1. TOP
  2. あれ、なんかハゲてる!?女性に多い円形脱毛症の原因と対策

あれ、なんかハゲてる!?女性に多い円形脱毛症の原因と対策

この記事のタイトルとURLをコピーする

円形脱毛症ってどんなもの?

円形脱毛症という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。円形脱毛症は、髪の一部分が或る日突然ごっそり抜け落ちて、円形に頭皮が見えてしまうことから、その大きさによって10円ハゲや100円ハゲなどとも呼ばれています。

円形脱毛症は、性別・年齢を問わず誰でもなりうるものですが、男性よりは女性の方が1.5倍発症率が高いのが特徴です。また、円形脱毛症は全年齢通して起こりうる髪の症状ですが、中でも特に20代の人に多いと言われています。

円形脱毛症の原因

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、なんらかのきっかけで起こる免疫系の機能の異常です。体の免疫機能というのが、外部から入ってきたウイルスや異物に対抗し、体外へ排出するために働くものですが、自己免疫疾患を起こすと、体の器官にも攻撃を仕掛けてしまうのです。

自己免疫疾患によって免疫機能が異常になると、毛根を異物と勘違いして攻撃をすることがあります。攻撃を受けた毛根は傷つき、健康な髪の毛ですらも抜け落ちてしまい、円形脱毛症となるのです。

自己免疫疾患の原因はわかっていませんが、放っておくと甲状腺疾患、尋常性白斑、関節リウマチ、重症筋無気力症、発熱や倦怠感、皮疹や関節炎など、全身に様々な症状を起こすSLEなどを併発する恐れがあるので注意しなければなりません。

ストレス

ストレスが体に及ぼす影響は、私たちが思っている以上に大きいです。ストレスが溜まると、対抗するために体の交感神経が活発になります。

通常は交感神経と副交感神経がバランスをとって作用していますが、強いストレスを継続的に感じると、交感神経が異常になり、血管を収縮させます。結果、頭部に栄養を補給することができなくなり、脱毛症につながってしまうのです。

また、ストレスが溜まりすぎると、自己免疫疾患や内分泌異常を引き起こすこともあります。知らず知らずにストレスを溜め込まないように気をつけなければなりません。

ストレスを溜めない工夫を

ストレスによる円形脱毛症を防ぐためには、とにかくストレスを溜め込まないようにすることが何よりも大切です。特に、人に優しくて自分のことを後回しにしたり、自分の意見を言えなかったり、几帳面で完璧主義の人などはストレスを溜め込みやすいので気をつけましょう。

ストレスは、自分では感じていなくても、知らないうちに溜まっていくものなので、仕事などで疲れている場合は、休みの日には仕事のことを考えず、リフレッシュに専念するなどして適度に解消していくことが大切です。

女性ホルモンの減少

体内の女性ホルモンは、肌の潤い・ハリ成分の生成を促す働きもありますが、髪を健康的に育てる役割も担っています。

女性が妊娠すると体内で女性ホルモンが通常の100倍ほどとなり、一気に量が増えます。その後、出産をすると通常の量に戻すために急激に量が減ってしまうのです。

女性ホルモンが一気に減少すると、毛髪が育たなくなり、産後特有の脱毛を引き起こすことがあります。通常は分娩後脱毛症と呼ばれ、全体に髪が薄くなる症状が多いのですが、中には円形脱毛症となる場合もあります。

一時的なもので、半年ほどで戻る

出産後の円形脱毛症や薄毛は、女性ホルモンが急激に減少することで起こる一時的なヘアサイクルの乱れが原因なので、通常は一定期間が過ぎれば元に戻ります。

ヘアサイクルが正常に戻り、脱毛症が改善するまでには、半年ほどかかることが多いと言われていますが、それでも脱毛症などは目立ってしまいますし、嫌ですよね。

今は帽子やウィッグなど、薄毛や脱毛症を隠すにはうってつけの商品が数多く販売されています。おしゃれなものも多いので、薄毛や脱毛症が改善するまでの間は、これらを使ってみるといいでしょう。

出産後にストレスを溜めないことも大切

分娩後脱毛症は半年ほどで改善する場合が多いと紹介しましたが、出産後には育児などに追われて忙しく、バタバタすることもあると思います。

育児のストレスは想像しているよりも大きく、溜め込み過ぎるとストレスによる円形脱毛症を発症することもあるので、出産後の過ごし方にも注意が必要です。

また、忙しくてついつい簡単な食事ばかり続けていると、栄養バランスが崩れて髪に十分な栄養が補えず、抜け毛が増えたり脱毛症を発症したりすることもあります。

遺伝

男性の薄毛の原因として多いのが、男性ホルモンが多い遺伝子を受け継いでいることによるものがあります。

女性は男性とは薄毛になるメカニズムが違うので、遺伝によって薄毛になることはないと言われていますが、円形脱毛症については遺伝によって発症しやすくなることもあるのです。

中国では、円形脱毛症患者の8.4%の人の家族には同様の症状を持つ人がいるという報告があります。遺伝による円形脱毛症は、親等が近いほど発症しやすいと言われています。祖父や祖母が円形脱毛症である人と父母が円形脱毛症である人を比べれば、後者の方が発症率が高いというわけです。

アトピー

幼い頃から、アトピー性の疾患を患っている人も多いと思います。アトピー性皮膚炎を持っている人は皮膚の炎症が起きやすいですし、アトピー性鼻炎や気管支炎もトラブルが起きやすいので厄介ですよね。これらのアトピー性疾患がある人のことをアトピー素因と呼びます。

アトピーと円形脱毛症に関係なんてあるの?なんて思いがちですが、実は円形脱毛症の患者の40%以上がアトピー素因が認められていると言われているのです。

円形脱毛症になってしまったら……?

ケアをしすぎない

円形脱毛症の存在が発覚したら、何よりもまず、ショックですよね。髪がごっそり抜けていると、「どうしよう……」と不安になってしまうものです。

円形脱毛症になってしまったら、血行不良になっている場合もあるので、頭皮マッサージを適度に行うようにするといいかもしれません。

しかし、やりすぎると、逆に円形脱毛症を起こしやすくなってしまうので、頻繁にやりすぎるのではなく、シャンプーのついでなどに行うといいでしょう。頭皮マッサージを行う際には、力を入れすぎないことも大切です。

漢方を使う

円形脱毛症には、漢方を使用するのも効果的だと言われています。漢方にはストレスを緩和する作用のあるものもあるので、ストレスが原因で円形脱毛症を起こしている場合には改善が期待できるでしょう。

おすすめの漢方には、

・半夏厚朴湯(はんげつこうぼくとう)
・桂枝加竜頭牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

などがあります。

漢方は副作用のリスクが低いものですが、使い方によっては副作用が出る場合もあるので、自分で選ばずに専門家の処方を受けて使うようにしてください。

専門のクリニックを受診

円形脱毛症になってしまったら、とにかく焦りますよね。なんとかしなければと思って、色々と試してみるのもいいのですが、誤ったケアをしてしまうと頭皮や毛髪に悪影響となってしまうこともあるので注意が必要です。

また、ケアをしてもなかなか症状が改善されない場合、より一層不安になってさらにストレスが溜まり、脱毛箇所が増えてしまうかもしれません。

そのような場合には無理をせずに、医師の診断を受けた上で適切な施術や処方をしてもらうことが大切です。

まとめ

いかがですか?円形脱毛症はある日突然起こる場合が多く、焦って不安になってしまいますよね。

日頃からストレスを溜めないようにすることがもちろん、なってしまった後にもきちんと医師の診断を受けることで早めに改善できる可能性が高まるので、焦っても一度冷静になって対処していくようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!