1. TOP
  2. 【体重だけじゃない!】1か月で見た目も劇的に変える!本気ダイエットプロジェクト

【体重だけじゃない!】1か月で見た目も劇的に変える!本気ダイエットプロジェクト

この記事のタイトルとURLをコピーする

1か月の短期ダイエットに多い成功談と言えば「○キロもやせた~」という声。食事制限をしている人に多く、体重計に乗ったときに今までよりも体重が軽くなっていることで満足している人がいます。
しかし、実際に自分の姿を鏡に映してみても「ちょっと痩せたかな?」「細くなっている気がする」という、曖昧な結果ばかり。もし「体重を軽くしたい」ということが目標なのであれば見た目の変化は気にしなくてもよいのでしょう。しかし、多くのダイエッターは耐重だけでなく「見た目」にも変化が欲しいはずです。
今回はそんな「見た目」も変わる、1か月の本気ダイエットプロジェクトについて解説していきます。

 

本気レベルはMAXで!1か月ダイエットの重要ポイント

uƒJƒ‹ƒcƒFƒhƒjƒAv‚́uƒJƒ“ƒkv‚Æ–¼•t‚¯‚ç‚ꂽƒRƒŒƒNƒVƒ‡ƒ“Bð‰Ä‚©‚çˆø‚«‘±‚«l‹C‚̃oƒ“ƒhƒDEƒuƒ‰‚ƃnƒCƒEƒGƒXƒgEƒVƒ‡[ƒc‚Ì‘g‚ݍ‡‚킹

満腹にしない

本来、健康的な食事と言われているのは「腹八分目」と呼ばれるぐらいの食事量です。「は~!お腹いっぱ~い」なんていう状況は食べ過ぎに当たるのです。健康を害するだけでなく、無駄なカロリーとして体に脂肪が蓄積されてしまうことに繋がるので注意しましょう!

1か月で本気で痩せることを考えているのであれば、多くても腹八分目。ガマンが可能なのであれば腹七分目ぐらいまでに抑えられると尚良いでしょう。

 

運動は有酸素運動だけではNG

ダイエット目的の運動と言えば有酸素運動が定番ですよね。しかし、1か月の本気ダイエットに臨むのであれば、運動は「有酸素運動+無酸素運動」です。無酸素運動で体に筋肉をつけることで代謝アップを狙うことができます。これは寝ている間やゴロゴロしているとき、デスクワークをしているときなどのような、運動量が少ないシーンでも脂肪燃焼されやすくなるということなのです。
1か月という短期間設定なのですから、出来れば24時間脂肪燃焼作用はあってほしいですよね。

もちろん、有酸素運動も大切です。有酸素運動は脂肪燃焼効果や糖質の分解を促す働きを持つため、ダイエットには欠かせない運動の一つ。

ポイントとしては無酸素運動をしてから有酸素運動を行うのがおすすめです。この順番で運動を行うことで、有酸素運動時の脂肪燃焼作用が大きく働きます。
同じ運動量でも脂肪燃焼量が大きく違ってくるので「無酸素運動→有酸素運動」を意識するようにしましょう。

 

規則正しい生活は絶対!

1か月の短期ダイエットに臨むうえで大切なのは「正しい生活習慣」です。よく誤解されがちですが「食事制限をすればよい」「とにかく体を動かして体重を減らす!」などの考えだけではスムーズにダイエットが進みません。

きちんと早寝早起きを行う、二度寝をしない、お酒の飲み過ぎに注意する、バランスの良い食生活を心がける、など、規則正しい生活を送ることもダイエットの一つなのです。
不規則な生活は代謝を悪くしたり、内臓の活動を低下させたりしてしまうため、太りやすく痩せにくい体へと変化してしまいます。普段、規則正しい生活ができていない人であれば、このポイントを意識するだけでも劇的な変化が見られますよ。

 

1か月で体重も見た目も劇的変化!絶対に痩せたい人に送るダイエットプロジェクト

義烏ライマイ女性のヨガスポーツセットxl真プラスサイズ熱帯葉ジャングルブラックパンサージムエクササイズパンツセット運動トップブラジャー

ここからは、実際に1か月間どのように生活をすればいいのか、どんな食事・運動を取り入れればいいのかについて具体的に解説していきます。
「どう始めたらいいかわからない」という人は参考にしてみましょう。

 

朝食は基本的に「飲み物」オンリー

1日のエネルギーとも言われる「朝食」。1か月でダイエットを成功させるのであれば、朝食を「飲み物のみ」にすることが大切です。
実は、胃腸は朝食によって刺激されるため、その日の食欲を左右してしまうのです。本来、朝に食べなければ胃腸の活動が活発化しない為、その日の食欲を抑えることができます。

ただ、初めて朝ごはんを抜く人であれば「お腹が空いて仕事に集中できない」ということもあるかもしれません。その場合にはたんぱく質である「牛乳」「豆乳」などを飲んだり、炭酸系の飲み物を飲むようにすると空腹を和らげることができます。

しかし、飲み物とは言っても甘いジュース類はNGです。基本的には「お茶」「水」「乳飲料」「ピュアココア」のみにしましょう。

 

運動は「激しい無酸素運動」+「穏やかな有酸素運動」を

効率的に運動を効果を得るのであれば、運動メニューは「激しい無酸素運動」+「穏やかな有酸素運動」がおすすめです。

例えば「スクワット連続50回」+「ウォーキング」といったメニューであったり、「3分間車シャドウボクシング」+「ゆったり踏み台昇降」など。
「痩せたい!」という思いが強い人は、無酸素運動だけでなく有酸素運動までハードにしてしまいがちですが実は効率的ではありません。
脂肪燃焼作用を最大限に発揮するのは「少し行きが上がる程度」の心拍数です。上がり過ぎてしまうと脂肪燃焼効果が下がってしまうため、ゆったりと行える有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

おすすめメニュー

・3分間シャドウボクシング+踏み台昇降
・スクワット連続50回+ウォーキング
・腹筋背筋連続20回ずつ+その場で足踏み
・腕立て伏せ連続30回+階段上り下り

 

見た目を左右する「マッサージ」

むくみ改善効果があるとして知られるマッサージ。「私は足なんてむくんでいないからマッサージは必要ない」という女性がいます。しかし、女性の多くは自分で気づいていないだけで足がむくんでいることが少なくありません

むくみやすい仕事と言えば「立ち仕事」がよく挙がりますが、他にも「デスクワーク」「運転」「よく歩く仕事」などもむくみやすいと言えます。そのため、半信半疑でマッサージをしてみると早い人では翌日~3日程度で「なんか足が細い!」と実感できるのです。

具体的なマッサージ方法を解説するので参考にしてみてくださいね。

マッサージ方法

1.足の裏を強めに揉む
2.足首から膝の裏にかけて一気にさすり上げる
3.膝の裏をぐるぐると揉む
4.膝から太ももの付け根まで一気にさすり上げる
5.太ももをさすり上げる

上記のマッサージ方法を繰り返すことで、足は一気に細くなります。リンパの流れが改善され、老廃物も流れやすくなるので短期間で効果が現れるダイエット法でもあるのです。

 

靴はヒールがあるものを選ぶ

ファッションを左右するヒール。ダイエットを決めた1か月間はなるべく高めのヒールがある靴を選ぶようにしましょう。ヒールがあるだけで、バランスをとるために「体幹」を鍛えますし、ふくらはぎや太ももの裏の筋肉を刺激します。また、ヒップアップ効果もあるため、歩いているだけで筋トレ・有酸素運動を取り入れることができるのです。

仕事でも、指定された制服でない場合には高めのヒールを履いてくださいね。もし、仕事で高めのヒールを履くことに抵抗があるのであれば、「細くて低めのヒール」がついた靴をチョイスするようにしましょう。
高いヒールに比べると、筋トレ効果は少し落ちてしまいますが、やはりヒールが細い分不安定なので、体幹を鍛えることができます。最近はオフィスシューズでも細めのヒールがたくさん販売されてきているので、探してみるとよいでしょう。

 

まとめ

massage

たった1か月のダイエットで体重を軽くすることは簡単ですが、見た目を変えることは難しいもの。しかし、きちんと重要ポイントを押さえ、正しいダイエット法を取り入れることで見た目も体重も理想に近づけることができます。
「勝負の1か月」と気合を入れて、ぜひダイエットを乗り越えてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る