1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 自分が一番知っているわけじゃない?ずっと健康でいたいなら、アンチエイジングドックを受けるのが一番!

自分が一番知っているわけじゃない?ずっと健康でいたいなら、アンチエイジングドックを受けるのが一番!

この記事のタイトルとURLをコピーする

自分の体のこと、わかってる?

生活スタイルは人それぞれですが、時々体調が悪くなったり、なんだか調子がいいなと感じたり、日によって体の状態は様々ですよね。

体調のいい時が続けばそれば素晴らしいものですが、体調が悪いことが続くこともあるでしょう。それでも、一過性のものと信じて、そのうち治るだろうと考えているようなら注意が必要です。

体の不調をそのままにしておくと、あとあと取り返しのつかない病気などにつながる可能性もあります。いつまでも健康でキレイでいるためには、自分の体の状態を知っておくことが何よりも大切なのです。

アンチエイジングドックとは?

アンチエイジングのためには、すでに述べたように自分の体の状態を知っておくことが何よりも大切です。しっかり体のことを把握しておけば、適した対応が取れるので、根本から自分の体を健康的に保つことができます。

自分の体の状態を知るために、最近はアンチエイジングドックというものが行われていますが、まだあまり知られていないようです。

ドックといえば人間ドックを思い浮かべる人が多いと思いますが、これは体の病気などを早期発見、早期治療をするために定期的に受けることを推奨されているものです。

一方でアンチエイジングドックは少しコンセプトが異なり、病気になる前に、自分の体の老化の度合いをチェックしたり、なりそうな病気を把握して予防に活かすようにするためにいこないます。

アンチエイジングドックで確認すること

現在の状態

体の健康につながることを行うことはいいことですが、たくさんのことを行うのは大変ですし、途中で挫折してやめてしまうことにもつながりかねません。

アンチエイジングドックで自分の体の現在の状態をしっかり把握すれば、自分が気をつけなければならない病気を予防するためのケアをしていくことで、効率的に健康的な体を目指すことができます。

アンチエイジングドックでは、血管年齢検査や筋肉年齢検査など、様々な検査を通して、自分の体の状態を知ることができるので、日常生活でも気をつけるポイントを知ることができるのです。

老化を促進しそうな危険因子

現在の体の状態を知ることは大切ですが、それだけでは老化によるトラブルを防ぐことは難しいでしょう。

アンチエイジングドックでは、老化を促進しそうな要因もチェックしてもらえるので、食生活などを気をつけるようにすることで、病気などを防ぎやすくなります。

具体的には、酸化による体へのストレスがどのくらいなのかということや、心身のストレスがどれほど溜まっているのか、免疫機能や代謝機能はきちんと働いているかということをチェックすることが可能です。

主なチェック内容

血管年齢

血管は、体の隅々まで栄養素などを運ぶために日夜頑張ってくれている器官です。よく動脈硬化などという言葉を聞く人も多いと思いますが、自分事ではないとどこか客観視していませんか?

動脈硬化は、食事や運動、喫煙や飲酒などの様々な日常的なものが要因となって引き起こされます。他人事とは思わずに、しっかり血管の状態をチェックしておくことが大切なのです。

アンチエイジングドックでは血管のつまり具合を、脈波伝播速度法(PWV)指突加速度脈波法などで脈波が血管を伝わる速さを測定して判断します。

骨年齢

アンチエイジングドックで行う骨年齢診断は、骨密度を図ることによって判断します。

骨密度とは、単位ごとに骨がどの程度含まれているのかというもので、基本的には20代でピークとなり、その後は減少していくと言われています。

しかし、30歳前後くらいから骨密度の数値が低いと、将来的に骨粗鬆症の危険性が高まるので、予防などのアドバイスを受けることになるでしょう。

もし、更年期以降に骨密度が低いと判断されたなら、更年期障害の改善にも使われるホルモン補充療法や薬剤を使ってケアをしていくことになります。

筋肉・体脂肪量

人の体を動かす上で、筋肉は大切なものですし、落ちると代謝も落ちて痩せやすくなってしまい、免疫力も低下しやすくなります。また、女性なら気になる体脂肪も、溜まりすぎは体に良くないので、きちんとチェックしておくことが大切です。

筋肉量や体脂肪量を図るためには、体組成計と呼ばれる機械を使い、体重や体脂肪率、BMIの数値やウエストとヒップの比重などを計測します。

また、体の筋肉がどこにどうついているのかという筋肉バランスや、タンパク質やミネラル、内臓脂肪の量なども測ることができます。

有害重金属蓄蓄積量

人の体の中に入ると害となるものとしては、食品添加物やアルコール、タバコに含まれるタールなどがあげられるので、これらを避けるために食生活などに気を使っている人も多いことでしょう。

しかし、体にとって害になるものの中には、有害重金属と呼ばれるものも存在します。これは、有害な物質を含む海で育った魚を食べたり、海外から飛んでくるPM2.5などに含まれているもので、防ぐのはなかなか難しいものでもあります。

アンチエイジングドックではこのような有害な重金属が蓄積しているかどうかということもチェックすることができます。チェックの方法としては、毛髪や尿を採取して検査するのが一般的です。

ホルモン濃度

人の体の中には、体を健康的に保つために重要なIGF-IやDHEA、甲状腺ホルモンや女性ホルモン、コルチゾールなどのホルモンがありますが、これも年々衰えていってしまうものでもあります。

そこでアンチエイジングドックでは、採血や唾液を採取することで、これらのホルモンの濃度を検査します。不足しているようなら医師の指示を受けながら、ケアをしていくことが大切です。

酸化ストレス・抗酸化力

紫外線や食品添加物などの有害なものが体に入ると、本来細胞を守るために働く活性酸素が大量に増えてしまい、結果的に細胞や遺伝子を傷つけてしまいます。

細胞が傷つくと体がどんどん酸化していってしまい、肌悩みなどが増えやすくなるので注意が必要です。

アンチエイジングドックでは、体内が酸化でどれだけストレスを受けているかということを検査し、また酸化に対抗するための抗酸化力というのがどれくらいあるのかということもチェックすることができます。

AGEs(糖化生成物)沈着年齢

体は、酸化以外にも、糖化という減少にも気をつけなければなりません。

過剰に糖を摂取したり、血糖値が上がりやすい食事をしてしまうと、体内で糖がタンパク質や脂質と結びついて、AGEs(糖化生成物)というものを生み出します。

AGEsが増えると、糖尿病や動脈硬化、高血圧症や腎疾患、神経疾患や骨粗鬆症、がんなどにもつながってしまうので、アンチエイジングドックでしっかりチェックしていくことが大切です。

対応している大学病院やクリニックで受けられる

この記事を読んでアンチエイジングドックに興味を持った人は、早速受けてみたいと思う人も多いでしょう。それなら、アンチエイジングドックを実施している大学病院やクリニックを訪れてみましょう。

ただ、アンチエイジングドックはほとんどが事前に予約をしなければならないので、行ってみたら受けられなかったということのないように、事前に問い合わせて予約をしてから訪問するようにしてください。

早めにチェックすることが大切

アンチエイジングドックは、自分の体の状態をしっかり把握して、健康的に生きていくためにはぜひ受けておいた方がいいものです。

「まだ、自分は若いから大丈夫」と思う人もいるかもしれませんが、あとあと後悔しないためにも、早め早めにチェックするようにしましょう。

病気などの危険性があったとしても、早めに発見しておけば対策もとりやすくなるので、早めの受診は非常に重要なことなのです。

まとめ

いかがですか?アンチエイジングドックという言葉自体、初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。アンチエイジングドックはとても有効なもので、全国様々な病院で行っているので、ぜひチェックして受けるようにしてみましょう。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!