1. TOP
  2. 水泳ダイエットがすごい!?その驚くべき効果をまとめてみた

水泳ダイエットがすごい!?その驚くべき効果をまとめてみた

この記事のタイトルとURLをコピーする

水泳ダイエット

健康的に痩せたいなら水泳ダイエットがおすすめです。ウォーキングやサッカーより高い効果が得られると言われる秘密はどこにあるのでしょう。健康のために得られる効果やメリットを知れば、きっとあなたも挑戦したくなるはずです。基本のやり方をマスターして、しなやかで美しい身体を手にいれてください。

※楽に痩せたい方は下記の記事をチェック!
モデルや流行に敏感な女子はもうこっそり始めていた!今話題の飲みやすくなった○○ダイエット♡
【実話】大好きな彼と別れたくない!1年間で10kg増のデブ子がまた1年間で-25kg減のガリ子へと変貌。

水泳ダイエット、その消費カロリーは?

04

仮に1時間泳ぐとすると、どのくらいのカロリーを消費できるのでしょうか。体重50キロの女性の場合、平泳ぎだと500キロカロリー近く・クロールだと367キロカロリー近くになります。これは、有酸素運動の中でもかなり高い数値です。参考までに、他の主要な有酸素運動の消費カロリーを見てみましょう。
アクアビクス:約210キロカロリー
縄跳び:約525キロカロリー
ジョギング:約367キロカロリー
ウォーキング:約330キロカロリー

いかがでしょうか。いかに水泳が効率的なエクササイズか一目瞭然になりました。一生懸命ジョギングしたとしても、平泳ぎの半分くらいしかカロリー消費がないことになります。

比較的ハードな縄跳びをしてもようやく同じくらいのカロリー消費量です。縄跳びを1時間続けると考えただけで気が遠くなってしまいます。その点、スイミングならまだ現実的です。

効率よくエネルギーを消費したいなら、どう考えても水泳が一押し。食べながら痩せたい方にとって、非常におすすめのダイエットといえるでしょう。

ちなみに、水泳のカロリー消費が多い理由は、水温にあります。冷たい水の中に入って泳ぐと、身体が冷えて体温が奪われます。体温が下がってしまうと、身体の防御反応が働きます。脂肪をエネルギーとして燃やすことで、もとの温度までなんとかあげようとする試みです。

同じ時間だけエクササイズするなら、当然消費カロリーが多いほうを選びたいと思うはずです。限られた時間の中でなるべく早く効果を得たいと思うなら、スイミングスクールに通うことをおすすめします。

平泳ぎ30分以上がおすすめの理由

03

 

水泳ダイエットの泳ぎ方に、とくに決まりはありません。平泳ぎ・クロール・バタフライなど、自分の好きな泳法で取り組めば大丈夫です。はじめてチャレンジする方でどの泳ぎ方にするかまよったら、おすすめは平泳ぎです。

カロリー比較のところで「ん?」と感じた方もいるはずですが、平泳ぎの消費カロリーはクロールよりも高めです。カエルのように大きく足を動かして泳ぐので、たくさんのエネルギーを使います。

もちろん、クロールのほうがややハード。泳ぎ終わった後には、どっと疲労感がでてくるはずです。はじめてチャレンジする方が無理なく継続したいなら平泳ぎが一押しと言えるでしょう。

水泳に限った話しではありませんが、有酸素運動をはじめてから脂肪が燃え始めるには一定のタイムラグが生じます。最初は血液の中のブドウ糖が使われて、徐々にたまった脂肪を分解して使うようになるためです。目安としてほしいのが、30分以上は続けること。

20分たった後は脂肪燃焼のゴールデンタイムに入るため、このチャンスを活かして運動します。30分泳ぎ続けることを考えても、他の泳法は少し難しいと言わざるをえません。運動習慣がない方なら、きっと筋肉痛になってしまいます。

関節が痛くて運動が続かないようでは全く意味がありません。平泳ぎを30分以上毎日続けることからはじめて、徐々に他の泳法に挑戦するのもひとつの手です。自分でコントロールできるか不安な方は、トレーナーがいるジムに行ってみましょう。

一人一人の体質にあったトレーニングメニューを立ててくれて、それにそって運動するだけで大丈夫です。自分だけではモチベーションが続かなくても、応援してくれる人がいるとちがいます。多少の出費にはなりますが、健康的にやせるためと割り切って、前向きに行動をおこしましょう。

水泳ダイエットのメリット

02

水泳で得られるメリットは、消費カロリーだけではありません。期待できる5つの効果を紹介します。

1.水圧による筋トレ効果で代謝アップ

水圧がかかる中を前に進んでいくには、結構な筋力が必要です。腹筋・背筋をはじめとして、いろいろなところの筋トレになります。水圧によって血の巡りがよくなれば、代謝もアップ。血液循環を改善して老廃物を排出するデトックス効果が期待されます。

2.インナーマッスルを鍛えてしなやかな身体に

身体の深い部分の筋肉を鍛えると、ボディラインが引き締まってしなやかな身体になります。通常の筋トレでは鍛えるのが難しい部分なのですが、水泳なら効率的にトレーニング可能です。体幹がしっかりすると普段の姿勢が良くなって立ち姿がきれいになります。モデルさんのような凛々しいスタイルを目指す方にこそ水泳ダイエットをおすすめします。

3. 体力がついて風邪をひきにくくなる

水泳は全身の筋肉を使う運動かつ呼吸の制限がかかるため、続けていけば着実に体力アップできる運動です。免疫力が高まって、風邪をひきにくくなる効果もあります。精力的に活動するアクティブな人ほど、引き締まった身体を維持できます。長い目で考えて身体のためを想うなら、水泳ダイエットにチャレンジするといいでしょう。

4.天候に左右されずに続けられる

ウォーキングやジョギングだと、天気が悪い日はお休みしなくてはいけません。たとえば、雨で一日休むと、次の日が面倒になって結局挫折してしまったことはないでしょうか。室内プールを使うスイミングなら、こんな心配はありません。スタジオが開いている限り、いつでも好きなときに運動できます。寒さにたえて身体を動かす必要がないため、ダイエットのストレスが少ないエクササイズ。スタジオ併設のジムなら、準備運動をして身体を温めてから泳ぐことも可能です。毎日続けることで効果があることだからこそ、続けやすい環境がものを言います。途中で挫折しないためにも、室内エクササイズで無理がない運動を選びましょう。

5.心肺機能を高めて基礎代謝をあげる

水泳を続けていると心肺機能が強くなって、基礎代謝があがります。基礎代謝とは、普通に生活していくのにどれだけのカロリーを必要とするかを示す数値です。基礎代謝があがると、何もしなくても痩せやすい身体になります。太りにくい身体へと体質改善できることでリバウンド防止にも一役買います。さらに、女性に多い冷え性改善効果も期待できると言われています。身体の冷えを感じなくなると、冬でもアクティブに活動できます。お肌のターンオーバーを促すことで美肌を目指せるメリットも。無理な筋トレをするよりずっと手軽なスイミングで、女性の「うれしい」を叶えましょう。

まとめ

05

水泳に限ったことではありませんが、正しいフォームで運動するとダイエット効率が良くなります。どうせチャレンジするなら、トレーナーの指導を受けると良いでしょう。本格的なジムに行かなくても、市民サービスを利用できることがあります。地域のスポーツ施設に該当のクラスがないか聞いてみましょう。もう何年も泳いでいないという方でも、水に入ってしまえば自然と身体が動きます。レジャー施設のプールと違って人目も気にならないので、自分のペースでエクササイズできます。水の中で身体を動かす事でリラクゼーション効果も得られます。まずはお試しという気持ちで、プールに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

keisuke03

この人が書いた記事  記事一覧

  • 食べても痩せる?その秘密は代謝にあった!

  • 水泳ダイエットがすごい!?その驚くべき効果をまとめてみた

  • もうダメとは言わせない!食事制限ダイエットを成功させる3つのポイント

  • ウォーキングダイエットの効果をアップする?秘密の裏ワザ3選!