1. TOP
  2. 【女性のつら~い更年期症状を改善!】すぐにできる更年期障害の対処法とは?

【女性のつら~い更年期症状を改善!】すぐにできる更年期障害の対処法とは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

更年期に突入し、更年期障害の症状に悩まされている女性は多いもの。「更年期が過ぎるまでずっとこの不調に耐えなくてはいけないの!?」と頭を抱えてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。更年期障害には対処法や改善法というものがあります。

辛い更年期の症状を改善するためにもぜひチェックしていきましょう!

 

 

更年期障害はなぜ起きるの?

更年期障害の対処法に迫る前に、まずは「更年期障害の原因」について解説していきます。更年期にはいったら心身に不調をきたす、というのは誰もが知る事実。しかし、なぜ更年期に入ると心身の不調を招くのかについては知らない人がほとんど。そこで、更年期障害のメカニズムについて迫っていきましょう!

 

女性ホルモンと更年期の関係

更年期は40代半ば~50代のことを指します。この頃になると、生理が徐々に終わり始める「閉経」という状態になるのです。同時に、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の量が減少。この状態が「自律神経の乱れ」を引き起こし、心身の不調を招くことにつながるのです。

女性にとって女性ホルモンは心身の調子を大きく左右するもの。更年期はそんな大切な女性ホルモンのバランスが乱れてしまうので、更年期障害として様々な心身のトラブルを抱えることになってしまうのです。

 

若い女性も「ホルモンバランスの乱れ」で更年期障害を引き起こす

個人差はあるものの、更年期障害を実感し始めるのは更年期と呼ばれる40代~といわれています。しかし、40代に到達していない20代や30代の女性でもホルモンバランスの乱れによって更年期障害を引き起こすといわれています。若いからといって安心できないのが更年期障害の怖い部分なのです。

 

 

女性のつらい更年期…。症状を緩和するための対処法とは?

更年期障害の症状には個人差があり、さらに「症状が重い人」「症状が軽い人」「一切症状が現れない人」など様々です。
しかし、更年期障害の根本的な原因はすべて「女性ホルモン」「自律神経」が関係しています。そのため、これらをサポートすることによって改善できることが多いといわれているのです。具体的な対処法について読んでいきましょう。

 

生活習慣を整える

睡眠不足、偏食、運動不足など、生活習慣に問題がある女性はいませんか?こうした不健康な生活習慣は自律神経を乱れさせてしまう原因です。更年期障害で乱れやすい自律神経がさらに乱れてしまうので、悪い生活習慣には注意しておいてほしいところ。

また、就寝時間が毎日バラバラであったり、食事の時間が決まっていないなどは体内時計を狂わせてしまい、これもまた自律神経の乱れを悪化させてしまう可能性があります。

更年期障害の対処法のスタートとして「生活習慣の見直し」を行ってみましょう。今まで乱れた生活習慣をしていた女性ほど、効果が現れやすいので試してみてくださいね。

 

大豆食品を摂取する

豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品には「大豆イソフラボン」と呼ばれる栄養素が含まれています。この栄養素は女性ホルモンと似た働きをする栄養素で、女性ホルモンのバランスを整えるのには非常に大きな味方となる存在です。

特に、更年期障害で減少する「エストロゲン」に似た作用があるので、更年期障害に悩む女性には積極的に摂取してほしい栄養素でもります。

ただし、摂りすぎてしまうとホルモンバランスの乱れの原因にもなってしまうので適切な量を心掛けるようにしましょう。納豆であれば1日1~2パック。豆腐なら1日1丁まで。豆乳は1日コップ1杯を目安にしてくださいね。

 

気分転換の時間・趣味の時間を設ける

更年期障害に陥るとどうしても神経が過敏になってしまいがち。些細なことが気になってしまったり、対して心配いらないことで過度に心配してしまったり……。しかし、こうして神経が過敏になった生活を続けているとどうしてもストレスをため込むことになってしまいます。

ストレスがたまることによって「血行不良」「自律神経の乱れ」などを引き起こし、さらに更年期障害を悪化させてしまうことにつながります。ストレスはため込まずに定期的に発散することが大切。そのためにも気分転換の時間や趣味の時間を設けることが大切なのです。

出来れば毎日こうした時間を設けてほしいところですが、社会人女性であったり育児中の女性であれば忙しいので難しいですよね。少なくても1週間に1回はこうした「好きなことに没頭できる時間」を確保して、ストレスを発散しましょう。

 

有酸素運動・ストレッチを行う

軽いウォーキングやランニング、ストレッチなどのような運動は自律神経を整える作用があるといわれています。更年期に入ると自律神経は常に不安定な状態なので、短時間でも頻繁に取り入れたいもの。

1日15分程度の運動時間を取り入れ、安定した自律神経を目指してみましょう。なかなか運動の時間を確保できないという場合には就寝前の数分をストレッチに費やしてみるのもお勧めです。入眠へと促す効果も期待できるので、ぜひ自分のライフスタイルに合わせて実践してみましょう。

 

アロマを取り入れる

心身に対して様々な作用を持つアロマ。数多くのアロマオイルが存在しますが、更年期に良いとされるアロマオイルも多数存在します。良い香りに癒されながら更年期の症状を緩和できるのはうれしいですよね。

具体的にどのようなアロマが更年期に良い影響をもたらすのか、次で紹介していきます。

 

・カモミール

ホルモンバランスを整える作用があり、主に「精神面」に対して良い影響を与えてくれます。ストレスや不安感を解消し、リラックスさせてくれるという特徴を持っているので、毎日ストレスを感じている女性におすすめ。青りんごのようなほんのりと甘い香りが特徴です。

 

・ジャスミン

自律神経の乱れを整える効果のあるジャスミン。鎮痛作用があるので、更年期障害による「頭痛」「腰の痛み」「関節痛」などに悩んでいる人におすすめです。また、血液の浄化作用も持っているので、血液を綺麗にしてくれるという効果も期待できます。

 

・ゼラニウム

女性ホルモンや精神のバランスを調節してくれる機能を持つゼラニウム。生理痛の緩和としても効果があるので女性の多くに愛されているアロマです。さらに血行促進や保湿などの効果もあるため肌の調子を良くしてくれる効果も魅力。甘酸っぱい香りが特徴です。

 

上記のアロマを、入浴の際に数的お風呂に垂らしてみたり、寝室で炊いてみたりしながら楽しんでみてはいかがでしょうか?香りに癒されながら、更年期障害の症状緩和としての効果も得られますよ!

 

薬・サプリメント

最近は更年期障害の緩和として様々な薬やサプリメントが登場しています。症状が重く、辛いときにはこうした商品に頼ってみるのも対処法の一つです。病院で購入することもできますが、手軽にドラッグストアや通販で購入することも可能。「まずは試してみたい」という女性は、安価なものから試してみると良いでしょう。

 

 

まとめ

女性の悩みの一つである「更年期障害」。避けては通れない道でもあるため、多くの女性が悩んでいるものです。しかし、更年期が過ぎるまでずっと不快な症状に悩まされなくてはならない、なんてことはありません。きちんと対処法が存在するので、辛いときにはぜひ試してみましょう。今回の記事ではたくさんの対処法を紹介したので、自分に合った対処法を見つけて、さっそく今日から取り入れてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る