1. TOP
  2. 健康
  3. 「手っ取り早く腸内環境を改善」腸を整える食べ物一覧で紹介!

「手っ取り早く腸内環境を改善」腸を整える食べ物一覧で紹介!

この記事のタイトルとURLをコピーする

腸内環境を整えることが美容や健康に良い影響を与えるつぃて、現在多くの人からの関心を集めています。そこで、今回は手っ取り早く腸内環境を整えるための食べ物について紹介!さっそく参考にして今日からの食生活に取り入れていきましょう。

 

 

腸内環境を整える食べ物はコレ!今日から食べるべき食品一覧

さっそく腸内環境を整えるための食べものについて紹介していきます。身近な食品ばかりなので、毎日の生活でも取り入れやすう、継続しやすいのでさっそくチェックしていきましょう!

 

こんにゃく

腸のお掃除屋とも呼ばれるこんにゃく。食物繊維を豊富に含み、腸内に溜まった宿便の排出効果も期待できる食品です。

毎日排便がある人でも、腸内にこびりつく宿便まで排出できている人が少ないので、こんにゃくで頑固な宿便の排出を促しましょう。

また、低カロリーで低脂肪なので、ダイエット向きでもあるのが魅力。「ダイエット中だから太りにくいものを食べたい」という女性でも安心して食べることができますよ。

 

発酵食品

いわずと知れた「発酵食品」。腸内の善玉菌を増やす作用があるので、毎日摂取したい食品です。発酵食品には以下のようなものがあります。

・味噌

・キムチ

・ヨーグルト

・納豆

・チーズ

上記の食品から分かるように、発酵食品のほとんどが身近な食品なので、毎日の食生活の中で取り入れやすいのが魅力です。お味噌汁にしたり、食後のデザートとしてヨーグルトを食べたり。ごはんのお供としてキムチを食べているだけで腸内環境がどんどん良くなっていくのです。

自分の好みや食生活などに合わせて、取り入れやすい発酵食品をチョイスしていきましょう。

 

キャベツ

食物繊維を豊富に含んでいることで知られる「キャベツ」。腸内の便のかさを増す働きがあり、便として排出させやすい状態にしてくれる効果があるのです。ここまでは一般的に知られているキャベツの情報ですが、実はキャベツには「プレバイオティクス」と呼ばれる成分が含まれています。

これは善玉菌の餌となる成分で、善玉菌の働きを活発にしたり増殖を促すための成分なので、腸内環境を整えるためには欠かせない成分なのです。

キャベツを食べるだけで「食物繊維」としての働きと、「プレバイオティクス」の効果を得ることが出来るので、手っ取り早く腸内環境を改善したい女性はキャベツの摂取がおすすめです。

 

海藻類

水溶性食物繊維を豊富に含んでいる食品である「海藻類」。わかめやめかぶ、こんぶなど一口に「海藻」といっても様々な種類がありますが、基本的に海藻類であればどれも水溶性食物繊維を豊富に含んでいるといわれています。

水溶性食物繊維とは、その名の通り「水に溶ける食物繊維」で、水分を吸収してゲル状に変化する物質です。女性は便秘になりやすく、さらに硬い便になりやすい傾向にありますが、水溶性食物繊維によって、硬くなった便に水分を含ませることが出来ます。

「便が硬くなりやすい」「排便時に痛みを伴う」などの場合、もしかしたら便の水分が足りず、カチカチに固まっているのかもしれません。そのような症状に心当たりがある場合には説教的に海藻類を摂取して、便が柔らかくなるよう促しましょう。

 

はちみつ

意外な食品でもありますが、実は「はちみつ」にも腸内環境を整える作用があるといわれています。はちみつには、キャベツ同様に「プレバイオティクス」が豊富に含まれているので、腸内に存在する善玉菌の餌になります。

はちみつというと、パンケーキやヨーグルトに混ぜる程度にしか使用方法がない、と思われがちですが、決してそんなことはありません。「砂糖の代用品」として使用することが出来るので、煮物で使用したり、スイーツ作りで使用することもできます。

また、砂糖よりも栄養素が豊富に含まれているので、健康面でもメリットが大きい食品です。ぜひ、これを機に、砂糖の使用をやめ、はちみつへと調味料をシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ゴボウ

食物繊維の含有量が非常に多い「ゴボウ」。不溶性食物繊維なので水には溶けず、便のかさを増したり、腸の蠕動運動を活発にさせたりする働きがあります。

さらに、ゴボウには善玉菌である「ビフィズス菌」を豊富に含まれているので、腸内の善玉菌を手っ取り早く増やすことができるのも特徴です。ただし、ビフィズス菌は熱に弱く、加熱すると死んでしまうといわれています。なるべく、加熱を控えるか、さっと火を通す程度の調理に済ませるかなどで調理方法を工夫しましょう。

おすすめ料理は「ゴボウサラダ」「炒め物」などです。加熱の必要がない、もしくは加熱時間が短い調理方法でゴボウを上手に調理してくださいね。

 

 

腸内環境を悪化食品は?

ここからは、腸内環境を悪化させてしまう可能性のある食品について紹介していきます。日ごろの食生活と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。

 

肉類

現代人の多くが好んで食べる「肉類」。毎日食べているという女性も多いのではないでしょうか?しかし、肉類は腸内環境を悪化させてしまう食品の一つとして知られています。

実は、肉類は腸内に潜む悪玉菌の大好物。悪玉菌の働きを活発化させたり、悪玉菌の増殖を促してしまうことにつながるので、肉類をメインとした食生活はあまりおすすめできません。

とはいっても「食べてはいけない」ということではなく、食べる量を減らしたり、日毎に魚とお肉を交互に食生活で取り入れたりしてみてくださいね。

 

冷たい食品

アイス、冷麺、ジュースなどのような冷たい食品は腸の動きを鈍らせてしまう原因の一つです。内臓は、冷えてしまうと活発に働くことが出来なくなり、悪玉菌の増殖を促すことにつながります。

よく「夏になると体がだるくなりやすい」と訴える人がいますが、実はこの症状の原因の一つは「冷たい物の摂りすぎ」が挙げられるのです。暑さから冷たいものを摂りたくなるのはわかりますが、冷たいものによって腸の動きが鈍くなってしまうと、疲れやだるさを引き起こしてしまいます。

夏でも冷たい物を避けることが、腸内環境を良好に保つ秘訣です。

 

合成保存料

加工食品に多く使用されている「合成保存料」。人工的な成分の一つで、食品が腐らないようにする作用があります。しかし、この合成保存料は善玉菌を殺してしまうという作用があるので、摂取する際には注意が必要です。

合成保存料を摂取しないためには、なるべく「加工食品」を摂らないということが大切。できる限り自分で調理し、自然な調味料だけを使用した料理を摂ることが必要です。

どうしても加工食品を購入しなくてはいけない場合には、なるべく使用量が少ないものを選ぶようにしましょう。これを意識することで、腸内の善玉菌が減ってしまうのを最小限に抑えることが出来ます。

もしくは「合成保存料不使用」と記載された食品を購入するのも一つの手です。

 

 

まとめ

健康や美容を大きく左右する腸内環境。現代人は腸内環境が乱れやすい生活習慣を送っているので、まずは食生活から改善し、腸内環境を良好に保つ努力をしてほしいところ。今回の記事では手っ取り早く腸内環境を改善したい人のために「腸内環境を整える食べ物」について紹介しました。手軽な食品や身近な商品が多いので、今日からでも始めやすいのではないでしょうか?

ぜひ、本記事の内容を参考にしながら自分の食生活にバランスよく取り入れ、腸内環境の改善を目指してみてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る