1. TOP
  2. ダイエット
  3. 【健康的&リバウンドなし】半年でゆっくり10キロ痩せる「チアシードダイエット」を解説

【健康的&リバウンドなし】半年でゆっくり10キロ痩せる「チアシードダイエット」を解説

この記事のタイトルとURLをコピーする

近年注目を集めている「チアシード」。少し前に流行ったので「今更?」と思う人もいるかもしれません。しかし、実際にチアシードをダイエットに取り入れた人の多くが成功しておらず、「断念した」という人が少なくない状態です。その原因は主に「間違った認識」「摂取方法の間違い」など。
今回は半年で10キロ減も可能と言われるチアシードダイエットのやり方や効果などについて解説していきます。

 

 

チアシードとは?

product_img_20150522112932_2

モデルや女優のインスタグラムから突如知れ渡ることとなった「チアシード」。耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?まずは、チアシードダイエットについて触れる前に、「チアシードとは一体何なのか」について解説していきます。
知っておくことで、なぜダイエットに良いのかを理解しやすくなりますよ♪

 

チアという植物の種

チアシードは「チア」と呼ばれるミント属の植物の種です。メキシコで紀元前1000年頃から食べられていた植物で、現地では「チアシードを食べれば生きながらえる」と言われているのだそう。
日本では最近になって知られた食材ではありますが、チアシードの歴史は古く多くの人に愛されていた植物なのです。

 

栄養素が超豊富

チアシードの魅力は何といっても豊富すぎる栄養素です。ダイエット、心身の健康、美容などありとあらゆるシーンで味方となってくれる栄養素が含まれているので、女性のみならず、男性にも愛されている超スーパーフードなのです。
具体的にどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

・オメガ3脂肪酸
・カルシウム
・食物繊維
・鉄分
・亜鉛
・マグネシウム
・ビタミンB群

他にもいろいろな栄養素はありますが、豊富に含まれている栄養素は上記の6つと言われています。栄養素を見ただけで、どれだけ栄養豊富な植物なのかが分かりますよね。確かに「チアシードだけでも生きながらえる」という言葉は頷けますね。

 

 

チアシードのダイエット効果

2

ここからは、気になる「ダイエット効果」について解説していきます。チアシードの持つダイエット効果は非常にさまざま。もしかしたら悩みの種である症状の改善にも大きく役立ってくれるかもしれません。
ダイエットを検討している人や、チアシードダイエットを断念してしまった人などは、ダイエット効果について今一度チェックしてみましょう。

 

便秘解消

まず、チアシードの効果の中でも定番でもあるのが「便秘解消効果」です。チアシードに含まれる「食物繊維」そして、水にふやけることで現れる「グルコマンナン」が、便の通りを良くします。
これは、食物繊維とグルコマンナンが、固くなってしまった便を包み込んだり柔らかくしてくれるためです。慢性的に便秘な女性は基本的に腸にとどまっている便秘が固まっていることが多いので、チアシードの持つ「水溶性食物繊維」「グルコマンナン」を摂取する必要があります。

チアシードを始めてから便秘知らずになった、という声は実際に多いので試してみる価値はありそうですね。

 

満腹感を得る

チアシードは水にふやかすことで、なんと10~15倍に膨らむと言われています。そのため、当然ながら満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎを予防してくれます。また、無駄な食欲を減らしてくれる効果もあるので、ダイエット中の「食欲」をコントロールしやすくしてくれるのです。
「つい食べ過ぎてしまう」「食べるのを控えたいけど我慢できない」という女性は、チアシードを取り入れることで食欲を減らすことが出きるでしょう。

 

血液サラサラ効果

チアシードに含まれている「オメガ3脂肪酸」は、血液をサラサラにする効果があります。そのため、老廃物の排出を促し、代謝のアップにつなげることができるのです。
ダイエットをスムーズに進めるためには、高い代謝が必要不可欠。血液がドロドロでは太りやすく痩せにくい、さらに様々な病気の引き金にもなってしまうので、注意が必要です。

 

むくみ解消

むくみ解消の効果が高いのもチアシードの魅力の一つ。便秘によるむくみや血液の滞りによるむくみなどを解消することができるので、様々な原因から解消し、むくみの改善につながるのです。

むくみはダイエットの最大の敵といっても過言ではありませんよね。きちんとむくみを解消して、セルライト知らずの体を手に入れましょう。

 

脂肪燃焼

あまり知られていませんが、チアシードには脂肪燃焼効果もあります。チアシードの持つ「ビタミンB群」「オメガ3脂肪酸」などの栄養素が持つ効果で、蓄積してしまった脂肪の改善につながると言われているのです。

特にビタミンB群は、脂肪燃焼の効果が高く、ダイエット中の女性には積極的に摂取してほしい栄養素でもあります。きちんと摂取しておくようにしましょう。

 

 

チアシードの食べ方

imagesO6N8S9FY

ここからは、正しいチアシードの食べ方について解説していきます。多くの人が間違っているチアシードの食べ方。これを間違えてしまうと、チアシードの効果を半減してしまうだけでなく、ダイエットの効果どころか、逆に体の不調を引き起こしてしまう原因にもつながってしまうのです。

自分のチアシードの食べ方に自信がない……という女性はよくチェックしておきましょう。

 

12時間以上水にふやかす

まず、一番初めに覚えておいてほしいのが「12時間以上水にふやかす」というもの。女性の中には、チアシードをふやかさないあま、ふりかけのようにサラダにかけて食べたり、ふやかさないままヨーグルトに加えている、という人が少なくありません。

確かに、ふやかさずに食べたほうがカリカリとして美味しい食感を楽しめるのですが、ふやかさずに食べる事には実はデメリットがあります。

 

デメリット1:便秘を招く

チアシードが体内の水分を吸収してしまうため、便へ水分が渡らず固まってしまいやすくなるのです。その結果便秘を引き起こしてしまいます。

 

デメリット2:発芽毒

チアシードは種なので「発芽毒」を持っています。実際に症状として現れることは少ないと言われていますが、可能性は決して0ではありません。主な症状としては「免疫力低下」「下痢」「むくみ」「がん」「慢性疲労」など、軽い症状から重い病気まで幅広い症状があります。
きちんと水でふやかしてから食べるようにしましょう。

 

食事の最初に食べる

チアシードは基本的に食事の一番最初に食べることがおすすめです。チアシードに含まれる食物繊維やグルコマンナンが、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる作用があるので、食事の初めに食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

また、あらかじめチアシードを食べておくことで、お腹に溜まり「食べ過ぎの予防」にもつながるのです。

 

1日10g以上は摂らない

チアシードは種ですが、実は意外にも高カロリーな食品です。10gで50キロカロリーもあるため、食べ過ぎには注意が必要。また、食べ過ぎると便秘を引き起こすことがあるので何事もホドホドが大切ですね。

10g以下の量を目安にして、水にふやかし、食事前に摂取するようにしましょう。

 

 

まとめ

1

「効果なんて出なかった」とささやかれることも多いチアシード。しかし、その多くが摂取方法を間違えていると言われています。今回の記事を読みながら「私の方法間違ってた!」と感じた女性も多いのではないでしょうか?

ぜひ、今回の記事を参考にしながら正しくチアシードを摂取してくださいね。

 

 

 

 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る