1. TOP
  2. 歯のホワイトニング
  3. 歯のホワイトニングが自宅で可能に!手軽にできる6つの方法まとめ

歯のホワイトニングが自宅で可能に!手軽にできる6つの方法まとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

歯のホワイトニングと言えば、歯科医院やクリニックに通わなくてはいけない……と考える人がほとんど。さらに1回で数万もかかることが多く、金銭面の負担も重く、なかなかホワイトニングに手が出せない、と考えている人は少なくありません。
しかし、最近では自宅で手軽にホワイトニングができるアイテムが数多く販売されています。そこで今回は「自宅で手軽にホワイトニングをしたい!」という願望を持つ女性のために様々なホワイトニング方法について紹介していきます!

 

 

1.ホワイトニングテープ

whitestrips1

最近、日本で話題になっている「ホワイトニングテープ」。もともとアメリカでは一般的なホワイトニング方法ではありましたが、最近になって日本でも認知度が上がり、関心を集めているアイテムです。
とはいっても、まだまだ「ホワイトニングテープ」の存在を知らない人は少なくありません。そこで、まずはホワイトニングテープについて紹介します。

 

ホワイトニングテープとは?

ホワイトニングテープとは、歯にテープを張って白くする、という商品です。日本では薬事法の関係で販売が認められていませんが、個人輸入によって購入することができます。

テープにはすでに薬剤が含まれているので、パッケージから出してすぐに張り付けることができます。

 

ホワイトニングテープの使い方

「テープ」とはいっても、実は正しく使用しないと歯の色がまだらになってしまう可能性があるので注意が必要です。まず、意識しなくてはいけないのが「1本1本に密着させなくてはいけない」というもの。
歯並びが悪い人であれば、テープをそのまま張り付けてしまうと、歯とテープの間にスキマが生じてしまい、「黄色い部分」「白い部分」で歯がまだらになってしまうのです。
切り込みを入れたり、部分的に細かく切ったりして調節する必要があります。

 

 

2.ホームホワイトニング

images

ホームホワイトニングで使用される過酸化水素というのは、歯を白くする「漂白剤」とも言えます。
歯科医院や美容クリニックで使われている薬剤で、市販としては販売されていません。しかし、一度歯科医院を受診し、「ホームホワイトニング」として購入することができるので、結果的には自宅でホワイトニングを行うことができます。

 

過酸化水素って安全なの?

過酸化水素に関しては、使い方を間違えてしまうと人体に影響があると言われています。そのため、歯科医院やクリニックの指導のもとでしか使用することができません。
ガンの誘発の疑いがあるとされ、取り扱いが厳しくなりました。しかし、専門家の指導の下で使用すれば、人体への影響は極めて低いと言われています。安心して使ってくださいね。

 

ホームホワイトニングの方法

1.歯を磨く
2.マウスピースに薬剤を注入する
3.マウスピースを装着する
4.指定された時間装着し続ける
5.マウスピースを外し、軽く歯を磨く

ホームホワイトニングは上記の手順で行います。一度歯科医院やクリニックに来院する必要があるものの、薬剤を購入すれば、あとは自宅でのケアが可能です。

 

 

3.セルフで出来る自宅用LEDライト

11220_normal

最近は、自宅で手軽に本格的なホワイトニングを行えるという「LEDライト」が販売されています。
専用の薬剤を歯に塗り、それをLEDライトに当てるだけという比較的シンプルで本格的な効果を得ることができます。LEDライトの注意点や詳しい使い方について迫っていきましょう。

 

LEDライトって安全なの?

最もよく聞かれるのが「自分でLEDライトを当てて大丈夫?」という疑問。唇がライトの絵教で日焼けしないか、火傷したりしないか……などの不安を感じている女性は少なくありません。
しかし、LEDライトからは、赤外線が出ているわけではないので唇の日焼けの心配はいりません。さらに、LEDライトの温度は決して高温ではないので、火傷の心配もないと言われています。

ただ、製品によっては水に弱いものも存在するので、お風呂場や脱衣所などで使用するのは控えたほうがよいでしょう。

 

自宅用LEDの使い方

1.専用のジェルを綿棒などで歯に丁寧に塗っていく
2.マウスオープナーを装着する
3.LEDライトの光が口から漏れないように歯に当てる
4.規定時間照射を続ける
5.終わったら軽く歯を磨く

注意ポイントとしては「LIDライトの光を漏らさないようにする」というもの。光がいきわたる範囲でホワイトニングの効果があるので、口から光が漏れてしまうと非常にもったいなく、効果が薄れてしまいます。

唇にくっつけるぐらいに密着させて、LEDライトを照射させましょう。

 

 

4.アメリカ製ホームホワイトニング剤

old-1620082_960_720

日本でのホームホワイトニングは、基本的に歯科医院やクリニックを受診しないと購入することができません。しかし、アメリカ製のホームホワイトニング剤であれば、個人輸入で購入し、手軽に自宅でホワイトニングをすることができます。

アメリカ製のホワイトニング剤は安全なの?

アメリカ製のホワイトニングは安全なのか、という疑問は誰もが抱く疑問です。「日本で販売できないぐらいだから危険なのでは?」と感じてしまうかもしれません。
しかし、実際にはそんなことはありません。日本は薬事法の規定が厳しく、人体に影響が無いとされていてもなかなか市販品として販売することができないのです。

しかし、アメリカではそういった薬事法の関係から、市販品での購入が可能で、日本人でも個人輸入をすれば自宅でホワイトニングを行うことができます。
実際に個人輸入でアメリカ製のホワイトニングを使用している人は数多く、私自身もその一人です。

 

アメリカ製ホワイトニングの注意点

アメリカ製のホワイトニングには注意点があります。虫歯が酷い人や、知覚過敏の人はしみる可能性がある、ということです。
日本人とアメリカ人はそもそも歯の質が違うので、日本人の体質では合わない可能性があります。歯が弱い人や、歯に何らかのトラブルを抱えている人は、痛みを感じることがあるので注意しましょう。

 

5.歯のケシゴム

pixta_10037599_M-300x225

薬局や通販で手軽に購入ができる「歯の消しゴム」。近年、いろいろな商品が販売されているので、一度は見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?
文字通り、歯専用の消しゴムでステインなどの着色汚れを除去することが可能なアイテムです。しかし、注意点も存在するのできちんとチェックしておきましょう。

 

歯の消しゴムの注意点

歯の消しゴムは、研磨剤を含む商品であることがほとんどなので、やり過ぎるとエナメル質を傷つけてしまう可能性があります。歯の消しゴムはステインを削るようにして除去する分、歯への負担がかかることもあります。

知覚過敏の原因となったり、傷ついた歯のスキマに虫歯菌が侵入してしまう原因にもなるので、使い方には注意が必要です。
「今すぐ歯を白くしたい!」と思うと、つい毎日使ってしまいがちですが、歯の負担を考えるのであれば毎日使用するのではなく、週に2~3回を目安に使用することが大切です。

 

 

まとめ

d9d44cbe52eb6e81906c440a799d5688_s

以外にも、自宅でのホワイトニングにはこんなにも数多くの種類があることが分かりました。ぜひ、今回の記事を参考にしながら自分に合ったホワイトニング方法を実践してみましょう。
ただし、注意点や使い方もよくチェックし、歯に負担がかからないようにすることが大切。歯の健康と歯の美しさをどちらも手に入れるためにもぜひ参考にしてみてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る