1. TOP
  2. 【立ったまま太ももダイエット】通勤中に実践するだけで1か月-6cmも可能!その知られざる方法とは

【立ったまま太ももダイエット】通勤中に実践するだけで1か月-6cmも可能!その知られざる方法とは

この記事のタイトルとURLをコピーする

多くの女性の悩みでもある「太もも」のお肉。なかなか細くなりにくい上に、無駄なお肉が付きやすい箇所でもあるので女性の敵と言っても過言ではないでしょう。
しかし、太もものダイエットに成功しない女性のほとんどは「やり方を間違えている」という傾向にあります。そこで、今回は太ももダイエットをスムーズに進めるために、正しい太もものダイエット方法について解説していきます。
実は日常生活の中で実現することが可能な太ももダイエット。立ったまま出来るので電車での通勤時間中で行ってみましょう!

 

 

太ももダイエットで必要なのは「裏もも」「内もも」の刺激

Commuters waiting for train

ダイエットの方法に迫る前に、まずは太ももダイエットで必要なポイントについて知っておきましょう。太ももを痩せたいと考えた時、皆さんはどこを鍛えればいいのか知っていますか?
意外と知らないまま適当に足を使うような運動をしているのではないでしょうか。しかし、せっかく運動をしていても、間違った方法や関係の無い部位を動かしていても残念ながら意味はありません。

知られざる太もも痩せの秘密について迫っていきましょう。

 

知られざる「裏もも」の機能

体の中で最も大きな筋肉を持っているのが「足」ですが、中でも裏ももである「ハムストリングス」と呼ばれる筋肉は、全身の中でも最も大きな筋肉です。そのため、この裏ももを刺激し、鍛えることによってほかの部位に比べカロリーをスムーズに消費することができるのです。
太ももを痩せるには消費カロリーを上げることが大切ですし、そのためには適度に筋肉をつけることも大切。しかし、裏ももを鍛えるのは意外と辛く、他の部位に比べて疲れやすいポイントでもあります。

 

女性の敵「筋肉太り」を回避する

スクワットや縄跳びなどで足の筋肉を使うと「なんだか前よりも太くなっている気がする……」とがっかりしてしまうケースがあります。これは、太ももの前側の筋肉が鍛えられ、太くなった筋肉により、脂肪が前に押し出されているような形になっているからなのです。

基本的に、足を細くしたいのであれば「裏側」「内側」を意識することが大切。前側の筋肉に比べて、太くなりにくい場所なのでダイエットを検討している女性はきちんと覚えておきましょう。

 

 

通勤中だけで太もも-6cmも可能!バレずにできるエクササイズ方法を紹介

c0f8e35561a4674d3451eab2bc95cb26

ここからは、気になる「エクササイズ方法」について紹介していきます。電車通勤の人は痩せるチャンスが盛りだくさん!毎日の通勤時間を大絵ttタイムに切り替えてみませんか?
もちろん、他に乗客がいても気にせずできるダイエット法なので、いつでも実践することが可能!早速チェックしていきましょう。

 

こっそり片足立ちエクササイズ

まずは、こっそり出来る片足立ちのエクササイズについて解説していきます。片足立ちとはいっても本当に片足立ちをするわけではありません。電車の中は揺れて危ないので、正しい方法についてチェックしていきましょう。

1.肩幅よりもやや狭く足を開く
2.吊革、もしくは手すりに摑まる
3.重心を右足にかけて左足は1ミリだけ床から浮かすイメージで力を抜く
4.1分キープ
5.反対足も同様に行う

このエクササイズはただ、片足に重心をかけているだけなのですが、「電車内」というポイントがミソです。ゆらゆらと揺れる車内では無意識に体がバランスを保ちます。これを片足だけで行うのですが、以外にも裏ももや内ももを刺激してくれます。
なかなか効いている気がしない……という人は、もしかしたら太ももの前側の筋肉でバランスを保っている可能性があるので、意識して裏ももや内ももでバランスを保つように心がけてみましょう。

 

かかと上下運動

足を細くするためには欠かせない「裏ももの刺激」ですが、電車内で器具も使わずに立ったまま行える方法があります。それが「かかと上下運動」です。裏ももの刺激と同時に、ヒップアップの効果もあるため下半身の全体を効率よく刺激することができます。

1.吊革、もしくは手すりに摑まる
2.背筋をピンと伸ばす
3.右足の膝を曲げかかとをお尻に引き寄せるように床から10cm離す
4.これを1秒間に1往復行うイメージで両足30回ずつ続ける
5.余裕があれば、つま先もかかとも床につけないまま30回ずつ行う

簡単そうに見えますが、20回を超えてくるとちょっぴり太ももがプルプルしてきます。人によっては翌日、筋肉痛になる人もいるので、効果は抜群。ただし、満員電車で行うと迷惑になってしまうので、電車内の状況を見ながら行うようにしましょう。

 

両足揃えて立つ

電車内で立っている時、無意識に足を開いて立っている人がほとんどなのではないでしょうか?ゆらゆらと揺れる不安定な電車内では、当然足を開いた方が安定感が増しますし、立っていて楽なので、ほとんどの人が肩幅に足を開いて立っています。
しかし、ここはあえて両足をぴったりとそろえて立ってみましょう。不安定ではありますが、内ももや裏もも、さらにふくらはぎまでもがバランスを保とうとします。そのため、両足を揃えて立つと、下半身のあらゆる筋肉が刺激されることになります。詳しいやり方についてもチェックしておきましょう。

1.吊革につかまる
2.両足を揃えて立つ
3.背筋を伸ばす

たったこれだけでOK。ただし、他のエクササイズとは違い、掴まるのは「吊革のみ」です。手すりはがっちりと固定されていて安定しているので、手すりに掴まってしまうと効果が半減してしまいます。吊革なら、ゆらゆらと揺れるので、バランスを保とうとする力が働きやすく、エクササイズに向いています。
ただし、エクササイズに体重をかけてしまっては意味が無いので注意しましょう。

 

両膝プッシュ運動

内ももをダイレクトに鍛える内もものプッシュ運動。一体どんなエクササイズなのか気になりますよね。これは上記で解説した「両足揃えて立つ」というエクササイズの応用編でもあります。
満員電車の中でも周囲の乗客に迷惑をかけずにこっそり実践可能です。

1.吊革につかまる
2.両足を揃えて立つ
3.背筋を伸ばす
4.両膝を押し合うように内側に力を入れる
5.力を入れたまま5秒キープ
6.いったん脱力して5秒後にもう一度押し合う
7.上記を10~15セット行う

膝同士を押し合うようにプッシュすることで、内ももの筋肉が刺激され、内ももの筋トレ効果を得ることができます。誰にもバレずに、しかも満員電車の中でも行うことができるので、時間や状況に左右されずに行いたい人は、このエクササイズを覚えておきましょう。

 

ハイヒールで効果アップも!

エクササイズではありませんが、電車エクササイズの効果をより高める方法として「ハイヒールを履く」というものがあります。ハイヒール自体が不安定なものなので、電車との組み合わせはダイエット面で見ればかなり良い組み合わせなのです。
通勤中だけハイヒールを履いたり、靴に指定が無い職場であれば、仕事の日は毎日ハイヒールにするのも良いでしょう。自分のライフスタイルに合わせてハイヒールを上手に取り入れてみてくださいね。

 

 

まとめ

cb73655489b2972dca4406189739372c

毎日の日課でもある通勤タイム。毎日の時間だからこそ有効に活用したいところ。ぜひ、今回の記事を参考にしながら、毎日の通勤時間をダイエットタイムにチェンジしてみましょう。足痩せ、太もも痩せなど効果は絶大なので、早速今日や明日から取り入れてみてくださいね。

 


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る