1. TOP
  2. 【見た目重視派の人注目!】太もも-6cmも可!1日15分で出来るおすすめのダイエット運動まとめ

【見た目重視派の人注目!】太もも-6cmも可!1日15分で出来るおすすめのダイエット運動まとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

「○キロ痩せたい」「あと○キロ減量させたい」という数字重視派の人は回れ右!今回は「見た目を重視している」という女性のために、たった1日15分で出来るダイエット法について紹介していきます。
適度な筋肉をつけるため、「-10キロ」などのような、大幅な原料はできません。しかし、見た目はすらりとしたボディになるため、可愛い服も綺麗な服も着こなすことができるのです。
見た目重視派の女性はぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

後姿がセクシーに♪背中を鍛える運動

7xvOZG

まずは、背中の無駄な肉をなくし、シャキッとした後姿を手に入れるための運動を紹介していきます。

 

スマホをいじりながらもOK!?足上げ背筋

まずは、足上げ背筋から紹介していきます。うつぶせで行うのでスマホを片手に行うことも可能!自分の後ろ姿に自信が無い人は早速実践してみましょう。

1.床にうつぶせになる
2.両手はまえへ突き出す
3.両足は後方へ伸ばす
4.膝を曲げないようにして右足を上げる(10回)
5.反対側も同様に行う
6.10セット行う

膝を曲げてしまうことが多いので、きちんとピンと伸ばした状態で行うようにしましょう。きちんと膝を伸ばすことで、背中に負荷がかかり、くびれたセクシーな背中をゲットすることができます。
ポイントとしては、「ゆっくりとした動作」です。ゆっくり行うことで、より運動量が上がります。代謝アップ・筋トレの効果があるので、背中痩せだけでなく全身が痩せやすくなりますよ。

 

背中と同時に二の腕痩せも!?「腰上げ運動」

背中痩せと同時に二の腕痩せも出来るのが「腰上げ運動」です。テレビを見ながらや、音楽を聴きながらなど、床に座ったタイミングでできるので、思い出したときに積極的に行っていきましょう!

1.床にあぐらをかいて座る
2.両手を後ろにつく
3.ゆっくりと腰を浮かせる
4.限界まで上げたところで20秒キープ
5.ゆっくりと腰を下ろす
6.5セット行う

手をつく位置が後ろであればあるほど、負荷がかかるので、出来るところまでチャレンジしてみましょう。
この運動はキープすることで筋トレの効果を発揮します。しなやかでメリハリのある上半身を作ってくれるので、床に座ったらこの運動をする、という習慣を身に着けてみてもいいかもしれませんね。

 

ぺったんこ&ほっそりウエスト♡お腹回りを鍛える運動

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

憧れのぺったんこお腹とほっそりとしたウエスト。「腹筋運動をすれば手に入る」というものではなく、きちんと効果的な部位を意識して運動を取り入れないと、効果が薄いと言われています。
実際に「腹筋運動を毎日しているのに効果が現れない」という女性は多く、途中で断念してしまう人も少なくありません。一体どんな運動が効果があるのか早速チェックしていきましょう。

 

即くびれができる!「ねじり腹筋」

少し辛い腹筋運動ではありますが、効果が高く短期間でくびれができた!という人も少なくない運動です。即効性を求めている人や、お腹回りにお肉がついている……という人は早速チャレンジしてみましょう!

1.床に横向きに寝転がる
2.両手を頭の後ろで組む
3.下半身は横を向いたまま、上半身は天井に向けてゆっくりと上体を起こす
4.限界まで上がったところで元の体制に戻る
5.10回を5セット行う

始めは上体を起こす際に足が浮いてしまったり、反動をつけてやっと起き上がれる……ということがほとんどだと思います。しかし、初めのうちはそれでも効果があるので問題はありません。
慣れていくうちに、安定して上体をねじった腹筋運動を行えるようになってきます。
早い人では1週間~2週間程度で体が変わってくるとのことなので、ぜひ実践してみましょう!

 

ちょっとした動作が腹筋に刺激!「伸びの動作」

朝起床して、うーんと伸びをする人は多いもの。清々しい気持ちになりますし、なにより気持ちがいいですよね。この「伸びの動作」は実はダイエットにも良いとされている動作で、ウエストダウンや血行改善などの効果があるとされています。
方法は簡単なので、早速今から実践してみましょう!

1.足を肩幅に開く
2.指を絡めるようにして両手を組む
3.組んだ手のひらを天井に向けてゆっくりと上へ伸ばしていく
4.お腹を引っ込めながら、ゆっくりと背中を反らせる
5.限界まで反らせたところでゆっくりと元の体制に戻す
6.10回3セット行う

ヨガのポーズでも、背中を反らせた伸びのポーズが多く、どれもウエストダウンの効果が期待されています。何気なく行っている起床後の伸びにも効果はあるので早速実践してみてくださいね。
ただ、効果をより高めるためにも「少し大げさに背中を反らせる」ということを意識するようにしましょう。

 

ミニスカートから伸びるスラリ足に!足痩せ運動

large

ここからは、女性の最大の目標ともいえる「足痩せ運動」について解説していきます。なかなか見た目が変わりにくいポイントではありますが、きちんと「細くするための運動」を正しい方法で行うことでほっそりとした足をゲットできてしまうのです。

どんな方法があるのか早速チェックしていきましょう。

 

内ももにスキマを!「横足上げ運動」

少々キツイ運動ではありますが、効果が高く、さらに適度な筋肉がついた美しい足を手に入れることができます。横になって出来るので、寝る前やゴロゴロしたついでに行ってみてくださいね!

1.体を真横に向けて寝転がる
2.ひじをついて上半身を支える
3.下側になっている足を少し前に出し、天井に向かって引き上げる
4.限界まで上げたところで下ろす
5.10回を5セット行う

内ももは鍛えにくく、なかなか使わない部位でもあるため初めのうちは辛いかもしれません。しかし、ダイレクトに内ももを刺激するので効率の良い運動でもあります。
「なかなか足が細くならない……」と悩んでいる人はぜひ、実践してみてくださいね。

 

ふくらはぎと太ももの裏を刺激!「ひっかけクランチ」

ぷよぷよとしたふくらはぎや、ぽっちゃりとした太ももの裏。これらを改善するには直接この部位を鍛える必要があります。鍛えにくい場所ではありますが、意外にも簡単に効果的な運動ができるので早速チェックしていきましょう。

1.ベッドの下や、棚の下など「重い家具の下に」うつぶせで足首をかける
2.膝を曲げるイメージで足首をお尻に引き寄せるよう力を入れる
3.10秒キープ
4.脱力して再度力を入れる
5.10回3セット行う

一度にふくらはぎ&太もも裏を鍛えることができるので、効率よく足痩せを目指すことができます。後ろから見た足がほっそりとしていたら嬉しいですよね。さらに、適度に筋肉が付くので、代謝が上がり脂肪が付きにくいというメリットもあるのです。
ミニスカートを履きこなしたい!細めのパンツを履きたい!という人はぜひ、自宅を見回し「重い家具」を探してみましょう。軽い家具で行ってしまうと、家具が動いたり倒れたりする危険があるので注意してくださいね。

 

まとめ

無題

「○キロ痩せた!」というのはモチベーションにもつながりますし、目に見えてはっきりわかるのでついつい意識してしまうもの。しかし、ダイエットの本当の目的は「体重を落とす」ではなく「見た目を変える」というものなのではないでしょうか?

そんな見た目重視派の人は、ぜひ今回の記事を参考にしながら1日15分でダイエットを成功させてしまいましょう!ちょっとした努力、スキマ時間の運動でダイエットは成功します。ぜひ今日から実践してみてくださいね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る