1. TOP
  2. 【研磨剤なしで歯を白くする】こだわり派におすすめの歯磨き粉まとめ

【研磨剤なしで歯を白くする】こだわり派におすすめの歯磨き粉まとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

近年囁かれている「研磨剤」の危険性。歯に良くないと言われていて、歯磨き粉選びのポイントにしている女性も多いのではないでしょうか?
しかし、ホワイトニング効果を謳っている商品や、歯垢の除去を謳っている商品の多くには研磨剤が含まれていることが多く、「歯を白くする歯磨き粉が欲しい」と思っていても、なかなか手が出しにくいのが現状です。
しかし、中には研磨剤を含まずに歯を白くする効果を持つ歯磨き粉も少しずつ販売されてきています。今回はそういった「研磨剤なしの歯磨き粉」について紹介していきます。

 

 

研磨剤の危険性とは?

2

研磨剤が良くない。という話はここ最近よく耳にするようになってきました。研磨剤の役割としては、歯に付着した色素や汚れを落とすというもの。その為、歯磨き粉では欠かせない存在でもあります。
そんな研磨剤がなぜ危険なのか、なぜ良くないと言われるのか知っていますか?
研磨剤を含まない歯磨き粉を紹介する前に、研磨剤の危険性について触れていきます。

 

歯を削ってしまう・傷つけてしまう

研磨剤の危険性として一番に挙げられるのが「歯への影響」です。研磨剤のイメージとしては「ヤスリ」です。ざらざらとした物質で汚れを削り落とすのが目的で、歯の表面のステインや汚れを削り落としてくれます

しかし、その際に歯を削ったり傷つけてしまうという影響があるのです。
ざらついた研磨剤は、汚れを落とすのに手っ取り早く効果も高いのですが、その分歯を痛めてしまうことにもつながり、傷ついた部分から虫歯を引き起こしたり、知覚過敏を引き起こしたり……といった様々な口内トラブルの原因となってしまいます。

 

歯茎を傷つけてしまう

研磨剤の影響は「歯」だけにとどまりません。歯茎にも影響を及ぼしてしまうことがあります。
歯茎は基本的に柔らかくてデリケート。触ればわかりますが、ギュッと押すと充血するように赤くなりますよね。歯茎に歯たくさんの血管が密集した部位でもあり、優しく扱わなければならないものです。

しかし、研磨剤は歯茎に負担をかけることがあり、あまりおすすめできるものではありません。研磨剤によって歯茎を傷つけてしまうと、感染症や出血などを引き起こすことがあるのです。
デリケートな歯茎を守るためにも、研磨剤を含まない歯磨き粉を使用したほうがよい場合があります。

 

 

研磨剤なしで歯を白くする!おすすめの歯磨き粉まとめ

1

研磨剤の危険性が分かったところで、ここからは研磨剤を含まない歯磨き粉について紹介していきます。「歯を白くしたいけれど研磨剤が入っている物はイヤ」という女性は決して少なくありません。
せっかく歯を白くしても、含まれていた成分の影響で虫歯や知覚過敏を引き起こしていたら元も子もありませんよね。
研磨剤無しで歯を白くするための歯磨き粉について触れていきましょう。

 

スーパースマイル

歯に関する関心が高いアメリカで人気の歯磨き粉「スーパースマイル」。審美歯科医が開発した効果の高い歯磨き粉で、さらに研磨剤も未配合という嬉しい商品です。

アメリカでは毎年100万本以上も販売されているというほどの絶大な人気を誇る商品ですが、日本ではあまり認知されていません。しかし、日本の歯医者でも広く取り扱われている商品で、ホワイトニング後のアフターケアとしても使われることがあります。

子供の歯にも安心して使える歯磨き粉なので、「歯への影響が心配」「知覚過敏だから刺激の強い歯磨き粉は不安」という女性でも安心して使うことができますよ。

スーパースマイル 公式サイト

 

ConCoolジェルコートF

泡立ちが少ないジェルタイプが特徴の歯磨き粉。泡だたないので、念入りにブラッシングをすることが可能です。泡立ちは汚れがよく落ちるような印象があるので、磨いていて気持ちが良いものですが、実際歯にはあまり必要のない要素とも言われているので、泡が無ければ汚れが落ちないというわけではありません。

念入りなブラッシングが可能になることで、歯の表面だけでなくスキマに付着した汚れや着色を優しく除去し、綺麗な歯を保つ事ができます。

さらにフッ素が配合されているので、虫歯予防としての効果も高く、お口の健康を守ってくれます。歯磨き後のフッ素コートとして取り入れることもできるほどの効果なので「虫歯予防も重要視している」という女性はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

ジェルコートF 公式サイト

 

シュミテクト トゥルーホワイト

知覚過敏の方向けの歯磨き粉が多いシュミテクト。そんなシュミテクトから研磨剤を含まない優しい歯磨き粉が登場しました。名前は「シュミテクト トゥルーホワイト」です。

歯がしみる人でも安心してホワイトニング効果を得られるよう開発された歯磨き粉で、研磨剤を含まない商品なのが魅力。
トゥルーホワイトに配合された「ポリリン酸ナトリウム」と呼ばれる成分が、歯の表面の汚れや着色を柔らかくしてくれるのでブラッシングによって取り除きやすくします。

知覚過敏ほ方向けというほどなので、成分は歯に優しいものが多く安心して使えます。

シュミテクト トゥルーホワイト

 

チェックアップジェル

ライオン株式会社が開発した歯磨き粉「チェックアップジェル」。研磨剤無し、さらに低発砲なので、磨き残しの心配なくブラッシングを行うことができます。
虫歯予防には欠かせない「フッ素」も配合されているので、歯を清潔に保ちながら、虫歯予防を可能にしてくれるのが魅力の一つ。

子供でも安心して使える成分が配合されているので、歯や歯茎に優しく歯磨きを行うことができます。また、種類豊富な香味も魅力の一つ。「バナナ」「ピーチ」「レモンティー」「グレープ」「ミント」など、幅広い種類から自分好みの香味を選ぶことができ、毎日の歯磨きを楽しくしてくれますよ。

チェックアップジェル

 

アパガード リナメル

歯科医院取り扱い商品でもある「アパガード リナメル」。研磨剤を使用していないのに歯にやさしいのはもちろんのこと、歯石の沈着予防やエナメル質の充填などで歯の健康を整えてくれる働きもあります。

さらに、研磨剤のように「歯垢を削り落とす」という方法ではなく、配合された成分であるナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトによって「歯垢を吸着して落す」という方法で歯を健康に保ちます。

歯を白くしながら虫歯予防、歯の健康促進も可能にした高機能歯磨きでおすすめの商品です。しかし、市販としては販売されていない為、歯科医院の受診が必要になります。

購入の際に手間がかかってしまう商品ではありますが、その分効果を期待することができるので、歯磨き粉にこだわりたいという女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

アパガード リナメル

 

まとめ

teeth-1652976_960_720

数多くの歯磨き粉が販売されている現代。機能、効果、使用感など自分にピッタリの歯磨き粉を選びやすい時代でもあります。しかしその一方で、歯に良くないとされる歯磨き粉も存在しているのも事実。
今回の記事では、歯に良くない影響を与えると言われる「研磨剤」を含まない歯磨き粉について紹介しました。

研磨剤はイヤだけど、歯磨き粉で歯を白くしたい」という人は多いもの。まだまだそういった商品は少ないものの、実際に販売されています。

今回の記事で紹介した歯磨き粉を参考に、ぜひ自分の歯磨き粉をこだわって選んでみてくださいね!歯の健康を保ちながら真っ白な歯を手に入れましょう!


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る