1. TOP
  2. 今話題の『寿命をも左右する腸内フローラ』今さら聞けない人に一から解説!~腸の中はまるでお花畑だった!~

今話題の『寿命をも左右する腸内フローラ』今さら聞けない人に一から解説!~腸の中はまるでお花畑だった!~

この記事のタイトルとURLをコピーする

 
 

腸内フローラってなんのこと?

「腸内フローラ」というのは、腸内細菌のこと。『腸内細菌』と聞けばなんとなくイメージできますよね?私たちの腸の中には、約300種類もの細菌が住んでいます。特に多い場所が小腸から大腸の間。種類ごとにまとまりテリトリーをつくって腸壁についており、全ての細菌は1000兆個(重さの合計は約1.5kg)ともいわれています。

それぞれテリトリーを持つ細菌は、互いに協力し合ったり争ったりしながら集団を形成。これらの中には、長く住み続ける細菌もあれば3日程度で便となって排出されてしまうものも…。なんと、便の半分程度が腸内細菌なのだそうです。

また、この腸内の細菌状態を顕微鏡で見ると、まるで「お花畑」のように見えるのだとか。フローラというのは、花畑を意味する英語「flora」のこと。お花畑と聞くときれいなイメージを思い浮かべる人も多いかと思いますが、この腸内細菌は人により状態が異なり、よい菌もあれば悪い菌も含まれています。

当然、よい菌が多いほうが体にいいわけですが、人はそれぞれ年齢、人種、食事の内容、生活習慣などが違いますから、当然腸内フローラの状態にも違いが出てきます。悪い菌(悪玉菌)の方が多いと腸の免疫力が低下することで、発がん物質への抵抗力が弱まってしまうなど体調に悪影響を及ぼす原因になることも。そのため、健康を維持するためにはよい菌(善玉菌)を増やし、腸内環境を整える努力が必要となります。

これが「腸内フローラを改善する」目的であり、今、健康のために腸内フローラが注目されている理由なのです。
 
[

 
※腸内環境に関することは、こちらの記事でもご紹介しています!
腸内環境を制する者は健康と美容を制す!いつまでも若々しい腸であるために
 
 

腸内細菌とその特性

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つのグループが存在しますが、それぞれの特性を知っておくと腸内フローラを改善していく上で大いに役立ちます。そこで、それぞれについて詳細をご紹介しましょう。
 

善玉菌とは?

腸の運動を活発にしてくれる善玉菌。有機酸(酢酸や乳酸など)をつくり、腸内を酸化させることで悪玉菌が増えない腸内環境に調整。さらに、病原菌などに感染しないよう抵抗力を増強させ、善玉菌が作り出す酪酸ががん細胞の発生を抑えてくれます。

よく聞くビフィズス菌は、この善玉菌の一種。腸内の消化物が排出されずに溜まってしまうと腐敗がどんどん進んでしまいまずが、その代謝物「短鎖脂肪酸」が大腸の粘膜を刺激することでぜん動運動を活発にし、便秘や下痢を防いでくれます。お通じがよくなれば腐敗物質を定期的に体外に排出することができますね。

また、善玉菌の中には、コレステロールなどと結合する性質の菌体があるため、便と一緒に不必要なコレステロールを排出する働きも!

さらに、健康や美容、アンチエイジングによいといわれる次の物質も作り出してくれます。

・ビタミンK  ⇒ 骨を丈夫にする。動脈の活性化を防ぐ。
・ビタミンB群 ⇒ 精神を安定される。成長を促す。糖質を分解する手助けをするなど。
・ビオチン   ⇒ コラーゲンを生成する。細胞を活性化し、老廃物の排泄を促進する。
          肌のターンオーバーの正常化など。
・ナイアシン(ニコチン酸を含む) ⇒ 粘膜、皮膚の健康促進の手助けをする。
・葉酸  ⇒ ビタミンB12とともに赤血球をつくる。細胞の生成を促進する。

日頃から善玉菌を増やすために腸内環境を整えることが、健康と美容を高める重要な鍵となります。まずは、自分の腸内がどのような状態かを知るために、便の形や量を見ましょう。形がよく量が多ければ、腸内フローラのバランスがよいというひとつの目安となります。
 

 
※健康、美容、アンチエイジングによい栄養素を含む食材については、こちらをご覧ください!
アンチエイジング効果抜群!今日から食べたいおすすめ食材を厳選紹介
 

悪玉菌とは?

名前の通り腸内環境を悪くする悪玉菌は、有害物質をつくり出します。この作り出された有害物質は、腸から吸収されたあと全身に回るため体中に悪影響を与える怖い物質。肌荒れ、肩こりの原因になったり、便秘、下痢を引き起こしたりしながら徐々に体を老化させてしまいます。

さらに、血管壁に蓄積されることで動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす可能性も高まるなど、生活習慣病の原因にもなるとのこと。しかし、悪玉菌が全くなくなってしまうと、それはそれで困ることが起きます。たとえば、悪玉菌には「善玉菌が排除しきれない悪い病原菌をやっつけることがある」「善玉菌の働きが鈍らないよう適度に刺激する役目を果たす」など、それなりの役割があるのも事実。

そのため、腸内で悪玉菌が優勢にならないように善玉菌を増やすことで、腸内フローラのバランスを調整することが健康維持のポイントとなります。

<悪玉菌が優位な腸内環境が与える危険性>
・大腸がんにかかるリスクが高くなる。
・生活習慣病が発症しやすくなる。
・便秘・下痢を引き起こす。
・アレルギーが発症しやすい体質になる。
・腸内感染症にかかるリスクが高まる。
 

善玉菌でも悪玉菌でもない“日和見菌”って???

善玉菌と悪玉菌の他に日和見菌というものも存在します。この「日和見」という言葉の意味は、「形勢を伺いながら有利なほうにつくこと」。つまり、日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらか強いほうにつく菌です。

また、通常、健康な人の菌のバランスは、善玉菌が15%、悪玉菌が10%、日和見菌が75%。そのため、日和見菌がついた方の菌が、かなり優勢になってしまうことがわかります。善玉菌と悪玉菌はわずか5%の差しかないため、少し油断すると悪玉菌が勝ってしまうことも…。そうならないように、善玉菌が優位に立つよう食生活などを工夫しましょう。
 
 

計り知れない力を持つ腸内細菌

 
腸の中には、神経細胞、免疫細胞が多く存在していますが、実は腸内細菌がこれらの細胞に影響を与えることがわかっています。アレルギー症状を経験したり、免疫力を高めたり…。その他にも便秘の解消、がんの予防、糖尿病の予防、老化の防止などの効果がある可能性もあるとのこと。

さらに、菌の中には太りやすい体質にするデブ菌と痩せやすい体質にする痩せ菌も存在することが最近になって発見されました。痩せ菌を移植すると、体脂肪が下がることがマウス実験で証明されたのです。

まだまだ腸内細菌に関して解明されていることはごくわずかですが、もっと研究が進めば医学的によい影響を与える多くの可能性が期待されているのだそうです。腸内フローラが今、テレビや雑誌などで注目されている理由はここにあったのですね。
 
 

腸内環境を整えるには

腸内環境が崩れて悪玉菌が増えてしまうと体によくない影響が起こることがわかりましたが、善玉菌もある意味存在価値がある。そこで、善玉菌が優位になるように善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの菌のバランスを調整する努力をすることが大切です。

また、腸内細菌はさまざまな菌が外から体内に入ってくることにより、活性化する一面もあります。そのため、あまりにも細菌に神経質になりすぎて菌のない清潔な状態で過ごすのも考えもの。除菌もときには必要ですがほどほどに…。何事もバランスが大切なのです。

また、善玉菌優位のバランスのよい腸内フローラに改善していくためには、善玉菌を活性化することができるビフィズス菌や乳酸菌(生きたまま腸に届くもの)をサプリメントで摂取したり、それらの菌が含まれるヨーグルト、乳酸菌飲料、キムチ、ぬか漬けもチーズ、みそなどの発酵食品を食べたりすることがおすすめ。その他、善玉菌のエサとなるオリゴ糖、ハチミツ、大豆、にんにく、きな粉、たまねぎ、ごぼうなどを食べるのもいいですね。
 

 
 
両方の方法を同時進行で行うことでより効果を高めることができますが、ポイントは、なるべく多めに摂取し、毎日継続すること。乳酸菌は便と一緒に体外に排出されてしまうので、摂り続けることが大切!ぜひ試してみてください。
 
※ヨーグルトの効果的な食べ方についてはこちらをご覧ください!
とにかく早く痩せたい人必見!「一番早く-6kg痩せる方法」を徹底解説!ポイントはホットヨーグルト!?
 
 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kyouka

kyouka

いくつになっても健康で若々しくありたい!と願うアラフィフ女子。『健康』『美肌』『アンチエイジング』など、興味を持ったことには納得するまで取り組むタイプです。美容ライターとして10年間で得たさまざまな情報を皆様にわかりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考になさってください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 痩身エステで楽して痩せる!~努力なしで痩せたい人へ~

  • とにかく即効で痩せたいときの『1週間♡ 健康ダイエット法』を教えます!

  • その飲み方、間違っていませんか?~ダイエットサプリの効果を最大限に発揮する方法~

  • タイプ別「脚やせに効果的なダイエット法」を大公開!