1. TOP
  2. 正しくやれば効果アリ♡酵素ダイエットの方法と注意点をPick UP!

正しくやれば効果アリ♡酵素ダイエットの方法と注意点をPick UP!

この記事のタイトルとURLをコピーする

そもそも酵素とは?

最近、「酵素ダイエット」というものが流行っていますが、これは酵素を体に取り入れることで痩せやすい体へと導くための方法です。

しかし、この「酵素」について、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。酵素とは、人間の体内に元来備わっているもので、皮膚の新陳代謝を促したり血液の流れをスムーズにして体内の血液循環を正常にするために働く重要な役割を持っています。

つまり、酵素というのは人間が健康的な体を保つためになくてはならないものなのです。そして、体内の酵素としては主に消化酵素と代謝酵素の2種類が存在しています。

消化酵素

消化酵素は、食事によって摂取した食べ物を体内で分解して、体に吸収されやすくするための消化の時に使われる酵素のことです。

消化酵素には主に脂肪を分解するリパーゼと炭水化物を分解するアミラーゼ、そしてタンパク質を分解するためのプロテアーゼの3種類があります。

これらがあることで栄養分は正常に体に吸収され、健康的な体を作ることができるのです。

代謝酵素

代謝酵素は、消化酵素によって分解された栄養素を体に働かせるために様々な形に変換していく酵素のことです。代謝酵素がしっかり働くことで、体内に栄養がきちんと吸収されて体を健康的に保つことができます。

しかし、体内にある酵素は、基本的に消化酵素に優先的に回されると言われています。そのため、肉類など日本人が消化しにくい食品を頻繁に食べると、体内の酵素がどんどん消化酵素として使われていくので、代謝酵素として働く分が不足し、体に様々な悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

そして、代謝酵素の役割としては主に4つあります。

エネルギーを生み出す

代謝酵素の中でももっとも大きな役割と言えるのが、体を正常に動かすためのエネルギーを作り出すことです。

エネルギーの生成量が不足すると体を思うように動かせなくなります。また、エネルギー生成が増えることで代謝もしやすくなるのですが、不足すると代謝量も落ちて痩せにくい体になってしまうのです。

さらに、エネルギー生成が滞ると血液の流れが悪くなって、体が冷えやすくなったり、肌のターンオーバーが乱れて肌トラブルが改善しにくくなることもあります。

タンパク質の合成

代謝酵素は、体内のタンパク質を作り出す働きにも関わっています。タンパク質は人間の体の中でも特に重要な成分で、筋肉を作ったり、骨や髪の毛、爪、また肌にあるコラーゲンなどの弾力を保つための成分の主成分でもあります。

そのようなタンパク質の合成をスムーズに行うためにも代謝酵素を積極的に増やすことが重要なのです。

デトックス(解毒)

代謝酵素は、体の代謝の役割を担っているので、体に溜まった老廃物や毒素などを外に排出する働きもあります。

最近体重が増えたり太って見えると気にしている人は、実は脂肪が溜まっているのではなく、体内に毒素や老廃物が溜まっていることが原因の可能性もあるのです。

例えば、老廃物の蓄積によってリンパの流れが滞って起こるむくみなどもその一つです。代謝酵素をしっかりと働かせてデトックスをすることで、痩せやすい体を作ることができます。

免疫力を高める

代謝酵素は、体の免疫力を高める役割も担っています。代謝酵素の働きによって体内の代謝が促されると、体内の血流が改善され、全身にしっかり栄養分を運ぶことができるようになります。

また、代謝が上がることによって細胞の生まれ変わりもスムーズになり、体がどんどん元気になるので結果的に病気にかかりにくくなり、免疫力がグーンとアップするのです。

さらに、酵素の中でもSOD酵素というものは強力な抗酸化作用を持っており、体内に増えすぎることで細胞を攻撃する活性酸素の働きを抑制し、除去する作用があります。

酵素ダイエットとは?

酵素ダイエットは、近年流行っているダイエット法ですが、体に酵素を補うことで消化活動や代謝活動を補助し、体を健康的に保って痩せやすい体へ導くための方法です。

と言っても、野菜などから十分な酵素を補うとなると莫大な量を食べなければならず、現実的ではありません。そのため、近年では多数の野菜の酵素を配合した酵素ドリンクが注目を浴びています。

酵素ドリンクは基本的には飲むだけなので手軽ですが、ダイエットの方法としては主に2つあります。

1食置き換え法

1食置き換え方は、朝昼晩の食事のうち、どれか1食を酵素ドリンクに置き換えるというものです。

中でもダイエットとして効果的とされているのは朝か夜の置き換えです。朝は排泄の時間なので、この時の食事を酵素ドリンクにすることで腸に余計な負担をかけずにすみます。酵素ドリンクは水などで薄めて飲むのが基本ですが、お腹が減ってしまいそうという人は、炭酸水などお腹を膨らますもので割って飲むといいでしょう。

また、夜は食後にあまり活動しないためどうしても余ったエネルギーが脂肪などに変換されてしまいます。しかし、夕食を酵素ドリンクに置き換えることでエネルギーが余ることもなく、痩せやすくなります。

断食

「本気で痩せたい」「短期間で痩せたい」と思っている人は、酵素ドリンクを主体に摂取する断食をしてみるといいでしょう。期間はだいたい半日〜3日くらいですが、自分が続けられそうな日数を選びましょう。

期間を決めたら、基本的に期間中は酵素ドリンクや水のみで過ごします。固形物を体内に入れないことで胃腸を休めることができます。

準備期間・復食期間を設ける

痩せたいからといって、「今日から食べない!」と極端に決意してしまう人がいますが、これは絶対にやめましょう。

断食をする際には、前後に必ず準備期間、復食期間をそれぞれ設けることがダイエット成功のためには何よりも欠かせません。いきなり断食をすると体は危機感を感じて脂肪を蓄えようとしますし、断食後にいきなり肉などを食べてしまうと胃腸がびっくりしてしまい、また次に食料がこなくなった時のために体は余分に脂肪を吸収しようとし、これがリバウンドに繋がってしまうのです。

そのため、1日〜3日程度の断食をするなら、前後に3〜7日間はお腹に優しいものを食べて体を慣らしてあげ流ようにしましょう。また、食事の量も普段の6〜8割程度に抑えることがポイントです。

塩分を摂る

断食中は酵素を補っているとはいえ、それだけでは補給できないのが塩分です。塩分は取りすぎが問題視されていますが、不足しすぎるのもよくありません。

塩分を摂取できない状態で排出ばかり進んでしまうと、次第に体は塩分不足で頭痛やめまいなどの症状を引き起こしやすくなります。水にひとつまみとかして飲んだり、少量舐めるだけでもいいので、塩分が足りなくならないように気をつけましょう。

また、断食中は水分もしっかりとることが大切です。酵素ドリンクだけでは十分な水を摂取することはできないので、脱水症状が起きたり毒素が排出できずに体に溜まってしまう事態になってしまいます。水分も1日2リットルを目安にこまめに飲むようにしてください。

酵素ダイエットの注意点

飲むだけで痩せるわけではない

意外と勘違いしている人も多いのですが、酵素は体に酵素を補い、健康的に保つことで痩せにくい体を作るために行います。

いくら酵素を補っても肉類などの消化の悪いものを積極的に摂取していては、摂取した酵素も大部分が消化酵素に使われてしまいます。

なるべく胃腸に優しい野菜などを摂取するように心がけて、より多くの酵素を代謝に回せるように食生活にも気をつけることが大切です。

体調が悪い時には行わない

いくら体にいい酵素を補えるからといって、体調が悪い時には酵素ドリンクだけでなくきちんと栄養をとらなければなりません。体調が悪い時に酵素ダイエットをすると、症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

また、断食期間中などに体調が悪化した場合も同様で、無理をせずにすぐ復食を始めてください。ただ、食べ始める際には胃腸に優しいものから始めるようにしましょう。

まとめ

いかがですか?酵素ダイエットは正しく行えば体を健康的に、痩せやすい体質に導くことができます。しかし、やり方を間違えるとリバウンドしやすくなったり無理のしすぎで体調を壊すこともあり得るので、常に体調を見ながら行うようにすることが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!