1. TOP
  2. 【立ったままでOK!】太ももを-10cm細くする!?いつでも出来る「ながらダイエット法」紹介

【立ったままでOK!】太ももを-10cm細くする!?いつでも出来る「ながらダイエット法」紹介

この記事のタイトルとURLをコピーする
楽しくダイエット

女性のダイエットで最大の難関とも言われている「太もも痩せ」。なかなか痩せにくい部分でありながら、無駄なお肉も付きやすい箇所であるため、太ももを細くすることに苦労している女性は多いのではないでしょうか?
しかし、太ももを細くしたいのであれば「ながらダイエット」が一番!スキマ時間や、立ったついでなどにできるながらダイエットで太もも-10cmを目指してみませんか?

 

ながらダイエットのメリットとは

large

「ダイエット」と構えてしまうと、最初はすごくやる気満々なのに日が経つにつれて億劫になってしまうことが少なくありません。特に、ハードな筋トレや、長時間のランニングなどを始めたものの、いつの間にかやらなくなってしまった……なんてことは少なくないのです。
「痩せたい」と思いつつも、なかなか続かないのは「ダイエット」として行動してしまうから。ダイエットは続かなければ意味がありません。だからこそ「ながらダイエット」で、日常生活の中でサッとできるようなダイエットが好ましいのです。

「家事をしながら」「立ち仕事のついでに」「子供を抱っこしたときに」「電車を待っている間に」など、ながらダイエットに適しているタイミングは意外と多いものなのです。1日の中のスキマ時間に行うことで、合計すると意外にも長時間運動をしていた!なんてことも少なくありません。

ハードなトレーニングももちろん効果は高いのですが、「続くか不安……」「過去にダイエットに挫折したことがある」という人は、ながらダイエットの方が合っていることでしょう。

さっそくどんなながらダイエットが存在するのかチェックしてみてくださいね。

 

人目を気にせずできる!定番中の定番「つま先立ち」

 

ながらダイエットの定番ともいえる「つま先立ち」。家事や立ち仕事、電車やバスの待ち時間などにできるので、実際に行っている人が多いながらダイエットです。

方法は簡単で、その場でつま先立ちをするだけ。両足のつま先とかかと同士をくっつけて、かかとを上げたり下げたりしながら、ふくらはぎと太ももの後ろの筋肉を刺激します。しかし、簡単だからこそ、手を抜いて行ってしまう女性も少なくなく、効果が半減したり、むしろなんの意味もないながらダイエットになってしまっている女性も存在するのです。

つま先立ちをする際、上半身は猫背にならないよう背筋を伸ばすことが大切。そして、頭もうつむき加減にならないようまっすぐ前を見据えるようにしましょう。イメージとしては天井から頭のてっぺんまで糸がつり下がっていて、ぶら下がっているような感覚です。頭からつま先まで一直線になるようなイメージでつま先立ちを行いましょう。

また、「かかとを上げっぱなし」ではなく、きちんと「かかとを上下させる」ことが大切。かかとを上げっぱなしでいるよりも、かかとを上下させた方がふくらはぎや太もも裏への刺激が強くなるからです。

 

太ももほっそり&ヒップアップ効果抜群「バックキック」

largefrfg

太もものサイズダウン&ヒップアップ効果を期待できるのが「バックキック」です。
まず、肩幅程度に足を開いて直立します。そのまま膝を曲げないようにしてかかとを後ろに引き上げます。後ろに立っている人をかかとで蹴るようなイメージです。やってみるとわかるのですが、意外にも低い位置で辛さを感じるので、大きな負荷がかかっていることが分かります。

スキマ時間を見つけては両方を10回ずつ行うようにすると、1週間後には目に見えて効果が現れているはずです。
注意点としては「膝を曲げない」ということ。辛さを感じるとつい膝を曲げてしまうのですが、足は付け根から足首まで一直線になるよう意識し、1回1回をゆっくりと行うようにしましょう。

ただ、外で行うと人目が気になってしまうと思うので、家事をしながら行ったり、一人になったエレベーター内などで行うと人目を気にせずながらダイエットに励むことができます。

 

ちょっと楽しさも♪むくみ解消もできる「ヒップキック」

ながらダイエットの中には、「ちょっと楽しいかも♪」なんて思える方法も存在します。それが「ヒップキック」です。

まず、両足を肩幅程度に開き視線は前。そして片足膝を曲げて自分のお尻をかかとでキックします。「ポンッ」と軽く蹴る程度でOK。リズミカルに行うと、ダンスをしているような気分になるので、ダイエットでありながらも楽しく行うことができます

あまり辛くないので「本当に効果はあるの?」と疑問に思う人も多いのですが、意外にも効果は抜群です。10回程度行うと疲れてくるので、左右10回を目安に行うとよいでしょう。

また、このヒップキックはながらダイエットだけでなく、むくみの解消も出来るため、立ち仕事で足がむくみやすい人や、デスクワークで夕方むくんでしまう……という人は、時間を見つけてヒップキックを行ってみましょう。血流改善になり、いつのまにか足が楽になっているはずです。

 

移動中にできる!いつもの5倍以上足の筋肉を使う歩き方

4162211229_2b2d1e454a_z

出勤中、買い出し中、外出中、お散歩中など、1日の中で何かと移動するシーンは多いもの。そういった移動中でいつもの5倍以上も足の筋肉を使う歩き方が在るのを知っていますか?
いつもダラダラ歩いている……という人はぜひ今日から歩き方を意識してみましょう。

歩き方の詳しい方法について解説します。
まず、片足が着地するときにはかかとからつま先にかけてスムーズに着地。そして、前に一歩踏み出す際には足の親指で前に蹴りだすようにしてから地面から離し、一歩前に踏み出します。

これを繰り返すことによって、なんといつもの5倍以上足の筋肉を使うことができるのです。実際にやってみると一歩一歩が力強くなり、ふくらはぎからふともも裏にかけて大きな負荷がかかっています。足の親指で力強く地面を蹴るように踏み出すので、親指を支えるために無意識に足のあちこちの筋肉が働くのです。

 

気になる「筋肉太り」の実態とは

今回紹介したながらダイエット。決して本格的な筋トレではないものの、やはり筋肉を刺激しているわけですから「逆に足が太くなってしまうのでは?」「筋肉太りをしそうで不安」などの気持ちを抱えている女性もいることと思います。
実際のところ筋肉太りの可能性はあるのでしょうか?

女性が不安に感じている「筋肉太り」。実はコレ「太ももの前側」を鍛えることによって筋肉太りがしやすいといわれています。例えば、大きな負荷をかけたスクワットを行う際、太ももの前側の筋肉を意識して上下運動を行うと、太ももが太くなってしまいやすいため注意が必要です。

前側の筋肉は「速筋」と呼ばれる、瞬発力を発揮するための大きな筋肉が存在しているため、この速筋が鍛えられてしまうことで太ももが太くなってしまうのです。

しかし、今回紹介したながらダイエットはどれも太ももの裏側を刺激する内容になっているので心配はいりません。また、負荷も小さいため「鍛えすぎて太くなった」ということもないのです。

 

まとめ

Attractive young woman with long blond hair and gray eyes, dressed in a long white blue stripe dress,makeup and beautiful smile, red lipstick,posing in the summer outdoors on blue background

ちょっとしたスキマ時間や、「ついで」などで行えるながらダイエット。継続しやすく、挫折がしにくいのが魅力で、多くの女性が取り入れているダイエット法でもあります。
めんどくさがり屋さんはもちろんのこと、「忙しくて運動をしている暇がない」という人でも手軽に運動を同じ効果を得ることができるため、ぜひ積極的に実践してほしいダイエット法です。

ぜひ、今回のk時を参考にしながら、太もも-10cmを目指してくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

楽しくダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る