1. TOP
  2. 【歯のマニキュアおすすめ商品はどれ】それぞれの特徴・効果を大解説!

【歯のマニキュアおすすめ商品はどれ】それぞれの特徴・効果を大解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

手軽に歯を白くすることができることから人気を集めている「歯のマニキュア」。
しかし、商品が数多いのもあって、「この商品ダメだった」なんていう経験をしている女性は少なくありません。そこで、今回は、口コミやレビューでの評価が高い「おすすめ商品」について紹介していきます。
歯のマニキュアを始めて購入する人や、過去に歯のマニキュアの商品で失敗した経験がある女性はぜひ参考にしてみましょう。

 

 

歯のマニキュアを選ぶうえでのポイント!

E446795H_L

おすすめの商品を紹介する前に「歯のマニキュア」を選ぶポイントについて紹介していきます。どこを意識して選ぶべきなのか、どのような効果や明るさを選ぶべきなのかについて詳しく解説していくのでチェックしておいてくださいね。

 

塗布後の明るさ・白さ

歯のマニキュアを選ぶうえで、最も重要視しなくてはいけないのが「明るさ」「白さ」です。歯のマニキュアの失敗談として最も多いのが「不自然な白さになってしまった」「色が明るすぎて歯が目立ってしまう」など。

歯のマニキュアの中にはこうした「白すぎる商品」「明るすぎる商品」があるので注意して選ぶ必要があります。パッケージやネットでのイメージ図を参考にしながら「自然な白さ」になる商品を選ぶことが大切です。

ついつい「真っ白な歯にしたいから一番明るい色にしよう」と選んでしまう女性もいますが、不自然な白さになってしまうことに繋がるので、自分の目指したいトーンをよく把握してから商品選びをしましょう。

 

使いやすさ

一口に「歯のマニキュア」とはいっても、実はそのタイプは様々です。例えば、爪に塗るマニキュアのような「ボトルタイプ」の商品や、筆ペンのように細かく塗れる「筆ペンタイプ」のもの。さらに「速乾性の高いもの」「伸びが良いもの」など非常に様々な商品が販売されています。

使いにくいマニキュアを選んでしまうと、色ムラの原因になったり、歯への塗布量が多すぎて歯に厚みが出すぎたりする原因になってしまいます。
口コミをリサーチしてみたり、自分の使いやすいタイプを考えたりして、慎重に商品選びを行いましょう。

 

価格

やはり外せないのは「価格面」のポイントではないでしょうか?クリニックで行うホワイトニングが数万円~という高額な料金なのに対し、歯のマニキュアは1000円代から購入することができます。「あまりお金をかけられない」という女性にとってはかなりリーズナブルな料金ですよね。

また、歯のマニキュアは合う合わないが大きいので、「1回使ってみたけど合わないからもう使わない」ということがあります。そのため、あまり高額なマニキュアを購入してしまうと、失敗したときの精神的なダメージが大きいのと、また次の商品を買わなくてはいけないので経済的な負担がかかってしまいます。

数万を超えるようなマニキュアは諦め、高くても数千円程度の商品を選ぶようにしましょう。

 

成分

歯のマニキュアは口内に使用するものなので、人体に影響のある成分が含まれていないかきちんとチェックしなければなりません。
悪質な商品の中には、人体に害があるとされる「発がん性物質」が含まれていたり、肌に付着した際に肌荒れを引き起こしてしまうような刺激の強い成分が入っていることもあります。

こういった悪質な商品を使用しないよう、購入前にあらかじめ確認しておきましょう。本記事後半で紹介する歯のマニキュアはどれも人体に影響が無く「天然由来の樹脂成分」が使われている商品のみを厳選しています。
安心して参考にしてくださいね。

 

 

【厳選紹介】歯のマニキュアのおすすめ商品

pixta_10037599_M-300x225

ここからはvivinewsがおすすめする「歯のマニキュア商品」について紹介していきます。数多くのマニキュアが販売されている物の、中には品質が悪いもの、仕上がりのクオリティが悪いものなどが販売されているので、商品選びには注意が必要です。

今回紹介しているマニキュア商品はどれも口コミ、レビュー共に評価の高い商品なので、それぞれの特徴や価格面を比較しながら自分に合っていそうな商品を見つけてみてくださいね。

 

TooColor ピュアホワイト

日本人の黄色がかった歯の色を考慮し、開発されたマニキュア「TooColor ピュアホワイト」。TooColorでは様々な歯のマニキュアが販売されていますが、中でも「ピュアホワイト」は自然な白さを演出することができる優れものです。

また、重ね塗りをしてもムラになりにくいので、明るさの微調整を行うことも可能。使いやすさもクオリティも高い商品です。
価格は2,980円と安価での購入が可能。クオリティが高いだけでなく、使いやすさも抜群でこの価格は安いのではないでしょうか?

TooColor 公式サイト

ハニック DC Pro EX

歯のマニキュアのメーカーとしては定番でもある「ハニックシリーズ」。多くの歯のマニキュアを販売しているメーカーでもありますが、その分クオリティや使いやすさ、タイプも様々です。

今回ハニックシリーズの中でおすすめするのは「ハニック DC Pro EX」。ハニックシリーズの中でも最もハイクオリティなマニキュアで、とってもおすすめできる商品の一つです。

歯を白くするのはもちろんのこと、マニキュアにありがちな「はがれやすさ」も無し。飲食でもはがれにくくなっているので、長時間白さをキープすることができます。

落ちにくいものの、オフは「歯磨き」もしくは「専用リムーバー」で簡単に落とせるのも魅力。
「キープ力」「クオリティ」の2つのポイントが特徴なので、これらを求めている女性は参考にしてみてくださいね。

ハニック 公式サイト

 

シェモア To The Teeth マジックカバー

重ね塗りは不要で、ひと塗りで輝く白さにできる歯のマニキュア「シェモア To The Teeth マジックカバー」。
細めの筆先が特徴で、幅広い歯の表面から歯と歯のスキマの細かい部分まで、いろいろな部分に対応可能です。また、カバー力が強いので、「1本だけ変色が酷い」「銀歯がある」などの歯でも、他の歯と白さに差が出ることなく、どの歯も同じように白くすることができます。

「歯並びがあまり良くない」「ほかの歯の色と違う歯がある」などの人におすすめの商品です。

シェモア To The Teeth 販売サイト

 

グリム 胡粉美人歯マニキュア

他の歯のマニキュアに比べて、歯に優しい成分が最も多く含まれている商品「胡粉美人歯マニキュア」。ミネラルをたっぷりと含んでいて、さらに「ホタテ貝殻由来のカルシウム」も配合されているので、マニキュアを塗っている間はずっと歯をケアしている状態です。

気になる歯の色をカバーしながら歯のケアができるのは嬉しいポイントですよね!

ただし、ひと塗りではカバー力が少ないため、銀歯や着色の強い歯の場合には2~3回の重ね塗りが必要になります。1回目に塗った部分が完全に乾いてから2度、3度塗りを行いましょう。

グリム 公式サイト

 

 

まとめ

d9d44cbe52eb6e81906c440a799d5688_s

数多く販売されている歯のマニキュア。それぞれ、効果や特徴、仕上がりが異なるので商品選びでは注意してほしいポイントです。特に「使いやすさ」「仕上がり」の面では、塗布後のクオリティを左右する重要なポインとでもあるので、口コミやレビューをよく参考にする必要があります。

今回の記事で紹介した歯のマニキュアは基本的に、使いやすさや品質、安全面でも高評価の商品なので、参考にしていただければと思います。
ぜひ、自分に合った商品を見つけてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る