1. TOP
  2. 下半身デブはもう卒業!1週間で絶対に足を痩せるには「マッサージ」が最重要だった!?

下半身デブはもう卒業!1週間で絶対に足を痩せるには「マッサージ」が最重要だった!?

この記事のタイトルとURLをコピーする

「下半身だけがやたらと太い」「なぜか下半身が痩せない」「体重は軽くなったのに足の太さが変わらない」
このような悩みを抱えている女性はいませんか?ダイエットをしていても、なかなか効果が表れにくいのが「下半身」です。太くなりやすく細くなりにくい……。そんな部位でもあるので、ダイエットを挫折してしまう原因の一つとも言われています。
そこで、今回は下半身デブを卒業するためのキーポイントとなる「マッサージ」について詳しく解説していきます。

 

あなたはどれが当てはまる?マッサージで痩せやすい「下半身デブ」の特徴

c0f8e35561a4674d3451eab2bc95cb26

1.筋肉がついている

決して悪いことではないのですが、「筋肉がついている」というのも足が太く見えてしまう原因の一つ。学生時代に運動部に所属していた女性や、ハイヒールを毎日履いている女性、運動として筋トレを重点的に行っている女性などは太ももやふくらはぎに筋肉が付いていることが多く、足が太く見えてしまいます。

もちろん、筋肉自体は決して悪い存在ではなく、むしろダイエットでは大切な存在です。しかし、脂肪が落ちないまま筋肉がついてしまうと、「脂肪+筋肉」になってしまうため、足が太くなってしまうのです。
そのため、マッサージで脂肪を流したり、太すぎない筋肉にするために筋肉をほぐしたりする必要があります。

 

2.むくみ

女性に多い「むくみ」の症状。立ち仕事をしている女性や、デスクワークの女性などは足がむくみやすく、夕方になると足の太さが変わっている、という人もいるほどです。
こうしたむくみやすい人は、その日のうちにむくみを解消しておかなくてはいけません。むくみは放っておくとセルライトになってしまいますし、冷え性の原因となり「痩せにくい体質」へと変化させてしまいます。

入浴中や入浴後などの体が温まっているときに積極的にマッサージを行うとよいでしょう。

 

3.脂肪の蓄積

下半身デブの正体である「脂肪」。これが蓄積していることで足が太くなっている、という女性は多いもの。特に、あまり運動をしない女性であれば、筋肉が落ちていて脂肪が付いているため、足が太く見えるだけでなく「だらしない下半身」として見栄えも悪くなってしまうのです
だからと言って慌てて筋トレをしてしまうと「1」で紹介したように、脂肪+筋肉という足になってしまうので、太くたくましい足に変化してしまいます。

まずは脂肪を減らしてから筋肉を付けて行くことが大切。そのため、マッサージで脂肪を減らすことが大切なのです。

 

マッサージで痩せるメカニズム

img_branch01

1.老廃物が流れて脂肪燃焼しやすくする

マッサージをすることによって老廃物が流れ、脂肪燃焼しやすい体へと変化します、私たちの体内には常に老廃物が潜んでいるのですが、マッサージでそれを除去する必要があるのです。しかし、こうしたマッサージを行わない人はどんどん老廃物が蓄積されていき代謝の悪い体になってしまいます。
マッサージをするだけで、体が「痩せやすい体」になるのは嬉しいですよね。

 

2.停滞しやすいリンパ液を流すことができる

私たちの体には、無数の「リンパ腺」が存在しています。その中をリンパ液が流れているのですが、これは停滞しやすいのでどんどんリンパ液が流れにくくなり体のあちこちで溜まってしまうのです。これは見た目的にも下半身を太くさせてしまう正体なので毎日改善することが大切。
むくみの原因でもあるため、夜はきちんとマッサージをする必要があります。リンパ液をスムーズに流すことでだんだん足のむくみや太さが解消されていくのです。

 

3.便秘解消になる

女性は便秘に悩んでいる人が多いのですが、その原因の一つに「胃腸の動きが悪い」というものがあります。食生活や、冷えなどで胃腸の動きが悪くなってしまうと老廃物を排出するために働くことができず、どんどん老廃物が蓄積されてしまい、代謝が落ちてしまいます。
しかし、マッサージを行うことで体中の血の巡りが良くなるため、胃腸を刺激することが可能。悩みの原因である「便秘」を解消することができるのです。

 

マッサージをするときの重要ポイント

Fotolia_74384886_Sr-660x434

1.体が温まっているタイミングで行う

まず、マッサージの効果を高めるために知っておいてほしいのが「マッサージを行うタイミング」です。体が温まっている状態で行うことによって、リンパ液が流れやすくなりますし、血液も流れやすくなります。
体自体も柔らかい状態なので「入浴後」「入浴中」などに行うのがベストです。

 

2.「痛い」と感じる強さは強すぎであることを理解する

効果を求めるあまりついつい強めにマッサージをしてしまう人はいませんか?残念ながら強くマッサージをしたところで効果は高くなりません。むしろリンパ腺を傷つけてしまうことにもつながるので、マッサージの強さには注意が必要です。
目安としては「気持ちよさを感じる程度」で十分。リラックスした気持ちで、体の疲れを労わるようにまさーじをしましょう。

 

3.毎日行う

3つ目は「毎日行う」というもの。少なからずむくみは毎日現れるものですし、食生活や生活習慣で血液の流れが滞りやすくなっているもの。その日の疲れをリセットする気持ちで毎日行うように心がけましょう。
毎日行うことで効果も早く表れますし、体も疲れが残りにくいので社会人女性や主婦の女性は積極的に行ってくださいね。

 

美脚を目指せる!マッサージの方法

massage

1.足の裏をもみほぐす

まずは、足の裏をもみほぐすことから始めます。足の裏には無数の「ツボ」「リンパ腺」「血管」などが通っているので、足の裏をもみほぐすことで、体中の代謝をアップさせることができるのです。
また、いきなりふくらはぎや太もものマッサージに入るよりも、足の裏から始めることでマッサージの効果をアップさせることが可能になります。マッサージの準備運動、のつもりでまずは足の裏のもみほぐしからスタートしましょう。

 

2.膝の裏をもみほぐす

足の裏同様に膝の裏にも、様々な血管、ツボ、リンパ腺が通っています。ふくらはぎの老廃物をこの膝の裏に流すため、よくもみほぐしておくことでふくらはぎのむくみが解消されやすくなるのです

 

3.足の付け根をもみほぐす

多くの血管、リンパ腺が通っている足の付け根。ここは、太ももの老廃物を流すポイントになるため、よくもみほぐしておくと太もものむくみ改善効果がアップします。
親指でグイグイと押したり、さするようにして足の付け根を刺激しましょう。

 

4.ふくらはぎのマッサージ

足首からふくらはぎを通って一気に膝の後ろまでさすりあげます。この時、親指と人差し指でわっかを作るようにしてふくらはぎをさすり上げると、効率よくリンパ腺と血管の流れを良くすることができます。
膝の裏に老廃物を送るイメージで行いましょう。

 

5.太もものマッサージ

膝上から付け根にかけて一気にさすり上げます。上記同様に、親指と人差し指でわっかを作るようにすると効率よくリンパ腺と血管の流れを良くすることができます。
足の太さによってはわっかができない場合もありますが、気にせず届く範囲でわっかを作るようにしましょう。

 

まとめ

AKB48 峯岸みなみ ダイエット

足の太さで悩みを抱えている女性は少なくありません。運動しても、食事制限をしても、一向に細くならずに悩んでいる人も多く存在します。そんな人はぜひ「マッサージ」を取り入れてみましょう。
今まで悩んでいたことが嘘のように改善されるはずです。ぜひ、今回の記事を参考にしながら美脚を目指してマッサージを実践してみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る