1. TOP
  2. 健康
  3. 「女性の更年期の症状はこんなに!」早期発見で治療を目指す!チェックすべき症状一覧

「女性の更年期の症状はこんなに!」早期発見で治療を目指す!チェックすべき症状一覧

この記事のタイトルとURLをコピーする

更年期を迎えた女性の多くが悩まされている「更年期障害」。40代を過ぎたころから心身の不調が増えてきたという女性は多いといわれています。更年期障害はひどくなる前に治療を行うことが大切です!早期発見を目指すためには自己診断で自分の症状をよくチェックする必要があります。今回の記事ではそんな「更年期の症状」について解説していくので、自分の症状と照らし合わせてみてくださいね。

 

 

それって更年期かも!チェックすべき更年期障害の症状一覧

さっそく、更年期障害の症状について解説していきます。早い段階で治療を始めることで、体も心も不快な症状に悩まされるリスクが低くなるもの。「なんだか最近不調が多い」という女性はぜひチェックしておきましょう。

 

めまい

比較的多くの更年期の女性が感じているのが「めまい」です。ぐるぐると視界が回るようなめまいだったり、足が浮くような浮遊感のあるめまいだったり。もしくは、立っていられないほど平衡感覚が狂ってしまうようなめまいだったりなど、一口に「めまい」といってもその症状は様々。

めまいは、時間が経過すると落ち着くことがほとんどなのですが、めまいを引き起こすタイミングによっては思わぬ怪我や事故を招くことがあります。

実際に、めまいで倒れてけがをしたり、料理中にめまいで足元がふらつき、フライパンをひっくり返してしまった、なんていう話もあるもの。めまいを感じた際には安全確保を最優先してから安静にするようにしましょう。

 

ふらつき

めまいと同時に引き起こされることがある「ふらつき」。ふらついて転んだり、足の力が急に入らなくなったり、などで悩まされることがあります。めまい同様に、ふらつきも安全確保が大切。絶対に無理をしないようにしましょう。

 

のぼせ・ほてり

非常に多くの女性が感じているのが「のぼせ」「ほてり」などの症状です。入浴しているわけでもないのに、のぼせたような感覚に陥ったことがある女性はいませんか?体が熱くなり、汗をかいたり顔がほてったりします。

これは更年期特有の症状で、自立神経が乱れることが原因として考えられているのです。更年期の女性はなるべくインナーを薄手のものに変えたり、可能であれば極力薄着で生活するのがお勧め。無理して着込んだまま生活をしていると、知らずしらずのうちに大量の汗をかき、脱水症状を引き起こしてしまう危険性があります。

汗が多い場合には冬でもこまめに水分補給をし、自分の体調をよく確認しながら生活するようにしましょう。

 

イライラ・不安感

更年期に多い精神的な不調。些細なことでイライラしたり、特に理由もなくふさぎ込んでしまう……なんてことはありませんか?更年期に突入すると、精神的に不安定になる女性が多く、深刻なケースでは「うつ」「アルツハイマー」などを引き起こすこともあるようです。

特に「まじめな人」「責任感が強い人」「こだわりが強い人」などに多くみられるので、心当たりのある女性は注意が必要。可能であれば、定期的に趣味に没頭する時間を作ったり、知らない土地へ行って気分をリフレッシュすることが大切。

「現実逃避」をするぐらいの勢いで、気分転換をしてみてくださいね。

 

倦怠感

「いつも体がだるい」「疲れやすい」「疲れが抜けない」などに悩まされている女性はいませんか?こうした倦怠感は更年期特有の症状の一つです。

更年期に突入し、血行不良やリンパの滞りなどによって疲れを感じたり、だるさや疲れの抜けなさにつながってしまいます。育児中の女性や、社会人の女性にとっては非常に困る症状なので、なるべく早い段階で治療を行うのがおすすめです。

 

頭痛

更年期による血行不良で引き起こしやすいのが「頭痛」です。頭がどーんと重く感じたり、ズキズキしたり。もしくは突発的に強い痛みが現れるなど、症状に個人差はあるものの、こうした頭痛は多くの女性に見られる症状なのです。

鎮痛薬を飲むことで改善できることがほとんどですが、やはり女性の中には「なるべく薬に頼りたくない」という人も多いと思います。そんな女性におすすめなのが「ストレッチ」です。

手っ取り早く血行改善を行うことができ、薬を服用しなくても頭痛を改善できることがあります。薬に服用に抵抗を感じる女性は、一度ストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

 

肩こり

更年期特有の症状の一つである「肩こり」。悩まされている女性は多いのではないでしょうか。肩こりの原因は首周辺の血行不良であることが多いといわれています。

そのため、肩こりを改善するためには血行の改善を行うのが得策です。上記でも解説したように、ストレッチを行ってみたり、もしくは血行改善の効果を持つ食品を積極的に摂取してみたり。また、直接首周辺や肩回りのマッサージをするのも効果的です。

いつも頑張っている自分へのご褒美として、時にはマッサージサロンやリラクゼーションなどに通ってみてはいかがでしょうか。

 

睡眠障害

「なかなか寝付けない」「夜中に目を覚ましてしまう」などの睡眠障害を引き起こしてしまうのも更年期が関係しています。自立神経が乱れやすい更年期の女性は、「交感神経」「副交感神経」がスムーズに切り替わらず、夜になっても「交感神経」が優位になっていることがあります。

交感神経が優位な状態というのは、日中同様に「活発な状態」なので体と心がリラックスできず、なかなか寝付けないという状態を引き起こしてしまうのです。

睡眠障害の改善としてはとにかく「心身をリラックスさせること」が大切。就寝前にアロマを焚いてみたり、ヒーリング系の音楽をかけてみると心身のリラックスを促すことが出来ます。

また、ホットミルクやホットココアを飲むことも、リラックスな状態を引き出してくれるので、就寝前に飲んでみると良いでしょう。

 

 

更年期障害の治療って?治療方法や金額を解説!

更年期障害は現在治療が可能な病気であるため、婦人科系の専門機関で症状の治療を行うことが出来ます。一体どのような治療法なのでしょうか。

 

「ホルモン剤」の投与

更年期障害のおもな治療方法は「ホルモン剤」の投与です。更年期に突入し、女性ホルモンが急激に減少したことで、様々な心身のトラブルを引き起こすため、体に不足してしまった女性ホルモンを補充し、症状の改善を目指します。

「飲み薬」「貼り薬」「塗り薬」から選ぶことが出来るので、自分の体質やライフスタイルなどに合わせて選択します。

 

保険適用される

更年期障害の治療は、基本的に保険適用されるため高額な治療費になることはありません。始めは診察や検査などで、1万円前後の治療費が発生してしまいますが、2回目以降は薬剤の処方のみで終わることがほとんどであるため月2000円~3000円程度で済ませることが出来ます。

更年期障害の治療は数年に及ぶケースが多いので、月々の治療費が安く済ませられるのは嬉しいですよね。「いくらかかるのか不安…」と感じていた女性も、一度専門機関の受診をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

女性の多くが経験する「更年期障害」。症状に個人差はあるものの、多かれ少なかれほとんどの女性が心身の不調を感じています。しかし、現在は専門機関での治療が可能なので、ぜひ早めに治療に踏み切ってほしいもの。今回の記事を参考にしながら、自分が更年期障害を引き起こいているかどうかを日ごろからよくちぇっくしておきましょう。症状が辛くなる前に、ぜひ一度思い切って診察を受けてみてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る