1. TOP
  2. 絶対に知っておくべき!生理とダイエットの3つのこと

絶対に知っておくべき!生理とダイエットの3つのこと

この記事のタイトルとURLをコピーする

生理とダイエットの関係性って皆さんご存知ですか?
生理前、生理中、生理後、それぞれのタイミングに合わせて、
ダイエットを意識することで、実はかなりダイエットの効率が変わるんです。

今回は、生理とダイエットのポイントについて説明します。

メジャー

そもそも生理前はダイエットに不向き?

生理前は、ダイエットに不向きって知っていましたか?
これは、ホルモンバランスが大きく関係しているんです。

生理周期によって、女性ホルモンの分泌量が大きく異なるのは、
ご存知の方も多いかと思いますが、
女性の痩せやすさに影響をを与えるのが、
「エストロゲン」「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンです。

プロゲステロンは、排卵期から生理前に多く分泌されると言われており、体に栄養や水分を貯蓄しようとする働きがあります。(これは受精卵を迎える準備をして、妊娠に向けた準備をするためです)

そのため、むくみが起こりやすくなり、脂肪も燃焼されにくくなります。

多くの女性が生理前に痩せにくさを感じるのは、
このプロゲステロンという女性ホルモンが大きく関係しているのです。

さらに生理前はイライラしやすいもの。
そこにダイエットのイライラが重なると、さらに悪循環に・・・

生理前は体の機能として、栄養を蓄えようと自然と食欲が湧いてしまうもの。
なので、無理して食事量を減らそうとするのではなく、
適度に食事は摂取してもいいんです。(もちろんドカ食いはNGですよ!)

生理前は、体重が増えやすいタイミングなので、
この時期に体重が落ちなくて凹んだりしなくても大丈夫ですよ。

では、もう1つの影響を与える女性ホルモン「エストロゲン」は何でしょうか?

エストロゲンの分泌が多くなる生理終了後はダイエットに最適?

エストロゲン

エストロゲンという女性ホルモンは、女性の美容や健康に欠かせないものです。
簡単に言うと、「女性らしさ」を形成してくれるホルモンで、
加齢とともに減少はしていきますが、エストロゲンの活性化
や減少を防ぐことで、いつまでも若々しい体を保つことができると言われています。

生理に関していえば、妊娠の準備にも関係するホルモンで、
妊娠に備えて子宮内膜を厚くして、妊娠しやすい状態にしてくれます。

このエストロゲンがなぜダイエットに大きく関係するのでしょうか?

実は、エストロゲンは、食欲を抑える働きも持っています。
エストロゲンの分泌量が増えてくると、
食欲が抑えられてくるので、食事制限によるイライラも起きにくいので、
ダイエットがしやすい体の状態なんです。

また、エストロゲンの効果によって、体の新陳代謝も促進されるので、
むくみも収まってくるだけでなく、脂肪が燃えやすい状態にもなります。

つまり、生理終了後は精神的にも体調てきにも、
ダイエットにピッタリな「やせ期」といえますね。

この生理終了後の2週間くらいは、エストロゲンの効果で、
体が引き締まりやすく非常に痩せやすい環境なので、
この時期に積極的に体を動かしてみてください。

多少、息が上がるくらいの運動量が効果的ですよ。

ちなみに・・・・恋をすると、食欲が出にくくなるのは、
このエストロゲンが関係しているから!恋をすると、エストロゲンの分泌量が活発になり、
女性としての魅力も上がりますよ!

恋をすると

じゃあ生理中ってどうなの?

ここまで、生理前と生理後のダイエットについてお話しましたが、
では、生理中はどうなのでしょうか?

巷では、生理中は痩せづらい!!という声もありますが、
これは本当でしょうか?

生理中は、生理前同様に、体に栄養や水分を貯蓄されやすい状態のため、
太りやすい状態です。
また、「イライラしやすく、ストレスを感じやすい」「体の新陳代謝が低下する」
他にも「甘いものが欲しくなる」と言ったように、
ダイエットがしづらい状態です。

ダイエットを頑張っているタイミングで生理がくると、
モチベーションが続かなくなりそうですが、
生理が終われば体重は下がるため、
生理前と同じような気持ちでいれば大丈夫です。

「そうは言っても、生理痛も痩せる方法が欲しい!」

そんな気持ちもあると思います。
生理中にダイエットをしても意味がないという声も多いですが、
実は、生理中でも効果的な過ごし方をすることで、
痩せやすい環境を作ることは可能です。

では、何をすれば良いのでしょうか?

いらいら

質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠をとると、生理時のイライラを和らげてくれる効果があります。
これが、ダイエットしやすい土台作りをしてくれます。
不規則な睡眠や、睡眠不足は、体の新陳代謝を落としてしまい、
結果的にそれがさらにむくみを悪化させたり、老廃物がたまりやすい体になるので、
質の高い睡眠をとるのは、生理時はもちろんのこと、
ダイエット全般で大事なことといえます。

運動をするなら有酸素運動やヨガがオススメ

生理後は、少しハードに運動をしても大丈夫だとお話しました。
生理時も運動をすることは、身体の血行も高まり新陳代謝が上がり、
生理痛も和らげるので、基本的には問題はないです。

ただ、生理時の女性の身体はとてもデリケート。
激しい運動はあまりオススメしません。

体力も落ちている状態なので、必要以上な負担はNGです。

そこでオススメなのが、有酸素運動とヨガです。

簡単なウォーキングやストレッチ、リラックスできるヨガであれば、
身体に負担をかけずに脂肪の燃焼ができるので、
ぜひ試してみてください。

生理とダイエットと食欲について

食欲

女性ホルモンの影響で、生理後は食欲は減り、生理中と生理前は食欲が増加すると、
説明をさせてもらいました、

では、食欲とはどう向き合っていけばよいのでしょうか?

食欲を抑えるポイント

まずは、食欲を抑えやすい食べ方をすることで、
生理前・生理時の食欲を抑えましょう。

ポイントは、

・食べる順番は野菜、タンパク質、脂肪の順番で摂取をする
・しっかり噛んで食べる

ここは当然といえば当然のことですね。

お菓子との向き合い方

また、お菓子を食べたくなってしまうのもダイエットの天敵。
特に生理前や生理時はストレスが溜まりやすく、体が甘いものを欲してしまいます。

生理痛に白砂糖を多く含むお菓子を食べると、
白砂糖が体を冷やし血行を悪くさせます。
結果的に、生理痛を悪化させてしまうことも・・・

できればお菓子は控えた方がいいですが、
どうしても食べたい!!
そんな時は、お菓子を午前中に食べるようにしましょう。
午前中だと、代謝が高まっているので、糖質も燃焼しやすいです。

逆に夜は代謝が低いので、糖質が燃焼しづらく太ってしまう傾向にあります。

また、白砂糖が少ないお菓子やヨーグルトなどを摂取するようにしましょう。

生理時に必要な栄養素

生理中は、血液が体外に排出されるので、鉄分が不足します。
またダイエットに全体的に栄養は不足がちになってしまうので、
鉄分をしっかり摂取することを意識しましょう。

鉄分が豊富な食物は下記があります。
パセリ、切り干し大根、干しぶどう、アボガド、豚肉(レバー)、ひじき、干しエビ

また、生理前と生理中は新陳代謝が下がり、便秘がちにもなるので、
食物繊維もしっかり摂取しましょう。

食物繊維が豊富な食物は下記があります。
きくらげ、ひじき、干し椎茸、おから、インゲン豆、海藻類

まとめ

メイン

いかがでしたか?
ダイエットも、生理の周期合わせて対策の仕方が変わってきます。
うまく生理周期と向き合いダイエットをすることで、
モチベーションや意識も変わってくると思います。

生理前・生理中に体重が上がったり、痩せづらいのは仕方がないことだと捉えることで、
気持ちも楽になるのではないでしょうか?

無理して食事制限をするのではなく、今回ご紹介した方法をうまく取り入れ、
ダイエットに向き合ってみてください。

ダイエット関連記事

リアルオトナ女子!アラフォーの私がダイエット成功で10歳年下の彼氏をゲット♪

世界最先端のダイエットで激ヤセ!ローラも実践するアノ方法

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

keisuke03

この人が書いた記事  記事一覧

  • 食べても痩せる?その秘密は代謝にあった!

  • 水泳ダイエットがすごい!?その驚くべき効果をまとめてみた

  • もうダメとは言わせない!食事制限ダイエットを成功させる3つのポイント

  • ウォーキングダイエットの効果をアップする?秘密の裏ワザ3選!