1. TOP
  2. 【緊急ダイエットに最適!】2週間で-6キロ!短期減量を成功させる食事内容を解説

【緊急ダイエットに最適!】2週間で-6キロ!短期減量を成功させる食事内容を解説

この記事のタイトルとURLをコピーする

「あと○日で△キロ痩せなくちゃ!」こんな緊急事態に迫られたことがある人は多いと思います。しかし、短期でのダイエットというのはなかなか難しく、自己流で行うとほとんど効果が出ない……もしくは、無理をしすぎて体を壊してしまった……。という人が多いと思います。
そこで、今回は健康的に短期減量を成功させる食事方法について紹介。「すぐに痩せなくちゃ!」という女性はぜひ参考にしておきましょう。

 

 

短期減量をする際の食事ルール

5

まずは、短期減量を行う前に「食事ルール」について解説しておきます。食事ルールを守らずに減量に入ってしまうと、リバウンドの原因になったり、体を壊したりしてしまう可能性があります。
短期での減量だからといって無理をしすぎず、健康的な減量を目指しましょう。

 

1日3食欠かさず食べる

短期で減量をしようとする女性に最も多いのが「食事を抜く」というもの。確かに、食事を抜くと手っ取り早く減量を行うことができます。しかし、食事を抜くということはその分体が栄養不足に陥ってしまう、ということです。
体に必要な栄養素が不足してしまうと、体を壊したり、代謝の低下を招いたりしてしまうので、決して良い選択ではありません。体重が減ったとしても、筋肉量が減り脂肪が増えてしまった、という状態であることは間違いありませんよね。

また、人間の生活上「1日3食」は基本の食事回数であるため、ダイエット後に食事回数を3回に戻したときに、当然ながらリバウンドをしてしまうことに繋がります。
ダイエット中でもきちんと1日3食摂ることを心がけましょう。

 

タンパク質は欠かさない

ダイエットには欠かせないタンパク質。筋肉量を低下させないためにはたんぱく質の存在が必要不可欠です。そのため、3食すべてに「タンパク質」を取り入れるのが理想の食事内容。
豆腐や納豆などの大豆タンパク質から、鶏肉や豚肉などの動物性タンパク質まで幅広いタンパク質を摂るようにしましょう。また、出来れば「低脂肪高タンパク質」の食品を取り入れると、より減量がスムーズに進むはずです。

 

お腹いっぱいにしない

当然ながら「は~お腹いっぱい!」という量を食べてしまうのは食べ過ぎです。ダイエットをしている人は、多くても腹八分目。理想は腹六分目に留めるようにしましょう。
基本的に現代人は食べ過ぎている人が多いと言われていて、胃腸が24時間休みなしでいフル活動している状態の人もいると言われています。これは、胃腸の疲れを引き起こし胃腸の機能が低下してしまうことに繋がります。

胃腸の機能が低下してしまうと「便秘」「代謝の低下」「冷え」「血行不良」などを招くことに繋がるので、胃腸は常に元気に働いてもらいたいもの。
その為、食べ過ぎない量を取り入れることが大切なのです。腹六~八分目を意識して食事量を調節してみてくださいね。

 

 

今日から取り入れる!短期減量におすすめの食事内容!

SAYA151005108415_TP_V

ここからは、女性の気になる具体的な「食事内容」について解説していきます。「減量したいけれどどんな食事にすればよいのかわからない」「効果的な食事内容がわからない」という人は多いもの。そんな女性はぜひ、参考にしてみましょう。
さっそく今日から取り入れて、2週間後に素敵な体をゲットしてくださいね!

 

焼き魚

高タンパク質である焼き魚。脂肪分もカロリーも低めなので安心して食べることができます。魚事態に塩分が含まれていることが多いので、醤油やポン酢などで味付けはしないようにしましょう。塩分を過剰に摂取してしまい、むくみに繋がってしまいます。
素材の味をそのまま楽しむつもりで食べてくださいね。
また、魚には良質な脂が含まれているので、血液をサラサラにしたり脳機能を向上させるなどの嬉しい効果もあるのです。
健康とダイエット、両方にメリットがあるので、焼き魚をメインにした食事を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

玄米

ダイエット中でも炭水化物を摂りたい!という女性は多いもの。お腹に溜まるので腹持ちが良くなりますし、食べていて満足感も得られますよね。
しかし、炭水化物は基本的に減量の妨げとなるのでNGと言われています。炭水化物の多くは糖質が多く含まれていて、さらに「高GI値食品」と呼ばれ、脂肪として蓄積されやすい食品です。そのため、ダイエット中に炭水化物は控えたほうが良いと言われているのです。

ただし、すべての炭水化物がNGといわけではありません。炭水化物の中には糖質が低めでさらに「低GI値食品」であるものも存在します。それが「玄米」なのです。
玄米は、脂肪として蓄積されにくい「低GI値食品」。さらに白米に比べて糖質も低いので、罪悪感なく食べられるのが嬉しいポイントでもあります。

実際に減量が重要であるボクサーの多くも、玄米を取り入れているのでダイエットをしている女性にも積極的に摂取してほしい食品です。

 

汁物を取り入れる

味噌汁やスープなどの汁物を毎食取り入れることもおすすめです。もともとダイエットを行ううえで必要な存在ですが、その理由を知っていますか?

水分が不足してしまうと、体の血液がドロドロになってしまいがち。代謝の低下や冷え、便秘を招くことがあるので注意が必要なのです。もちろん、意識して普段から水分を摂取していれば問題はないのですが、人間が1日に必要な水分はやく2リットルと言われています。
社会人女性であれば、こまめに水を飲んで1日2リットルも摂取するのは難しいのではないでしょうか?だからこそ、食事で取り入れることが大切なのです。

また、体を温める効果も期待できるので、毎食何かしらの汁物を取り入れるようにしましょう。

 

食物繊維の多い食べ物

食物繊維を豊富に含んだ食材を取り入れることも減量をスムーズにするには必要な要素です。便秘解消、腸内環境を整える、食べ過ぎ予防、脂肪の蓄積を抑えるなど、食物繊維には様々な効果があります。

しかし、一口に「食物繊維」とはいっても「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の二つがあります。それぞれどのような特徴があるのかを解説します。

 

【水溶性食物繊維】

糖質の吸収を穏やかにし、さらに血糖値の急激な上昇を防ぐ効果があります。そのため、太りにくい食事を実現し、減量をスムーズに進める効果を期待することができるのです。また、内臓内で溶けた食物繊維がゲル状になり、固くなった便に水分をふくませてくれる効果もあります。便秘解消には欠かせない存在でもあるのです。

水溶性食物繊維が豊富な食品

・海藻
・納豆
・チアシード
・果物

 

【不溶性食物繊維】

腸内環境の改善、デトックス効果が高い不溶性食物繊維。水分を含んで膨らむ食物繊維なので、便のかさを増し外へと排出する効果を期待擦ることができます。また、腸の働きを活発化させる働きを持っているので、デトックス効果を期待することもできるのです。

水溶性食物繊維が豊富な食品

・ゴボウ
・インゲンマメ
・アーモンド
・切り干し大根

 

 

まとめ

girl-1031308_960_720

スムーズな減量をしたい、という女性は少なくありません。しかし、その多くが「食事を抜く」「極端に栄養が偏っている」「ダイエット効果の低い食品を摂取している」などの間違った食事方法を取り入れています。
今回の記事では、ボクサーも実践している食事内容についての紹介をしました。「短期間で減量を成功させたい」という女性はぜひ参考にしながら、今日からの食事に取り入れてみましょう。
健康的な減量を目指してダイエットに励んでくださいね!


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る