1. TOP
  2. 更年期障害の症状とは?原因を知って対策しよう!

更年期障害の症状とは?原因を知って対策しよう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性の悩みとなる更年期障害ですが、主にどんな症状があるのか知っていますか?ここでは、更年期障害の症状や原因と対策を紹介するので、参考にしてみてください。

更年期障害とは?

更年期障害という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的にどのようなものか知っている人は以外と少ないのではないでしょうか。

更年期障害は、自律神経失調症とも呼ばれ、主に閉経前後の45〜50歳くらいの年齢で起こりやすいと言われています。

症状には個人差あり

更年期障害に悩む女性は多くいますが、一方で、それほど苦しまずに更年期を迎えている人もいます。更年期障害が全く気にならずに生活できている人もいれば、日常の生活もままならないほど悩まされている人もいるのです。

両者の違いは何かというと、どの程度ホルモンバランスが乱れるのかということです。若い頃に過度なダイエットや不規則な生活を続けていた人はもともとホルモンバランスが崩れやすいので、更年期障害の症状が大きく出やすいと言われています。

若年性更年期障害もある

更年期障害というのはその名の通り更年期に起こるものですが、現代の女性は20〜30代でも更年期に似た症状になってしまう人もいるといいます。これは、若年性更年期障害と呼ばれています。

通常の更年期障害は加齢によって女性ホルモンが減少することによって起こりますが、若年性更年期障害の場合は、ダイエットやストレスなどが原因でホルモンバランスが崩れることが原因とされています。

更年期障害の原因

2

身体的要因

更年期にはいると、体が閉経の準備をし始めるために卵巣の機能が衰えて、卵巣から出るエストロゲンの量が大幅に減ります。エストロゲンが不足すると脳の視床下部から「もっとエストロゲンを分泌しろ」と指令が出されます。これを受けて脳の下垂体では卵胞刺激ホルモンと言うものを分泌します。これが卵巣に働きかけることで通常であればエストロゲンが生成されるわけですが、更年期には十分なエストロゲンを生成することができません。

エストロゲン不足を感じた脳の視床下部はどんどん卵胞刺激ホルモンを出しますが、エストロゲンは減る一方となり、指令の通りに体が動かないので脳の視床下部は混乱します。脳の視床下部というのは自律神経の操作もになっていますから、ここが混乱状態に陥ることで、自律神経失調症へとつながるのです。

環境的な要因も加わる

更年期障害は自律神経失調症によるのが大きな原因とされていますが、そこに様々な外的要因が重なることによって、さらに更年期障害の症状が悪化することがあります。

更年期障害を迎える女性の年代だと、子供が独立したり、夫が退職したり、親の介護が始まったりする年齢でもあります。このように生活のリズムがガラッと変わることによって精神的な負担が加わり、さらにホルモンバランスが崩れなくなるのです。

更年期障害の症状

3

身体的なもの

更年期障害の症状は色々ありますが、自律神経失調症による主な症状が顔ののぼせやほてりなどです。他にも、身体的な症状としてはめまい、頭痛、動悸、だるさ、むくみ、吐き気や嘔吐、食欲不振、唾液分泌量低下による喉や口の渇き、胸の痛み、多汗、体重増加、冷え、抜け毛、肩こり、頻尿、皮膚機能低下によるシワやシミやたるみの増加、生理不順など、実に様々です。

精神的なもの

また、更年期障害には自律神経失調症によるもの以外にも、環境の変化によって起こる精神的な症状も現れます。主な内容としては、神経質でイライラしやすくなる、不安になる、睡眠障害、うつ、意欲低下、記憶力低下などです。

更年期障害を治療するには

病院での治療法

4

ホルモン補充療法

更年期障害を治療するには病院で診てもらうのが一番なわけですが、病院で一般的に行われるのがホルモン補充療法というものです。

ホルモン補充療法は、注射によってエストロゲンを注入することによって、自律神経を整え、更年期障害を改善する治療法です。こちらは保険適用内の治療になるので、医療費は安く済むのがメリットです。

また、更年期障害の改善以外にも閉経後に起こりやすい骨粗しょう症なども予防することができます。

漢方による治療

ホルモン補充療法は効果的な方法なのでいいのですが、これが体に合わないという人もいます。また、更年期症状の症状が多い場合、更年期障害の解消が難しいこともあります。そういう場合に行われるのが、漢方による治療です。

漢方を処方してもらうことによって体内のホルモンバランスを整えて更年期障害を改善するというものですが、漢方によって保険が適用されるかどうかはかわかってくるので、この方法を試すときには、あらかじめ医師に保険適用できるかどうかを確認しておくといいでしょう。

抗うつ剤による治療

更年期障害によるうつなどで、マイナスな感情が強い場合、もしくはホルモン補充療法が体に合わない場合などには、抗うつ剤を使った治療が行われることもあります。

抗うつ剤での治療なら、うつの症状が改善されるので、心が穏やかになるという効果も期待できます。また、抗うつ剤だけでなく、専門のカウンセリングも一緒に受けておくと、さらにうつな気分を解消することができるので効果的です。

自分でできる対処法

6

基礎体温をつけて記録を取る

更年期障害というのは、或る日突然誰かに「今日からあなたは更年期障害になります」と言われるわけではありません。更年期障害だとしても、「ただ体調が悪いだけかもしれない」と考えてきちんとした対処が取れないと、悪化してしまうことがあるので、きちんと更年期障害かどうかを把握しておけるようにするのが大切です。

そのためには、毎日基礎体温を測って記録しておくのがおすすめです。更年期に入ると、女性ホルモンのバランスが崩れ、体温が変動しやすくなります。「あれ、今まで一定だったのに、なんだか急に体温に変化がで始めた」と思えば、更年期の兆候を知ることができます。早めの対策を取れれば、その分苦しむことも少なくなるでしょう。

バランスの良い食事を心がける

不規則な食生活を続けているとホルモンバランスが崩れやすくなってしまうので、バランスの良い食事を心がけることもとても大切です。

ホルモンバランスが崩れると、骨粗しょう症や糖尿病、高血圧などになる危険性が高まるので、きちんと栄養をとっておくようにしましょう。

ビタミンやミネラルの成分を積極的に摂るようにするのも大切ですし、ホルモンバランスを整えるには、亜鉛が欠かせません。また、骨粗しょう症を防ぐためにはカルシウムの摂取も重要です。そして、更年期で減ってしまうエストロゲンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンも積極的に摂るようにするといいでしょう。

生活習慣の見直しでも改善できる場合もある

更年期障害になったとしても、生活習慣の乱れが原因で症状が重くなってしまっている場合は、生活習慣を見直すことで多少症状が改善できることもあります。

飲酒やタバコを控えるなど、適度な運動も大切なので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

まとめ

更年期障害は辛いものですが、原因と対策を知っておくだけでも、それほど苦しまずに乗り越えられる可能性は十分にあります。今まさに更年期にさしかかろうとしている年代の人はもちろん、若い世代の人もいずれは経験することになるかもしれないので、しっかり学んでおきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!