1. TOP
  2. 【ホワイトニングの市販商品ランキング】超強力なホワイトニングアイテムを大公開

【ホワイトニングの市販商品ランキング】超強力なホワイトニングアイテムを大公開

この記事のタイトルとURLをコピーする

数多くのホワイトニングアイテムが登場している今日。自宅にいながら本格的なホワイトニングを可能とした商品も販売され始めています。そこで、今回は数あるホワイトニングアイテムをランキング形式にして紹介。
人気アイテムや注目のアイテムについてチェックしていきましょう。

 

 

ホワイトニング効果抜群!注目のアイテムをランキングで徹底公開!

さっそく、ホワイトニング効果の高い商品を紹介。市販のホワイトニング商品といえば「ホワイトニング歯磨き粉」を思い浮かべる人が多いと思いますが、ホワイトニングアイテムは歯磨き粉だけではありません。一体どんなホワイトニングアイテムがあるのか……。ホワイトニングに関心のある女性はぜひ参考にしておきましょう。

 

1位 歯のマニキュア

堂々の1位に輝いたのは、手軽さ・価格面でもメリットが多い「歯のマニキュア」です。その日のうちに歯を白くすることができ、大切な予定が迫っているときでも安心してホワイトニングすることができます。

爪に塗るマニキュア同様に、白い塗料を歯に塗るだけなので、歯本来の色が変わるわけではありませんが、口内や人体には影響のない「樹脂性の塗料」を使用しているため、毎日使用しても歯にも体にも負担をかけません
また、手軽に芸能人のような真っ白な歯を手に入れることができるので、「とにかく真っ白にしたい」という女性にもお勧めです。

除去方法は非常に簡単で「歯を磨くだけ」で塗料を落とすことができます。ただ、歯磨きで落とせる分「食べる」「飲む」などの行為でも塗料が部分的に剥がれてしまうことがあるので注意が必要。不安な女性は「ウォータープルーフ」のような耐久性のある歯のマニキュアをチョイスしましょう。

 

2位 LEDライト

最近話題になっている「LEDライト」によるホワイトニング。今まではサロンや歯科医院でしか出来ませんでしたが、現在は自宅でも手軽に行えるホワイトニングアイテムとして小さなLEDライトが販売されています

専用の薬剤を塗布し、一定時間ライトを照射するだけという簡単なホワイトニング方法で、本格的なホワイトニングを自宅で行うことができるのです。さらに価格も安価な商品が多く、ライトだけなら1000円前後で購入することができる商品がほとんど。
価格面もホワイトニング効果も満足度が高いので、今回2位にランクインしました。

ただ、LEDライトには2種類のタイプが存在するので、購入前によくチェックする必要があります。一つは手にもって照射するタイプで比較的一般的なアイテム。もう一つは口にくわえて口内で照射するタイプです。ライトを照射しながら作用をしたいという人は口にくわえるタイプがおすすめですし、「くわえるのは抵抗がある……」おいう人は手に持って照射するタイプがおすすめ。
自分の好みに合わせて選んでくださいね。

 

3位 歯の消しゴム

抜群の手軽さを誇るのが「歯の消しゴム」ですね。手軽さ・安さ・効果、どれも申し分のないホワイトニングアイテムです。
名前に「消しゴム」とありますが、実際に使用されているのはゴムではなく研磨剤です。歯の表面に付着したステインやヤニを直接こすり落とすことができるので即効性も抜群です。

ただ、研磨剤は頻繁に使用してしまうと歯やエナメル質を傷つけてしまう可能性があります。使用頻度は1週間に2~3回を限度とし、過度な使用は控えるようにしましょう。

 

4位 ホワイトニングペン

筆ペンのような感覚でホワイトニングができるのが「ホワイトニングペン」です。歯のマニキュアと同様に、「塗料によるホワイトニング」ですが手軽に真っ白な歯へと導くことができるので数あるホワイトニングアイテムの中でもおすすめできるホワイトニング商品です。

また、ホワイトニングぺンは小回りが利くので、歯のスキマや段差にも塗りやすいのが魅力。歯並びが良くない人でも細かくホワイトニングすることができるので、「歯並びが悪く、色がムラになりやすい」という女性でも安心して使用することができます。
歯に負担をかけることもないので、毎日の使用も可能。自分のライフスタイルに合わせて使い分けてみるのも良いでしょう。

 

5位 ポリリンジェル

歯の表面に付着した着色汚れを分解除去する効果を持つのが「ポリリンジェル」です。有効成分である「ポリリン酸ナトリウム」を使用していて、歯を傷つけずにホワイトニング効果を得ることが可能。ジェルタイプではりますが「歯磨き粉」としても販売されているアイテムなので、毎日使用する歯磨き粉をポリリンジェルにチェンジして使用することも可能。

ただ、やや高めなのでお財布と相談して購入を検討しましょう。
ちなみにポリリン酸ナトリウムは、サロンやエステでのホワイトニングでも使用されている成分なので、ホワイトニング効果は本格的で高いものです。
自宅で本格的なホワイトニングをしたい、と考えている女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ホワイトニング効果を長持ちさせる生活習慣

様々なホワイトニングアイテムがあふれている現代。しかし、せっかくホワイトニングに成功してもその効果は、日々の生活習慣によって徐々に失っていきます。
特に「ステイン除去」「ヤニ除去」などの効果でホワイトニングをした人は、せっかく白くした歯がまた着色してしまうのは避けたいですよね。そこで、ここからはホワイトニング効果を長持ちさせるための生活習慣について紹介していきます。
自分の生活習慣と照らし合わせながらチェックしていきましょう。

 

着色の強い飲食物は控える

基本ではありますが、着色の強い飲食物は控えましょう。一般的に知られているのはコーヒー、カレー、赤ワインなどですが、実は意外な飲食物も歯の黄ばみを引き起こしてしまいます。注意してほしいのが以下の食品です。

・にんにく
・豆腐
・ぶどうやブルーベリーなど

上記の食品は以外にも歯を黄ばませてしまう影響のある食品です。もしかしたら頻繁に食べている食品もあるかもしれませんね。食べ過ぎには注意し、間隔をあけながら頻度をコントロールして食べるようにしましょう。

 

だらだら食べをやめる

私たちの歯は、食べ物や飲み物を飲むたびに再石灰化を繰り返しています。しかし、だらだら食べることによってその再石灰化が間に合わず、歯が酸によって溶かされてしまうことにつながるのです。
そのため、歯の表面が溶け、中の黄ばんだ色素が透けて見えることにつながります。せっかく歯の表面を白くしても中の黄ばんだ色素が透けて見えてしまっては意味がありません。さらに、だらだら食べは歯の着色を引き起こす生活習慣でもあるので注意しましょう。きちんと時間・タイミングを考え、多すぎる間食やおやつは控えてくださいね。

 

歯の磨きすぎはやめる

歯は磨けば磨くほど白くなるというものではありません。むしろ、歯を磨きすぎたり、強い力で磨いたりすると歯の表面に傷がついてしまい、着色しやすい状態に陥ってしまいます。
白い歯を保つには、歯の表面は常に滑らかな状態であることが必要不可欠。歯磨きの頻度や力加減を今一度見直してみてくださいね。

 

 

まとめ

数多く存在する「ホワイトニングアイテム」。気になる商品はありましたか?
歯科医院を受診しなくても、歯磨き粉でなくてもホワイトニングをする方法は存在します。ぜひ、今回の記事を参考にしながら求める白さを目指してホワイトニングを実践してくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る