1. TOP
  2. 【銀歯を白く塗る?!】綺麗な白い歯にできる「歯のマニキュア」とは

【銀歯を白く塗る?!】綺麗な白い歯にできる「歯のマニキュア」とは

この記事のタイトルとURLをコピーする

虫歯治療で銀歯がある、という人は少なくありません。奥歯の目立たない部分が銀歯であればあまり気にしないのですが、中には笑った時に見えてしまう歯に銀歯がある……という人もいますよね。

これでは、笑うことどころか口を開けることにも抵抗を感じてしまいます。しかしそんな気になる銀歯を白くすることができるアイテムが販売されているのです。今回はそんなアイテム「歯のマニキュア」について迫っていきましょう。

 

 

【銀歯を白く塗る!?】歯のマニキュアとは

さっそく、銀歯を白く塗れるという歯のマニキュアについて紹介していきます。気になる銀歯がある人はぜひチェックしておいてくださいね。

 

歯に塗るマニキュアのこと

爪に塗るマニキュアを使用したことがある女性は多いと思います。マニキュアの塗料を爪に塗り、色鮮やかな爪へと仕上げることができますよね。

歯のマニキュアはそれと同じです。白い塗料を歯に塗ることで、気になる歯を白く仕上げることができるのです。手軽なので、気づいたときにササッと塗布することが可能。

 

口内に入れても問題のない成分を使用

もちろん、歯のマニキュアは爪に塗るマニキュアとは違う成分を使用しています。口内に入れても、歯や人体に影響がない「樹脂性の塗料」を使用しているので、安心して使用することが可能。

また、負担をかけることもないので、毎日使用しても問題はありません。ホワイトニングでは白くできない銀歯は歯のマニキュアで綺麗に白く仕上げましょう。

 

本来は「ホワイトニング目的」のアイテム

歯のマニキュアの本来の用途は「歯のホワイトニング」です。黄ばんだ歯を白く仕上げることができるので、歯の色が気になる人のためのアイテムとして販売されていました。しかし、歯のマニキュアは、天然の歯だけでなく銀歯にも使用することができるとして、銀歯に悩む人の必須アイテムにもなっています。

大切な用事があるときや、写真に写るときでも気になる歯を白くすることができるので、「今日中に何とかしたい」という緊急事態でも対応することが可能です。

 

 

歯のマニキュアの魅力

上記では歯のマニキュアに関する概要を解説しました。気になってきた女性も多いのではないでしょうか?そこで、ここからは歯のマニキュアの魅力について触れていきます。

購入前に、歯のマニキュアについて把握しておきましょう。

 

安価で手に入る

歯のマニキュアの魅力といえるのが「価格面」です。1000円代で購入できる商品がほとんどなので、家計に負担をかけることなくホワイトニングすることができます。また、容量もたっぷりなので、1回購入してしまえば長く使用することができるのでコスパも抜群です。

銀歯が気になるときの対処として歯科医院では「セラミック素材」が進められますが、保険適用外なので、数万円の費用が掛かってしまいます。歯のマニキュアなら1000円代で対応できるので、安さに圧倒的な差がありますよね!

「銀歯を何とかしたいけどあまりお金をかけられない」という女性には大きな味方となってくれるはずですよ。

 

速乾性が高い

爪に塗るマニキュアといえば、塗ってから数分以上乾かしていなければなりません。乾く前に触れてしまうと、よれたり剥げたりしてしまいますよね。

しかし、歯のマニキュアは塗布してから10秒ほどで乾いてしまいます。そのため、口をあけっぱなしにしなくてはいけないなんてことはありません。乾けば塗った直後から飲食ができるので、食事の制限もないので、ストレスもないのが魅力。

 

全ての歯に塗ることができる

天然の歯、銀歯だけでなく「セラミックの歯」「神経のない歯」「仮歯」などにも使用することができます。口内に様々な人工の歯がある人にとっては非常に助かるポイントなのではないでしょうか?銀歯のほかにも気になる歯があればぜひマニキュアを塗って白く仕上げましょう。

全部の歯に緊張に塗れば、違和感なくホワイトニング効果を得ることもできますよね。

 

 

歯のマニキュアの使用方法

基本的に歯のマニキュアは「塗るだけで白くできる」という手軽さです。しかし、塗布前のひと手間によって歯のマニキュアを歯からはがれにくくしたり、ムラなく仕上げることができます。

歯のマニキュアを使用する前に、まずはマニキュアを長持ちさせるためのひと手間くわえた使用方法について迫っていきましょう。

 

歯を磨く

まず初めに行ってほしいのが「歯磨き」です。食後はもちろんのことですが、前回歯を磨いてから何も食べていないという人もぜひ事前に歯磨きを行っておきましょう。

歯の表面の見えない汚れや歯垢によって、マニキュアの仕上がりが悪くなってしまう可能性があります。もともと歯のマニキュアはムラになりやすいアイテムなので、歯の表面はきちんと清潔に保っておくことが大切。ムラや剥がれを回避するためにも念入りに歯を磨いておいてくださいね。

 

歯の表面の水分をふき取る

絶対に忘れてはいけないのが「水分をふき取る」というもの。歯のマニキュアをきれいに歯に密着させるためにも歯の表面は乾いた状態であることが大切です。マニキュアを塗布吸う前に、ティッシュや柔らかい布などで歯の表面を丁寧にふき取りましょう

この時、丸めたティッシュやコットンなどを、歯茎と唇の間に挟んでおくと水分をふき取りやすくなりますし、さらに水分が再付着してしまうのを防ぐことができます。

「拭いてもすぐに唾液がついてしまう」という女性はぜひ試してみましょう。

 

塗布は1回で一気に!

歯のマニキュアはムラになりやすいので、初めて使うときは少々塗りにくさを感じるかもしれません。また、慎重になってしまいゆっくりと塗ってしまうことも多いものです。

しかし、本記事前半でも解説したように歯のマニキュアは10秒ほどで乾いてしまうという非常に速乾性の高いアイテム。ゆっくり塗っていると、初めに塗り始めた部分から乾いていき、結果的にムラへとつながってしまうのです。

歯のマニキュアを塗布する際は、思い切って「一気に塗る」を意識しましょう。歯茎側から歯の先へと向かってひと塗りするのがムラにならないためのコツです。以外にも、慎重に塗るより思い切って塗ったほうがきれいに仕上がるのでぜひ「なかなか綺麗に塗れない」というときは試してみましょう。

 

 

歯のマニキュアの注意点

手軽で魅力的なアイテムでもある「歯のマニキュア」。しかし、使用の際には注意しなくてはならないポイントも存在します。ここからはそんな歯のマニキュアの注意点について解説していくので、ぜひ事前にチェックしておきましょう。

 

硬いものを食べるとはがれやすい

歯のマニキュアの塗布後、硬いものを食べると剥がれてしまうことがあります。そのため、歯のマニキュアを塗っているときの食事には十分注意しなくてはいけません。なるべく柔らかいもの、かじる必要のないものなどを取り入れるようにしましょう。

 

部分的にはがれると見た目が汚くなる

万が一、マニキュアが部分的にはがれてしまった際、自分ではなかなか気が付かないのですが、他人から見ると非常に違和感があります。1本の歯がまだら色になっているわけですから、決して綺麗な状態ではありません。

銀歯であれば、白い部分と銀色の部分とでまだらになるので、見た目が汚くなるのは当然ですよね。

 

 

まとめ

銀歯も手軽に白く塗ることができる歯のマニキュア。魅力的なメリットが多いアイテムなので、ぜひ「気になる歯」がある女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る