1. TOP
  2. 【種類別】歯医者でのホワイトニング費用は?気になる相場とメリット・デメリット

【種類別】歯医者でのホワイトニング費用は?気になる相場とメリット・デメリット

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングを検討している人にとってもっとも気になるのが「費用面」ではないでしょうか?歯医者でのホワイトニングは決して安いものではありません。収入によってはかなり躊躇してしまうような相場であるホワイトニングも存在します。

そこで、今回は「具体的にいくらぐらいかかるの?」と気になる女性のためにホワイトニングの種類別に相場を解説していきます。「安いホワイトニング方法が知りたい」「それぞれどれぐらいかかるのか気になる」という女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

オフィスホワイトニング

まずは、ホワイトニングの定番でもある「オフィスホワイトニング」について解説。歯科医師のもとでのホワイトニングを検討している女性はぜひチェックしておきましょう。

 

相場は7~10万円

ホワイトニング方法の中でも比較的ポピュラーで定番でもあるのが「オフィスホワイトニング」です。歯科医師による施術なので、自分で行う工程は何もありません。

椅子に座り、歯科医院に口内をすべて任せることができます。そんなオフィスホワイトニングの相場は7~10万円と非常に高い傾向にあるのです。前歯12本セットで7万円という歯科医院もあれば、1歯につき5000円という料金設定の歯科医院も存在します。

オフィスホワイトニングをする歯科医院を探す際には、自分が何本の歯をホワイトニングしたいのかを明確にし、どのような料金設定なのかをよくチェックしておく必要があります。

 

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングのメリットは何といっても「効果の早さ」です。基本的に1回でトーンアップすることが多いので「すぐに白くしたい」という女性でも満足のいく仕上がりになることがほとんど。

しかし、歯質ホワイトニング効果を得られないこともありますが、そういったケースのために「返金保障」を取り入れている歯科医院も多く存在します。

即効性や安全性、満足度を重要視するのであればオフィスホワイトニングがおすすめです。

 

オフィスホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングのデメリットとして挙げられるのは大きく分けて2つあります。1つが「費用面」です。上記でも解説したように、相場が高いので大きな出費となってしまうことは間違いありません。

また、オフィスホワイトニングは「痛み」が伴うことも多いといわれています。過酸化水素と呼ばれる歯の漂白剤を使用するのですが、この成分が歯への刺激となりしみたり痛みが出たりする可能性があるのです。

特に「知覚過敏」の症状を持つ人は、傷みやすいので事前に歯科医師に相談しておきましょう。

 

ホームホワイトニング

ここからはホームホワイトニングの「相場」「メリット・デメリット」について解説していきます。

 

相場は3~5万円

ホームホワイトニングの相場は3~5万円といわれていて、オフィスホワイトイングと比べると比較的安い傾向にあります。費用面を重視する女性であれば、ホームホワイトニングがおすすめといえるでしょう。

歯科医院やクリニックによっては相場よりも安い金額でホームホワイトニングを提供しているので、何件かリサーチしてから医院を選んだほうがよいかもしれませんね。

 

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのメリットは上記で解説したような「費用面」だけではありません。実は「効果」に関してもメリットが存在います。

一般的に、ホームホワイトニングは白さの持続期間が3~6か月程度といわれていて、この期間を過ぎると、徐々に色戻りが進んでしまいます。ホワイトニングは一生ものの効果ではないので、色戻りは仕方のない現象です。

しかし、一方でホームホワイトニングの白さの持続期間は約1年といわれていて、ホームホワイトニングに比べて白さの持続期間が長い傾向にあります。

また、ホームホワイトニングのような刺激の強い成分をしないので、痛みもほとんどありません。痛みに弱い女性や、歯が痛みやすい女性でも安心して使用することができますね。

 

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングのデメリットは2つあります。1つが「手間」です。処方された薬剤をマウスピースに塗布して自分で装着、さらに使用後は自分で洗浄しなければなりません。しかも、ホームホワイトニングのデメリットとしてもう1つ「白さを実感するまでに時間がかかる」というものがあるのです。そのため、自分で装着~洗浄までの工程を毎日行わなければいけません。

個人差はあるものの、効果が現れるまでに2~3週間はかかるといわれています。短期間で歯を白くしたい人や、大切な予定を控えている人にとって2週間は長い期間ですよね。

面倒くさがりさんや即効性を求めている人は、ホームホワイトニングが不向きな場合があるので、よく検討しておきましょう。

 

 

ポリリン酸ホワイトニング

最近注目を集めている「ポリリン酸ホワイトニング」について解説していきます。

 

相場は1歯500円~

ポリリン酸ホワイトニングの相場は1歯500円~といわれていますが、歯科医院やサロンによってその料金設定は違ってきます。例えば照射1回につき5000円であったり、上下の歯12本セットで4000円など。

しかし、どういった料金設定にせよ、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングと比較しても圧倒的に安いのが「ポリリン酸ホワイトニング」なのです。

本記事前半で紹介したホワイトニングで使用する薬剤とポリリン酸ホワイトニングで使用する薬剤は全く違います。食品つとしても使用される成分を使用していて、歯科医師だけでなくサロンのスタッフでも取り扱いができるので料金設定が安い傾向にあるのです。

 

ポリリン酸ホワイトニングのメリット

ポリリン酸ホワイトニングのメリットは「費用面」「痛み」に関してです。どのホワイトニング方法と比べても圧倒的に安いホワイトニング方法なので、「費用面」を重要視している女性であればぜひホワイトニング方法を選ぶ際の参考にしてほしいところ。

さらに、ポリリン酸ホワイトニングで使用する薬剤は歯にやさしい成分なので、「歯がしみない」というのも大きなポイントです。

ポリリン酸ホワイトニングは、歯を漂白するのではなく「歯の表面の着色汚れを取り除く」という効果を期待できます。そのため歯の本来の白さへと戻すことが可能となり、痛みがなくホワイトニングすることができるのです。

 

ポリリン酸ホワイトニングのデメリット

魅力的なメリットが多いポリリン酸ホワイトニングですが、もちろんデメリットも存在します。最も重要なデメリットといえるのが「真っ白にはできない」というものです。

あくまでも「歯の表面の着色汚れを取り除く」という効果しか期待できないので、「芸能人のような真っ白い歯にしたい」という女性にとっては少々物足りない仕上がりになってしまいます。

ただ、「自然な白い歯にしたい」という女性であれば満足のいく仕上がりになるので、自分の求める白さを今一度再確認してみてくださいね。

 

 

まとめ

様々なホワイトニング方法がありますが、それぞれ相場も効果も大きく違ってきます。「どんなホワイトニングにしよう?」と悩んでいる女性は、ぜひ今回の記事を参考にしながら自分にぴったりのホワイトニング方法を決めてくださいね!

また、満足のいく仕上がりになるよう、歯科医院選びも慎重に行うよう心がけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る