1. TOP
  2. 健康
  3. 【たった1日で腸内環境の改善が可能!?】正しい「プチ断食」の方法を伝授!

【たった1日で腸内環境の改善が可能!?】正しい「プチ断食」の方法を伝授!

この記事のタイトルとURLをコピーする

日ごろの生活習慣で大きく左右される腸内環境。不規則な生活や、乱れた食生活を送っているとあっという間に腸内環境は悪くなってしまいます。しかし、そんな腸内環境をたった1日で改善へと導くことができる方法が存在するのです。今回は腸内環境を整える「プチ断食」について迫っていきます。

 

 

プチ断食って何?

「断食」というと、お寺のお坊さんや辛いダイエットに励む女性のイメージがありますが、今回紹介する断食はあくまでも「プチ断食」です。ちょっとの我慢で出来る腸内環境の改善方法なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1日だけ食べ物を控える

プチ断食を一言で表すなら「1日だけ食べ物を控える」という断食方法です。食べることが好きな女性や、もともとよく食べる女性であればちょっと辛い行為なのですが、最も手っ取り早く腸内環境を改善する方法でもあるため、定期的に取り入れてほしいものでもあります。

ただし、無理は禁物なので、体調をよく観察しながらプチ断食を進めることが大切です。体調不良を感じたらすぐに中断しましょう。

 

飲み物は水かお茶

「食べ物を食べなければ飲み物は何でもよい」というわけではありません。基本的に飲み物はお茶か水で過ごします。特に「カフェイン」を含むコーヒーはプチ断食中には控える必要があります。

プチ断食中は胃腸が空っぽになるため、コーヒーのような刺激物は胃痛を引き起こしてしまう可能性があるのです。また、可能であれば冷たい水や冷たいお茶は避け、なるべく「常温」のものを飲むようにするお、威容への負担を減らすことが出来ます。

 

 

1日で腸内環境改善!プチ断食の魅力とは?

なぜ、プチ断食をすると腸内環境が改善されるのでしょうか?実は知られざる驚くべき秘密が存在していたのです。気になる女性はさっそくチェックしていきましょう。

 

食べないから胃腸が休まる

胃腸は、食べ物が入ってくれば休まずに働く臓器です。極端に言えば、1日中食べっぱなしでいたら、胃腸は1日中フル稼働していることになります。しかし、これは胃腸に大きく負担をかける行為です。

胃腸が働きっぱなしになると、当然胃腸は疲労で働きが鈍くなってしまうことにつながります。胃腸の活動が低下されてしまうと「便秘」を引き起こしやすくなり、悪玉菌の増殖を促すことにつながってしまうのです。

だらだらと食べものを食べている人や、頻繁に間食をしている人は胃腸が弱っていることが多く、便秘になりやすい状態であるといわれています。

そのため「プチ断食」で1日だけ食べ物を絶ち、胃腸を休ませる必要があるのです。これは、規則正しい食生活を送っている人でも定期的なプチ断食はおすすめなので、月に1~3回の頻度で取り入れてみてくださいね。

 

排出しきれなかった便が排出される

プチ断食で食べない日をつくると、胃腸が綺麗になるといわれています。これは、新たに食べ物が入ってこないので排出しきれなかった分を体外へと排出させることが出来るからです。

ここで新たに食べ物が入ってきてしまうと、再度便が腸に存在することになり、なかなか綺麗な腸内へ近づくことができません。そのため定期的に食べない日を作り、腸を綺麗な状態へと導くことが大切なのです。

腸が綺麗な状態になると必然的に悪玉菌の量も減少します。これが、腸内環境が改善されるメカニズムなのです。

 

 

安全なプチ断食で腸内美人!1日で腸内環境を改善する正しい方法

ここからは、安全にプチ断食を行うために「正しいプチ断食の方法」について解説していきます。自己流で体を壊さないためにも、よくチェックしておきましょう。

 

前日の夕食は軽めに

プチ断食は突然その日の朝から始めるものではありません。前日から体に準備をさせておく必要があります。とはいっても決して面倒な工程はありません。意識するのは「前日の夕食を軽めにする」ということだけです。

理想は「おかゆ」「うどん」などのようなお腹に優しく、水分が多めのもの。突然食事を絶つと、体を壊してしまう恐れがあるので、前日の夜から体を慣らしておくようにしましょう。

また、可能であれば就寝時間の2時間前までに食事を済ませておくようにしてくださいね。

 

プチ断食当日の朝は「白湯」を飲む

いよいよプチ断食の当日になったら、まず朝一番で白湯を飲みましょう。腸内に蓄積されている宿便を溶かし、さらに内臓の働きを活発にさせることが出来ます。

体を活動モードにすることが出来るので、できれば起床後15分以内に飲むのがおすすめ。そして、コップ1杯を飲み切ってくださいね。内臓が温まり、排便も促されるので腸には良い状況です。

 

当日はこまめな水分補給を

ついつい忘れてしまいがちなのが水分補給です。仕事に夢中になっていたり、おしゃべりに夢中になっていたりすると、いつの間にか水分を摂らないまま数時間が経過……なんてことも少なくありません。

食事を摂らない分、食事からの水分が摂取できないので、きちんと「水を飲む」ということを意識しなくてはならないのがプチ断食です。のどが渇いてから飲むのではなく「のどが渇く前に飲む」を意識して水分補給を行うようにしましょう。

 

当日は激しい運動を控える

プチ断食中は、体の栄養が不足しがちなので激しい運動は行ってはいけません。エネルギーも少ない状態なので、思わぬ怪我を引き起こす原因にもなってしまいます。

しかし、有酸素運動やストレッチなどのような軽い運動であれば、問題はないといわれているので、体調を見ながらゆっくりとしたペースで運動を行うのはおすすめ。腸内環境をより改善に導くことにつながるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

プチ断食の翌日は「回復食」から

無事、プチ断食が終了したら、おなかに優しいものから食事を戻していきます。間違ってもいきなり焼肉をがっついたり、ドカ食いなどをしてはいけません。

プチ断食後の胃腸はデリケートな状態なので、ゆっくりと時間をかけて消化吸収の良い物を食べるのがルール。「おかゆ」「うどん」「野菜メインの鍋」「味噌汁」など、胃腸に負担をかけにくい食べ物を摂取するようにしましょう。

また、空腹から「たくさん食べたい!」と感じるかもしれませんが、ぐっと我慢。早くても昼食か夕食に食事量を戻すようにしてくださいね。

 

体調に異変を感じたら無理をしない!

プチ断食は比較的安全な断食法ではありますが、その日の体調やその人の体質などによっては体調不良を引き起こしてしまうことがあります。

また、前日までの食生活なども大きく影響するのがプチ断食なので、体調が悪くなりそうな場合には、無理をせずおかゆやうどんなどを食べるようにしましょう。

無理をしてしまうと、貧血で倒れたり吐き気や頭痛、めまいなどを引き起こすことがあります。どうしてもプチ断食をしたい場合には、その日はいったん諦め、体調を整えてからリベンジしてくださいね。

 

 

まとめ

社会人になると、忙しさからなかなか自分の生活習慣に気を回せない……という女性は少なくありません。しかし、乱れた生活を続けていると腸内環境がどんどん悪くなっていく一方です。今回の記事ではそんな悪い状態に陥ってしまった腸内環境を1日で改善させるための「プチ断食」について紹介しました。もちろん、完璧に腸内環境を改善できるわけではありませんが、健康への第一歩としては効果的な方法です。

自分の体調をよく観察し、無理のない範囲で腸内環境の改善に目指していきましょう!



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る