1. TOP
  2. 【更年期障害とは?】よくある症状や対処法を詳しく解説!

【更年期障害とは?】よくある症状や対処法を詳しく解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

「最近体がだるい」「頭が痛い」「イライラすることが多い」など、最近心身の不調が気になる……という女性はいませんか?原因がわからないのに心身の不調が気になる場合、もしかしたらそれは更年期障害かもしれません。今回はそんな「更年期障害とはなにか」について解説。症状や対処法などについても解説していくのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

更年期障害とは?

まずは「更年期障害とはなにか」について解説していきます。更年期というと40代­~50代の女性に当てはまるイメージがありますが、決してそんなことはありません。若い世代でも十分更年期障害の可能性があるのでよくチェックしておきましょう。

 

更年期の女性に多い心身の不調

更年期と呼ばれる40代に突入すると同時に心身に様々な不調が見られることがあります。更年期特有の症状であることから「更年期障害」と呼ばれているのです。また、この更年期の不快な症状は男性よりも圧倒的に女性に多いのも特徴で、45歳以降の女性に多いといわれているのです。

 

20代30代にも存在する「若年性更年期障害」

更年期障害を引き起こす女性の多くは、更年期と呼ばれる40代以降であることがほとんどです。しかし、最近は「若年性更年期障害」として、20代30代でも更年期障害と同じ症状を引き起こしてしまうことがあります。

 

 

一体なぜ?更年期障害を引き起こす原因

なぜ、更年期に入ると更年期障害を引き起こしやすくなってしまうのでしょうか?

 

女性ホルモンの関係

女性の体で機能している卵巣。子供を産むためにも、女性にとって必要不可欠な存在です。しかし、卵巣の機能は更年期に入ると同時に徐々に低下し、同時に閉経になります。このことから、女性ホルモンである「エストロゲン」が減少し、自律神経の乱れへとつながってしまうのです。

 

急な体内の変化が原因

長年機能していた卵巣機能が低下し、閉経、さらにエストロゲンの減少が始まるという、急激な体内の変化についていけず、身体や精神に大きな負担がかかってしまいます。こうした急激な変化が心身の不安定な状態を引き起こし、様々な不調を招くことになってしまうのです。

 

生活習慣が不安定な若い女性も引き起こす

主に女性ホルモンのバランスの崩れや、自律神経の乱れによって引き起こされる更年期障害ですが、こうした不安定な体内環境は更年期の女性に限った話ではありません。不安定な生活習慣によって女性ホルモンが減少したり、自律神経が乱れたりすると、若い世代でも更年期障害と同じ症状が現れてしまうのです。

最悪の場合「生理が止まる」「不妊の原因」などに陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

更年期障害の症状とは?よくある症状を解説!

更年期障害がどういうものなのかについてわかったところで、ここからは更年期障害の症状について解説していきます。更年期障害の症状は非常に幅広く、個人差も大きいのですが、今回紹介する症状は中でも多くの女性に見られる症状です。ぜひ、参考にしてみましょう。

 

ほてり・のぼせ

非常に多くの女性が経験してるのが「ほてり」「のぼせ」などの症状です。決して暑い時期ではないのになぜか体温が高く、暑さを感じる、という症状を訴える女性は少なくありません。ただ、一口に「ほてり」や「のぼせ」といっても細かい症状は様々。

・突然一気に顔が熱くなる

・汗をかくほど全身が温かくなる

・手足が冷たいのに体だけ熱い

など。こうした症状に悩まされている女性が多いのです。「夏でもないのに暑くてたまらない」「汗が止まらない」などで悩んでいる女性はもしかしたら更年期障害なのかもしれません。

 

イライラ

ほてりやのぼせと同様に、非常に多くの女性が悩んでいるのが「イライラ」です。些細なことでストレスを感じてしまいイライラ……。「今まではこんなことでイライラしなかったのに」と不安を感じてしまう女性は少なくありません。

また、イライラのほかにも「不安感」「損失感」「脱力感」「無気力」なども挙げられます。自律神経の乱れによって不安定な精神状態に陥ることは珍しいことではなく、なかなか自分の感情をコントロールできずに戸惑ってしまうこともあるようです。

 

肩こり

自律神経が乱れる更年期の時期は、血液の流れが悪くなりやすい時期でもあります。血液が滞りやすくなるので、肩こりや腰痛などを引き起こしやすくなり、慢性的な痛みに悩まされている女性も少なくありません。

特に、デスクワークの女性は長時間同じ体制で仕事をしていることが多いため、こうした肩こりや腰痛が悪化しやすい状態でもあります。血液の流れをスムーズにすることで肩こりや腰痛が改善されることが多いので、ストレッチや食生活の見直しを行ってみるとよいでしょう。

 

むくみ

あまり知られていませんが、むくみも更年期障害の症状の一つです。自立神経が乱れることによって血液の流れが悪くなりやすく、冷えを引き起こしやすくなります。その結果、水分が体内に溜まりやすく、むくみを引き起こすことになるのです。

女性の中にはもともとむくみやすいという女性もいますが、そういった女性の場合はむくみの症状が重くなるケースもあります。がんこなむくみによってセルライトが発生してしまったり、だるさを感じることになるので「たかがむくみ」と安易に考えてはいけません。

 

頭痛

自律神経の乱れによって血液の流れが悪くなる、という話は上記で解説しましたが、この血流の悪さが頭痛を引き起こすこともあります。滞った血液が神経を圧迫したり、酸素が全身に行き渡りにくくなることから慢性的な頭痛に悩まされてしまうことがあるのです。

この頭痛も、更年期障害の症状としては非常に多いケースなのですが、「片頭痛」として判断してしまうことが多く、更年期障害であることに気が付かないまま過ごしていることも少なくありません。

更年期障害による頭痛の場合、根本的な原因である「血流の乱れ」を改善しなくては、なかなか頭痛も改善されないので注意が必要です。

 

 

更年期障害は対処できる?お金をかけずに緩和する生活習慣

ここからは、辛い更年期障害を改善するために、実践したい生活習慣について解説していきます。これから先何年も辛い症状に悩まされるのはイヤですよね。健康のためにもよくチェックしておきましょう。

 

有酸素運動を習慣化する

ランニング、ウォーキング、踏み台昇降など様々な有酸素運動がありますが、こうした有酸素運動には自律神経を整える作用があります。運動が苦手……という場合にはゆったりとした散歩やストレッチでも同様の効果を得られるので実践してみましょう。

 

適切な睡眠時間を確保する

寝不足は自律神経の乱れを加速させ、さらに女性ホルモンのバランスを崩したり、精神的に不安定な状態を招いてしまいます。こうした状態を回避するためにも良質な睡眠は必要不可欠。

自分に合った睡眠時間をきちんと守り、「寝すぎない」「寝不足をしない」「二度寝しない」を守るように心がけてくださいね。

 

 

まとめ

女性であれば避けては通れない更年期。しかし、更年期障害は個人差が大きく、症状が重い人からほとんど症状がない人まで様々です。今回紹介した症状は更年期障害の一部ではあり、他にも様々な症状が存在します。「最近体調がすぐれない」「なんだかおかしい」と感じた際にはすぐに専門家に相談してみましょう。

また、手軽に実践できる対処法も紹介しましたので、症状の悪化を防ぐためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る