1. TOP
  2. この1粒におまかせあれ!痩せるサプリの選び方

この1粒におまかせあれ!痩せるサプリの選び方

この記事のタイトルとURLをコピーする

サプリメントを取り入れたい!

3

ダイエットって、続けるのはなかなか難しいですよね。ついつい食べ過ぎちゃったり、食欲が抑えられなかったりして失敗しがちです。その度に自己嫌悪になって、「どうせ自分なんて……」なんて自分を責めてしまう人も多いのではないでしょうか。

食事制限や運動だけではどうにもならない時には、ダイエットサプリに頼ってみるのもひとつの手段です。サプリメントといっても、その種類はたくさんあるので、自分に合ったものを選んでみるといいでしょう。

ダイエットサプリの種類

1

脂肪燃焼タイプ

体の中の脂肪に直接作用することで、脂肪の燃焼に一役買ってくれるサプリメントです。太る原因は脂肪の蓄積によるものが多いので、脂肪を効率良く燃やすことができれば、グーンと痩せやすくなるはずです。

脂肪燃焼タイプのサプリメントには、脂肪の燃焼を助けるコレウスフォスコリやL-カルニチン、L-オルニチン、α-リポ酸、カテキン、カプサイシン、ビタミンB群やコエンザイムQ10などの成分が豊富に含まれています。

脂肪の燃焼にはきちんと運動をすることも大切なので、サプリメントを飲むだけでなく、きちんと運動をすればさらなる相乗効果が期待できるでしょう。運動をする30分から1時間前に飲むのがおすすめです。

おすすめはスリムバーン

黒生姜やカプサイシン、フォスコリン、プロリンといった成分が含まれているサプリメントです。脂肪燃焼を促して痩せやすい体を作るだけでなく、美しさも保てるように作られているので、女性の強い味方となることでしょう。

黒生姜は体の新陳代謝を上げてくれるので血行がよくなり、基礎代謝が上がるので痩せやすく太りにくい体へと導いてくれます。カプサイシンなどが配合されていることで飲むだけで体がポカポカと暖かくなってくるので、冬場の冷え性などに悩む女性にもおすすめです。

糖質・脂質制限タイプ

このタイプのサプリメントは、脂肪や糖質が体に吸収されるのを抑え、少し食べ過ぎても太りにくくするためのサプリメントです。おすすめの成分として、脂肪・糖質の吸収を阻止して体外に排出するるた目にギムネマ・シルベスタ、ガルシニア・カンボジア、サラシア、桑の葉エキス、大豆イソフラボン、ポリフェノール、インゲン豆、キチン・キトサン、クロムなどが含まれているものが多いのが特徴です。

また、炭水化物の吸収を抑えるためのファビノールという成分や、脂質が内臓脂肪に変化するのを防ぐレシチンなどの成分が入っているものもあります。

おすすめは、食事の前30分〜1時間前までに飲むと効果的です。

おすすめはカロリミット

CMなどで頻繁に見かけるカロリミットは、脂質や脂肪の吸収を抑える5種類の成分を配合しています。食べることが大好きで、大幅な食事制限などは難しい、というような女性の強い味方となってくれるでしょう。

カロリミットではサプリメント以外にも、お茶やドリンクなども取り扱っているので、好きなものから試してみてください。

食欲抑制タイプ

食事制限が難しく、近くにあるものをついつい食べちゃう、という人も多いのではないでしょうか。食べたいのに食べられないというのは、何よりも辛いことですよね。そんな人には、食欲を抑えるためのサプリメントがおすすめです。

食欲抑制タイプのサプリメントには、酵素が多く含まれています。また、空腹感というのは、たいてい血糖値が下がって胃酸が分泌されることによっておこなります。

食欲を抑制させるためのサプリメントには、ギムネマシルベスタなど、血糖値を安定させる働きのある成分を配合しているので、我慢をしなくても自然と食欲を抑えることができます。

また、満腹中枢を刺戟するカフェインやカラルマというった成分が入っているものも効果的です。

おすすめはカメヤマ酵母

酵母菌が生きたまま腸まで届き、腸の水分を吸って膨らむので、自然と満腹感を感じることができます。また、乳酸菌であるビフィズス菌も配合されているので、整腸作用も期待でき、腸内環境も綺麗に整うでしょう。

このサプリメントは食後に飲むのがおすすめで、食後15分以内に体に入れれば、次の食事まで空腹感を感じずに過ごすことができるとされています。

腸内環境改善・デトックスタイプ

女性に多いのが便秘ですが、お通じが悪くて困ってしまうという人も多いのではないでしょうか。便秘できちんと便が排出されないと、悪玉菌が溜まって腸内の環境が悪くなり、代謝も落ちて痩せにくい体になってしまいます。そんな人には、デトックス作用を促し、腸内環境を整えるサプリメントがおすすめです。

デトックスタイプのサプリメントには、食物繊維や乳酸菌、ケフィアやビフィズス菌などの腸内環境を整える成分を多数配合しているので、整腸作用が高く、お通じに悩む人に効果的です。

また、水素が配合されていて活性酸素を除去して血行を促してくれるものや、アミノ酸配合で毒素と結びついて排出を促してくれる働きがあるものもあります。

ただ、このタイプのサプリメントというのは、食事の最中に摂取すると体に吸収される効率が悪いので、お腹が減っている時や、食後の数時間経ったタイミングで摂取するといいでしょう。

また、サプリメントには頼りきらずに、日頃から整腸作用の高い食物繊維や乳酸菌などの栄養をしっかり取っておくことも大切です。

おすすめはラクトフェリン

ラクトフェリンとは、母親の母乳にも含まれている体に優しい成分です。栄養価も高く、多機能のタンパク質として、しっかり体に働いてくれます。また、気になる内臓脂肪を減らしてくれる働きもあるので、今注目されている成分です。

通常、腸まで届けたい成分があっても胃酸や胆汁などで殺されてしまうことが多いのですが、このサプリメントは、独自のコーティング技術を採用しているので、胃酸などの影響を受けず、生きたまま腸に届けることができます。腸に届いた後は、脂肪を作ったり蓄積したりする働きを抑制し、腸内環境を整える働きがあります。

ダイエットサプリを試すときの注意点

2

パッケージに記載されている量を守る

サプリメントは、「健康補助食品」という分類で、医薬品ではないので、用法や用量はあくまで目安として記載されています。しかし、だからと言って、たくさん摂りすぎるのは良くありません。

そもそも、サプリメントはたくさん飲んだからといって、より高い効果を得られるというものではありませんので、あまり意味がありません。

そして飲み過ぎは体に不調を招くことあるかもしれないので、パッケージに書かれた飲み方や飲む量を守ることが大切です。

サプリに頼りきらない

よく、サプリメントについて勘違いしている人がいます。「サプリメントを飲んだからたくさん食べても大丈夫」とか、「脂肪燃焼サプリを飲んでいるから太らない」といって食べ過ぎてしまうのは本末転倒ですし、さすがにサプリメントでも限度というものがあります。

サプリメントをきちんと体に働かせることができるように、日頃からバランスの良い食事を心がけて体の中を健康的な状態にしておくことが、何よりも大切なのです。また、適度な運動もするように心がけてください。

海外製品には注意が必要

日本で販売されているサプリメントには、海外製のものもあります、これはあまりおすすめできません。日本のサプリメントというのは厚生労働省が定める成分のみを使用しているので、日本人の体に負担となるような強い作用を及ぼす成分は含まれていません。

しかし、海外製品はそういうわけではないので、日本人の体にとって強い作用をもたらす成分が含まれていることがあります。ですので、サプリメントを購入する際にはパッケージをよく確認し、なるべく日本製のものを選びましょう。

まとめ

いかがですか?サプリメントは、きちんと正しく使えば、痩せやすく太りにくい体に導いてくれる画期的な食品です。ダイエット中の人はぜひ取り入れて、効率的に綺麗になりましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!