1. TOP
  2. 【1ヶ月-5キロも夢じゃない】日常生活の中でできるちょっとしたダイエットまとめ

【1ヶ月-5キロも夢じゃない】日常生活の中でできるちょっとしたダイエットまとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

よしダイエットをしよう!と思い立っても辛い運動や、キツイ食事制限は続かないもの……。しかし、日常生活の中のちょっとした動きでダイエット効果を得られるとしたら続けられると思いませんか?
毎日の日常生活の中で取り入れられるダイエットについて解説!自分の生活習慣を見直すきっかけにもなるかもしれません♪
さっそくどんなダイエットがあるのかチェックしていきましょう。

 

日常生活の中でできるダイエット~自宅編~

Fotolia_74384886_Sr-660x434

まずは、自宅で出来るダイエットについて解説していきます。自分の生活習慣と照らし合わせ、取り入れられそうなものはどんどん取り入れていきましょう。

 

食器洗い

キッチンで食器を洗っている際の自分の姿を気にしたことはありますか?意外にも、自分の家事をやっている姿に意識をしたことが無い人がほとんど。しかし、もしここで第三者に食器洗いの姿を撮影され、見せられたとしたらどんな立ち姿なのでしょうか?
食器洗い中は手元に集中してしまうため、だんだんと前かがみになってしまいがち。傍から見ると猫背の目立つおばあちゃんのような立ち姿になっていることが少なくないのです。

そんな食器洗い中にできるダイエットはコレ!

1.背筋を伸ばす
2.片足立ち
3.膝を曲げた状態をキープ

このダイエットを取り入れてみましょう。後ろから見たときに「綺麗な後姿」と思われるよう背筋を伸ばすことで背筋を鍛えることができます。そして、片足立ちは内ももを刺激するのでたるんだ太ももが胃になる人にはおすすめ。
また、膝を曲げた状態をキープしながら食器洗いを行うことで、太ももの前後を鍛えることができます。

 

洗濯もの畳み

洗濯物をたたむタイミングもダイエットのチャンス!

まずは足を限界まで開き、開いた足の間で洗濯物を畳みます。洗濯物を移動させたり、裾を掴んだりする際に手を伸ばすのでストレッチ効果を期待することができます。なるべく少し大げさなぐらいに上体をあちこち動かすことでよりストレッチ効果をアップすることができるので実践していきましょう!

洗濯ものを畳みながら「血行改善」「リンパの流れを良くする」「筋肉をほぐす」「ストレス解消」「代謝アップ」が期待できるので毎日の洗濯で取り入れましょう!

 

入浴

みなさんは入浴の際、きちんと湯船に浸かっていますか?
ダイエットを検討しているのであれば、湯船に浸かってじっくりと体を温めることは大切です。

ダイエットにおすすめの入浴方法としては「半身浴」「集めのお湯に浸かる」の2つを取り入れることです。まずは、15分半身浴を行い軽く体を温めたところで、追い炊きして42℃程度の熱めのお湯に設定します。最初から集めのお湯に入るよりも一度半身浴をしてからの方が汗をかきやすく、体に負担もかかりにくいのでおすすめ。

「発汗作用」「デトックス効果」「美肌」「ストレス解消」「血行改善」などの効果が期待できます。

 

日常生活の中でできるダイエット~通勤・通学編~

318932075dd0c1694bc34633405b36a3

次に通勤通学などのタイミングで取り入れられるダイエット方法について解説していきます。

 

電車内・バス

電車やバスを使う人であれば当然「立つ」が基本です。席が空いているとつい座りたくなってしまいますが座っているのと立っているのとではカロリーの消費量が大幅に違います。また、ただ立っているだけでなく電車やバスは揺れるので無意識にバランスをとろうとして体幹を刺激するのです。

転ばないように手すりにつかまって立つか、背伸びや軽く片足立ちで電車・バス内を過ごすようにしましょう。

 

階段

ついエスカレーターやエレベーターを使ってしまう人はいませんか?階段もダイエットに使えるタイミングの一つ。積極的に階段を利用するようにしましょう。

ただ階段の上り下りをしているだけでも足腰の筋肉を鍛えますし、カロリーの消費量もアップするのですが、よりダイエット効果を高めるのであればかかとを着けずに階段を上るようにしましょう。ふくらはぎと太ももの裏の筋肉により負荷がかかるため足を細くする効果も期待できます。

ただし、この方法は「登る時のみ」に実践するようにしましょう。下りる階段でかかとを着けないように下りてしまうのは、大勢が不安定で転んでしまう可能性があります。登る時のみに意識するように心がけてくださいね。

 

吊り革・手すり

吊革や手すりに摑まる際、ただ掴まっているだけ、というのは非常にもったいないポイント。きちんと活用することで二の腕を引き締めるエクササイズになるのです。

方法はいたってシンプル。吊革や手すりにつかまった際に、肘をぐっと自分に引き寄せるのです。この時本当に引き寄せるのは無理なので、「引き寄せるイメージ」で力を入れましょう。
二の腕に負荷がかかり、二の腕の筋肉を鍛えることができます。ほっそりとした腕をゲットしましょう。

 

日常生活の中でできるダイエット~仕事中・勉強中編~

aaa27

最後は、1日の中で最も多いと言える「仕事中」もしくは「勉強中」などにできるダイエットを紹介していきます。

 

椅子に座りながら

オフィスワークや学生さんであれば基本的に机に向かっていることがほとんど。1日の中で数時間も座りっぱなしなわけですからこの時間をうまく有効活用したいところです。
そこで、おすすめなのが「机の下でタップダンスをする」というダイエット方法。

ただ座っているだけでは消費カロリーは少ないですし、むしろ猫背になっいることが多いので太りやすい体型にしてしまいます。しかし、机の下でタップダンスを行うことでひっそりと消費カロリーを上げるだけでなく、足を動かすために上体をピンを起こすため綺麗な姿勢を維持することもできます。

「消費カロリーアップ」「背筋を鍛える」などの効果が期待できるのでぜひこっそりとタップダンスをしましょう!

 

都合をつけて立つ回数を増やす

仕事であれば「コピーとりますか?」「○○さんからお電話です」など声をかける際にいちいち立ち上がってみたり、トイレや来客で誰よりも早く立ってみたり。
勉強であれば挙手をして先生に当ててもらうことで立ち上がることができます。こうして椅子から何度も立ち上がることで消費カロリーを増やすだけでなく足腰を鍛えることにもつながります。

実際、何度も立ったり座ったりすれば疲れますよね?疲れるのは様々な筋肉を使っているからなのです。ぜひ積極的に立ち上がるよう意識してみてくださいね。

 

腹式呼吸

呼吸法の一つである「腹式呼吸」。あまり知られていませんが、腹式呼吸は消費カロリーが肺呼吸に比べて格段に高く、さらに体中のさまざまな筋肉を刺激します。
インナーマッスルを鍛えることも出来るので、仕事中や勉強中などは絶好のチャンス。

方法は簡単で鼻から大きく息を吸いこみ、口からフゥーっとゆっくり吐く。これだけです。実際に「腹式呼吸ダイエット」というダイエット方法も存在するほどなので効果は絶大。

場所や時間に捉われずにできるので積極的に腹式呼吸を行いましょう。

 

まとめ

img_branch01

以外にも1日の中にはダイエットに使えるシーンがたくさん存在しています。今回の記事の中には早速今から実践できるものも多く紹介されているので、試しに初めて見てはいかがでしょうか?

また、特別なダイエットではなく、毎日の生活習慣の中でダイエットを取り入れれば長続きもしやすいので、飽き症な人にもおすすめ。社会人女性、学生さんともにタイミングを見てダイエットとして取り入れてみましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る