1. TOP
  2. 健康的なダイエットに食事制限なんていらない!ストレスフリーで成功させる5つの食事方法

健康的なダイエットに食事制限なんていらない!ストレスフリーで成功させる5つの食事方法

この記事のタイトルとURLをコピーする

巷には様々なダイエットが人気を集めています。しかし、中には健康を害するようなちょっぴり危険なダイエット法も存在するのが事実。そこで、今回は健康的にダイエットを進めたい人のために「健康的な食事方法」について紹介していきます。
食事制限なしでも健康的に痩せられる方法を伝授するので「ストレスなく痩せたい」という女性はぜひ参考にしてみましょう。

 

 

健康的なダイエットってどんなダイエット?

vegetables-140917_960_720

「健康的なダイエット」と聞いて、具体的にどんなダイエットが健康的なのかイメージできるでしょうか?そこで、まずは健康的なダイエットについて紹介していきます。

 

急激なダイエットではない

ダイエット方法としてよく取り上げられる「短期での大幅なダイエット」。しかし、これは、短期間で急激に体内環境を変化させたり、体に負担をかけてしまうダイエットであることが多いので、体を壊しやすいダイエットと言えます。
健康的なダイエットは基本的に、長期的に見て緩やかに減量していくダイエットです。1か月で1~3キロを目安とした減量が、健康的なダイエットと言えるでしょう。

 

単品ダイエットなどの極端に栄養が偏らない

よく「○○ダイエット」などと言って特定の食品しかた食べないダイエットが人気を集めます。確かに、減量面だけで言えば効果は高く、数字に表れるのでダイエットのモチベーションにもつながるのでしょう。
しかし、残念ながら単品ダイエットのような極端に栄養が偏ってしまうようなダイエットは、体に大きな負担をかけてしまうだけでなく、リバウンドを引き起こしやすい典型的なダイエット法です。

健康的なダイエッをするならば最低限「栄養バランスが整った食事」を取り入れる必要があります。栄養バランスが整った食事をしているだけで、無駄な脂肪が減ったり代謝がアップして自然とダイエットが成功するのです。

 

3食食べる

急がしいからとつい朝食を抜いてしまったり、ダイエットのためにと夕食を抜いてしまう人はいませんか?実は食事を抜くという行為は健康的なダイエットを行う上で絶対にやってはいけない事。

体に栄養を補給するには、食べるもしくは飲むという行為しかありません。そんな大切な行為を省いてしまうということは、体に栄養が補給されずに「栄養不足」に陥ってしまうのです。
栄養不足に陥るということは、体が「飢餓状態」を判断し、次に摂取した食事を脂肪として丸ごと蓄積してしまうことに繋がります。
これではダイエットにならない、ということが分かりますよね。

 

 

今日から実践!健康的なダイエットを成功させる食事方法

1

ここからは、早速次の食事からでも意識出来る食事方法について紹介していきます。目の前に食事が出てきたとき、皆さんはどのような食べ方をしているのでしょうか?自分の食生活と照らし合わせながらチェックしていきましょう。

 

最初に食べるのは「汁物」→「野菜」

皆さんはどのような順番で食事をしていますか?大好きなお肉から食べる、ご飯から食べる、など思い思いに食事を楽しんでいると思います。しかし健康的なダイエットを目指すのであれば一番に「汁物」、次に「野菜」という順番で食べるのがおすすめです。

汁物を先に摂取することで、内臓を温め、働きを活発化させます。さらに、炭水化物や脂肪が多い食品よりも先に野菜を食べておくことで、急激な血糖値の上昇を防ぎ、脂肪をつきにくくしてくれるのです。
また、先にこれらをお腹に入れておくことで自然と食べる量が減り、ドカ食いを防ぐ効果も期待できます。

 

ご飯は「冷や飯」がおすすめ

ご飯と言えば、温かくてホカホカしている物です。しかし、健康的なダイエットを目指すのであれば、ほかほかのご飯は我慢して、冷ました冷や飯を食べることが大切。
実は、ご飯は冷めると糖質が低下するので、ご飯を食べても摂取する糖質量が少なくなるのです。ご飯が好きな人にとっては嬉しいポイントですよね。ダイエットを検討すると、ご飯を控えてしまう女性が多いのですが、ご飯にもビタミンやミネラル、食物繊維などダイエットに嬉しい栄養が詰まっています

糖質の摂取量を減らしながらこれらの栄養を摂取することができるので、ご飯は冷めるのを待ってから食べると良いでしょう。

 

血糖値が下がっているタイミングで食事をする

あまり知られていませんが、私たちの体は1日3回血糖値が下がると言われています。朝、昼、夜、で血糖値が下がっているタイミングがあるのでそれぞれ時間帯をチェックしてみましょう。

朝 6~7時頃
昼 10~11時頃
夜 16~17時頃

上記の時間を意識して、タイミングを見ながら食事をすることで、「食べても太りにくい食事」をすることができます。油ものが多い食事の時や、カロリーが高めの食事をする際には、こういった血糖値が下がっているタイミングで食事をすると、ダイエットの妨げになりませんよ!

 

たくさん食べていいのは「昼食」

その日の気分によっては「今日はたくさん食べたい」「今日はカロリーが高いものが食べたい」など、何となくガッツリと食べたくなることがありますよね。しかし、ダイエットをしている以上そんなことは許されない……と考えている人がほとんど。

もちろん、高カロリー高塩分高糖質なものを毎日食べ過ぎてしまうのはNGですが、比較的食べても問題がないタイミングがあります。それが「昼食」なのです。
午前中にカロリーを消費していて、さらに午後からも活動をするため昼食でやや高めのカロリーを摂取することは問題ないと言われています。

たくさん食べたい人は昼食のタイミングで食事を取り入れると良いかもしれませんね。

 

間食をとる

ダイエット中は控えている人が多い間食。10時や3時のタイミングで何となく口寂しくなったり、小腹が空くことってありますよね。ダイエットしていなければ、小腹がすいたタイミングで間食をするものですが、ダイエット中だからと間食を我慢している人が少なくありません。

しかし、健康的なダイエットをするうえで間食を控えてしまうのは逆にNGです。間食には、次の食事の暴食を控える効果があります。さらに、空腹状態で食事を摂ると血糖値が上がりやすい傾向にあるので、過度な空腹を避ける効果も期待擦ることができるのです。

とはいってもケーキやチョコレートなど、糖質が高くてカロリーが高いものはNG。ダイエット中の間食におすすめなのは以下の食品です。

・チーズ
・ヨーグルト
・ナッツ類
・ドライフルーツ

これらの食品は、ダイエット中に食べても問題なく、むしろ「脂肪燃焼効果」「腸内環境の改善」「血行促進」などの効果があるので、ダイエットの味方となってくれる食品でもあります。

また、どうしても甘いものを食べたくなってしまった場合には、高カカオ(70%以上)のチョコレートであれば、問題ないとのこと。カカオには脂肪燃焼効果があるため、ダイエットのサポートにもなると言われています。

上手に間食を取り入れて、健康的なダイエットを目指してくださいね!

 

 

まとめ

2

基本的にダイエットは我慢がつきものですが、今回紹介した食事方法は我慢が少なく、ストレスフリーで健康的なダイエットを目指すことができます。
せっかく痩せるのですから、健康的に綺麗に痩せたいですよね。ぜひ今回の記事を参考にしながら、自分の食生活を振り返り、食事方法の改善や食べ方の意識を行ってみてくださいね。いつの間にか減量、サイズダウンに成功しているはずですよ!

 


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る