」「歯磨き粉をこだわりたい人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

チェックアップ スタンダード

フッ素の配合濃度が極めて高い歯磨き粉「チェックアップ スタンダード」。歯ブラシが届きにくい奥歯や磨き残しをした歯にもtどきやすいペーストタイプの歯磨き粉で、歯のすみずみまでフッ素を行きとどかせることができます。
また、発泡剤や研磨剤の含有量が少なく、「低発泡性」「低研磨性」でもあるため歯にやさしい歯磨き粉です。

「泡が立たないと磨いた気がしない」という人もいますが、実は泡が立たないほうが磨き残しを減らすことができます。泡立ちが良いと磨けた気分になってしまったり、泡が邪魔となって歯磨きあスムーズにいかなかったり……などの問題が生じてしまうのです。

そのためチェックアップ スタンダードのような泡立ちが少ない歯磨き粉のほうが丁寧に歯を磨きやすく、清潔に保ちやすいというメリットがあります。これを機に、あえて泡立ちの少ない歯磨き粉をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

チェックアップ スタンダード 公式サイト

 

ジェルコート

歯磨き粉では珍しいジェルタイプの歯磨き粉「ジェルコート」。
緑色のジェルが特徴的な歯磨き粉で、ほとんど泡が立たない歯にも口内にも優しい歯磨き粉なのです。ジェルなので、歯に密着しやすく、さらに磨けていない部分もわかりやすいのが魅力で、磨き残しを減らすことも可能。

このジェルコートは、歯磨き粉として使うことも可能ですが、いつもの歯磨き粉の後に「フッ素コート」として活用することもできるぐらい、フッ素の含有量が多い歯磨き粉です。
「お気に入りの歯磨き粉があるけど、フッ素も気になる……」という女性は、いつもの歯磨きの後にジェルコートを使用してみるとよいでしょう。

 

ジェルコート 公式サイト

 

クリアクリーンナチュラルミント

市販の歯磨き粉の中でもフッ素濃度が比較的高い歯磨き粉「クリアクリーンナチュラルミント」。クリアクリーンといえば、歯を白くする効果を持つ歯磨き粉や、歯周病予防としての効果が高いイメージがありますが、実はフッ素も豊富に含まれた歯磨き粉なのです。

フッ素濃度が高いので、虫歯予防としての効果は抜群ですし、さらに殺菌効果もあるので「口臭」「ネバつき」の改善効果も期待することができます。

香味はマイルドなミントで、刺激の弱い香味が特徴。「辛いのが苦手」という女性でも安心して使用することができる歯磨き粉なので、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

クリアクリーン ナチュラルミント 公式サイト

 

キシリデントライオン

虫歯菌に効果的な「フッ素」と「キシリトール」の2つの成分が配合された歯磨き粉「キシリデントライオン」。
歯の再石灰化の促進や、歯質の強化をしてくれるフッ素だけでなく、歯垢をつきにくくしたり歯垢をはがれやすくしてくれるという効果を期待することができるのです。

虫歯の原因となる「歯垢」への働きが高い成分なので、虫歯予防を徹底したい女性におすすめの商品。さわやかなミントの香味が特徴なので、磨きあがりはさっぱりとした口内を保つことができます。

キシリデントライオン 公式サイト

 

ガードハロー

ペーストタイプの歯磨き粉ですが、口内の温度と水分によってフッ素が溶け出し、歯のすみずみにフッ素が届くという珍しいタイプの歯磨き粉です。
フッ素の濃度が高いので、虫歯予防としてはとても高い効果を得ることができます。ただし、注意点が一つ。実はガードハローには研磨剤も含まれているのです。その含有量はやや多めで、さらに研磨力が高い成分が含まれています。

そのため、毎日頻繁に歯磨きのお供として使用してしまうと、最悪の場合歯を傷つけたり、エナメル質がはがれてしまう原因となってしまいます。
そういったミクロの目に見えない傷から虫歯が発生してしまうことも多いので、使用には十分注意しなくてはいけません。

使用の目安としては寝る前の念入りな歯磨きに使ったり、定期的にフッ素を取り入れたいときのメンテナンスとして活用するのがおすすめです。

ガードハロー 公式サイト

 

 

まとめ

toothbrush-571741_960_720

歯の健康への意識が高まってきている現代。虫歯予防の歯磨き粉を探す人が増えてきました。ぜひ、今回の記事を参考にしながら自分にぴったりの歯磨き粉を探してみてはいかがでしょうか?

 

 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る