1. TOP
  2. 即効で小顔に!?最短3日で絶大効果!顔を短期間で痩せる方法を解説

即効で小顔に!?最短3日で絶大効果!顔を短期間で痩せる方法を解説

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性であれば女優やモデルのような小顔に憧れるもの。しかし、食事制限や運動をしてもなかなか痩せない部位でもあり「一体どうしたらいいの!?」と悩んでいる女性も少なくありません。
そこで、今回は即効性も期待できる小顔にする方法について解説!「顔を小さくしたい」という思いを抱えている女性は早速今日から実践してみましょう。

 

本当に顔が大きい?自分の顔の大きさが適切かどうかのチェック方

portrait-1319951_960_720

まずは、本当に自分が顔を小さくする必要があるかどうかをチェックしましょう。

女性の中には決して顔が大きい、というわけではないのに以上に顔の大きさを気にしてしまう人も少なくありません。ダイエットを行う前に「顔を小さくする必要があるのか?」をきちんと把握することで、小顔ダイエットの必要性が左右されます。
まずは自分でセルフチェックを行ってみましょう!

準備するのはメジャーです。顔の横の長さと縦の長さをメジャーで計測します。
まずは、横の長さを測ります。左右のこめかみにメジャーを当てて長さを計測し、次に縦の長さを計測します。頭のてっぺんの高さから、顎にかけてメジャーを伸ばしましょう。

女性であれば横の長さが15.3cm、縦の長さが21.8cmが平均値と言われています。そのためこれ以上に長さがある場合には「平均値より大きい顔」ということになるのです。もちろん、この長さよりも小さいようであれば平均値よりも小顔ということになるので、小顔ダイエットは必要ないでしょう。

今回の記事は「顔が平均値よりも大きい人」もしくは「平均値よりも小さめだけどもっと小さくしたい」という人におすすめの小顔方法について解説していきます。

 

顔の筋肉を鍛える方法

Escala_20130731_425856_1

顔の筋肉が衰えてしまうことで顔が大きくなったり、なかなか顔が小さくならない……。という状況を引き起こしてしまいます。まずはそんな「顔の筋肉を鍛える方法」についてチェックしていきましょう。

 

表情金を鍛えて顔を小さくする

表情金を鍛えて顔を小さくする方法について解説していきます。方法は簡単。

1.目を大きく見開く
2.鼻の下を可能な限り伸ばす
3.口を「お」の形にする
4.この表情を15秒キープ
5.1日3セット行う

たったこれだけです。特別な器具などもいらないので鏡を見ながらその場で行ってみましょう。

 

フェイスラインをシャープにする

横から見た時、下から見た時など、どの角度から見てもフェイスラインがくっきりとシャープに見えるように鍛えていきます。

1.舌を限界まで前に突き出す
2.舌先を鼻に向ける
3.このまま15秒キープ
4.毎日3セット行う

あご回りに無駄なお肉が付いていたり、顎回りの筋肉が衰えてたるんで見えるような人は、この方法ですっきりとシャープなフェイスラインを作ることが可能になります。
ただし、少々疲れてしまう方法でもあるのでつい手を抜きがちな方法でもあります。きちんと限界まで舌を突き出し、上に向けることが大切です。丁寧に行うことで短期間での顔痩せが叶うので、自分に甘えず頑張ってみましょう!

 

マッサージで小顔にする方法

161020_2jyukao_01

むくみやリンパの滞り、脂肪などが原因で顔が大きい人であればマッサージで劇的に顔の大きさを変えることができます。個人差がありますが、早い人ではなんと3日程度で目に見えて編かが分かるのだそう。
どんなマッサージが小顔効果を期待できるのか、早速チェックしていきましょう!

 

頬、顎をすっきりとさせるマッサージ

まずは、顎や頬回りなどを素きりとさせるリンパマッサージについて解説していきます。準備するものは「ベビーオイル」のみ。なければワセリンやマッサージオイル(顔にも使えるもの)でも代用は可能なので、使いやすいものを選んでみましょう。

1.適量のベビーオイルを手のひらにとる
2.両手でこすり合わせるようにしてベビーオイルを伸ばす
3.両手で包み込むようにして頬にベビーオイルを塗る
4.親指を立て、その他の指を揃える
5.人差し指の付け根と親指の付け根の直角が顎に当たるように密着させる(両手)
6.そのままゆっくりと耳に向かって手を滑らせていく
7.この時少しだけ力を入れ、頬や顎のリンパを流すイメージで行う
8.10回行う

定番でもある顔のリンパマッサージです。芸能人やモデルの人も毎日習慣にしている人が多く、それほどまでに効果の高いマッサージなのです。
その日のむくみを翌日に残さないためにお風呂上りや寝る前などに行うと、翌日すっきりとした顔で起床することができるでしょう。

 

セルフコルギ(骨気)マッサージ

骨格的に顔を小さくできる、とのことで話題を集めているコルギマッサージ。本来はサロンで行うのですが、自宅でも手軽にできる方法も存在します。「ちょっと痛い」と感じる強さを意識しながら行ってみましょう。

1.両手を握りきこぶしにする
2.顎に第二関節を当て頬にかけて2センチほど上下させる(10回)
3.頬骨に第二関節を当て10秒押し続ける(3回)
4.親指だけを握りこぶしから解放し顎から耳にかけてのラインをつまんでいく(往復2回)
5.再び握りこぶしを作り眉上に第二関節を当て、ゆっくりと押し込む(10回)
6.手をパーにして親指をこめかみにあて、10秒押し続ける(2回)
7.握りこぶしを作り、第二関節を鼻の下に当てて10回ゆっくり押す

難しいイメージのあるコルギマッサージですが、意外にも簡単に自宅で行うことができます。ただ、あまり弱い力では意味が無いので少し強めに刺激することが大切です。
専門サロンでは翌日にも痛みが残るというぐらいに強く押すため、実際にはそれぐらい強く押してほしいもの。しかし、痛みに弱いという人は自分で力加減を調節しながら程よい痛みを感じる強さで行いましょう。

 

顔が大きくなってしまう原因

icatch2

むくみ

女性に多いむくみ。「むくみ」と聞くと何となくふくらはぎや太ももなどの「足」に多いイメージがありますが、実は顔もむくみやすい部位の一つ。朝と夕方で顔の大きさが違う、という人はむくんでいる可能性が非常に高いと言えます。
リンパマッサージや食生活を意識することで改善されるでしょう。

加齢によるたるみ

加齢によるたるみ顔が大きくなってしまう原因の一つ。厳密には顔が大きくなってしまうのではなく「大きく見えてしまう」というもの。
たるんでしまうことで本来シャープなはずのフェイスラインが肉や皮に埋もれてしまうため顔が大きく見えてしまうのです。表情金を鍛えたり、日ごろから笑ったりすることでフェイスアップに繋がります。

 

生まれつきの骨格

生まれつき頬骨が出ている人や、顎のラインが逆三角形ではないという人は、生まれつきの骨格である可能性があります。コルギマッサージを行うことによって、骨格から小さな顔を目指すことができるので、毎日の生活習慣で取り入れてみましょう。

 

脂肪

肥満気味な人であれば考えられるのが「脂肪」です。脂肪によってフェイスラインが埋もれてしまい、二重顎や、パンパンな顔を引き起こしてしまいます。ダイエットに励んだり、リンパマッサージを行うことですっきりとするので、入浴後や寝る前におこなってみてくださいね。

 

まとめ

adults-1853851_960_720

女性の悩みでもある「顔の大きさ」。しかし、運動や食事制限ではなかなか痩せない部位でもあるため「どうしたらいいの?!」と頭を抱えている人も少なくありません。
今回の記事では誰にでも出来る小顔の方法について解説しているので、ぜひ参考にしながら短期間で小顔を目指してみませんか?
コンプレックスを解消して、楽しい毎日を過ごしましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る