1. TOP
  2. 【credt white stripsって何!?】自宅で本格ホワイトニングが可能に!特徴・使い方・リスクについて解説

【credt white stripsって何!?】自宅で本格ホワイトニングが可能に!特徴・使い方・リスクについて解説

この記事のタイトルとURLをコピーする

「credt white strips」って聞いたことはありますか?
もともとはアメリカで生まれたホワイトニング商品なのですが、近年日本でも注目を集めていて「使ってみたい」と購入を検討している女性が少なくありません。しかし、一方でそのリスクや使用する際の注意点なども存在するので、購入を迷っている女性は少なくありません。
今回はそんな注目の的となっている「credt white strips」について紹介していきます。

 

 

credt white stripsとは?

まずは、credt white stripsとはいったいどんな商品なのかについて紹介していきます。「ホワイトニングしたいな……」と考えている女性はぜひチェックしておきましょう。

 

歯に貼るホワイトニングテープ

credt white stripsとは一言で言えば「ホワイトニングテープ」です。歯を漂白する効果のある「過酸化水素」を含ませたテープなので、ホワイトニングテープを張るだけで、歯科医で行うようなホワイトニングと同様の効果を得ることができるのです。
実際、日本の歯科医院で行うホワイトニングでは「過酸化水素」が使用されているので、「アメリカの製品だから不安……」なんて考える必要はありません。

 

日本のスポーツ選手の発言で注目を集め始めた

日本でcredt white stripsが注目され始めたきっかけとしては、とあるスポーツ選手の発言によるものだといわれています。「ホワイトニングテープで歯の白さを維持しています」という一言で、多くの日本人の間でも知名度が高まったようです。
アメリカでは比較的ポピュラーなホワイトニング方法なので知らない人はほとんどいませんが、日本ではやっと近年注目を集め始めたところです。
しかし、まだまだ「credt white strips」の存在を知らない人がほとんどなので、今回の記事を参考にしながら「credt white strips」の魅力について把握していきましょう。

 

 

credt white stripsの使用方法

ここからは。具体的に「credt white strips」の使用方法について解説していきます。もちろん「貼るだけ」でホワイトニングができる商品ではありますが、よりホワイトニング効果を高めるためのテクニックが存在します。それらについても詳しく紹介するので、credt white stripsの使用を検討している女性は、事前に確認しておきましょう。

 

使用前に歯を磨く

テープに含まれた「過酸化水素」を効率よく歯に作用させるためにも使用前に歯を磨く必要があります。歯の表面に汚れが付着していると、過酸化水素の浸透を妨げてしまうことにつながります。
これではせっかくホワイトニングテープを張っていても効果を半減してしまいますよね。歯の表面を清潔な状態にしてからホワイトニングテープを使用するようにしましょう。特に笑った時に見える上下の前歯は念入りに磨いておくことが大切です。

 

歯並びに合わせて切り込みを入れる

ホワイトニングテープは張るだけでホワイトニング効果を得られるのが魅力です。しかし、歯並びが悪いとテープと歯の間にスキマが生じてしまいやすく、ホワイトニング効果にムラが出てしまいます。
白く漂白された部分と黄ばんだ部分でムラになってしまうのはカッコ悪いですよね。きちんとホワイトニング効果を得るためにも、歯並びに合わせて切り込みを入れておくことが大切。凸凹が大きかったり、歯の大きさに差がある場合には小さく切って使用することも可能。
自分の歯並びをよくチェックして丁寧に張り付けましょう。

 

一定時間置く

ホワイトニングテープは、張り付けてからだいたい15~20分ほどおいておく必要があります。その間に歯に過酸化水素が作用するので、テープを張っている間に飲食はNG。飲食以外であれば過ごし方に制限はないので、家事を済ませたり、テレビを見たりして過ごすとよいでしょう。

 

剥がした後に歯を磨く

ホワイトニングテープを剥がした後は、軽く歯を磨きましょう。テープを剥がしても薬剤が歯に付着していることが多いため、付着してしまった薬剤をきちんと除去します。一応人体には影響のない薬剤ではありますが、やはり付着させっぱなしは口内トラブルを引き起こすリスクを高めてしまうもの。

念入りに磨かなくても薬剤は除去できるので、めんどくさがらずに軽く歯を磨くよう心がけましょう。

 

 

credt white stripsによるリスクとは?

手軽にホワイトニングがでいるのがcredt white stripsの大きな魅力ですが、リスクも存在します。ここからは、ホワイトニングテープによるリスクについても解説していきます。

 

知覚過敏のリスク

まず挙げられるのが「知覚過敏のリスク」です。過酸化水素はもともと歯に負担をかける可能性のある薬剤なので、日本では市販されていません。そのため、歯科医院やクリニックなどの専門知識を持つ医師のもとで取り扱うよう制限されています。ただ、使用に関して制限はされていないので、日本では購入できないものの通販で手軽に購入できます。

もともと歯が弱かったり、歯質によっては過酸化水素で知覚過敏を引き起こしてしまう可能性がありますし、知覚過敏の症状を持つ人であれば、その症状を悪化させてしまうことがあるのです。
不安な女性は一度歯科医院を受診し、自分の口内状況をチェックしてもらうとよいでしょう。

 

テープ使用後は着色しやすい

ホワイトニングテープを使用した直後は、歯がデリケートな状態です。これは歯科医院で行うホワイトニングでも同様の現象で、ホワイトニング直後は着色の強い飲食物は控えなくてはいけません。
例えば「カレー」「コーヒー」「ココア」「にんにく」「赤ワイン」など、こうした飲食物は、着色が強いのでホワイトニング直後は控えるようにしましょう。

 

使用中に痛みが発生することがある

ホワイトニングテープを張り付けた際に「痛みを感じた」という使用者は多いです。もともとcredt white stripsはアメリカ人向けに開発、販売されているホワイトニング商品なので、日本人の歯に合わないことも少なくありません。
実際、アメリカ人と日本人では歯の質が違います。歯がデリケートな日本人が多く、アメリカ人の歯と比べると刺激に弱い傾向にあるのです。

歯だけでなく、テープが歯茎に付着してしまうことで、「歯茎がヒリヒリする」「使用後も歯茎が痛かった」という声は少なくありません。
ホワイトニングテープを使用する際には「歯だけ」にテープが密着するよう丁寧に張り付ける必要がありますね。

 

1回では白くならないから痛みを繰り返す

ホワイトニングテープは基本的に1回では効果を得られないことがほとんどです。だいたい1~2週間使用して効果を得られることがほとんど。そのため、使用するたびに歯に負担をかけることになるので、繰り返し痛みを感じることになる可能性があります。
もちろん、特に痛みを感じない人であれば問題はありませんが、歯が弱い人は使用の際に注意したほうがいいかもしれません

 

 

まとめ

近年注目を集めている「credt white strips」のホワイトニングテープ。手軽に歯を白くすることができる一方で様々なリスクが存在しています。使用の前に、一度歯科医院で口内をチェックしてもらってから使用するとよいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る