1. TOP
  2. 【皮・たるみ・脂肪を大幅改善】1ヶ月で劇的変化!お腹をキュッと引き締める筋トレ&マッサージ

【皮・たるみ・脂肪を大幅改善】1ヶ月で劇的変化!お腹をキュッと引き締める筋トレ&マッサージ

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性にとってデリケートな問題でもある「お腹の脂肪」。可愛い服を着こなすためにも、キュッと引き締めていたいポイントでもあります。しかし、なかなかお腹だけが痩せずに頭を抱えている女性も少なくありません。また、大幅な減量や、出産後などでお腹の皮がたるんでしまい、なかなか元に戻らない、と嘆く人も多く存在しています。
そこで、今回は1か月を目標にお腹をキュッと引き締める筋トレやマッサージ方法について解説。お腹のダイエットで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お腹回りが太るのはなぜ?よくある原因に迫る!

女性腹囲-e1460950783643-300x192

まずは、お腹回りが太ってしまう、もしくはなかなか痩せない、という状況に陥ってしまう原因について解説していきます。自分の状況を見直しながら参考にしてみましょう。

 

代謝が悪い

筋肉量が少ない場合、代謝が悪くなってしまいがちなので、脂肪が蓄積しやすくなったり、脂肪が消費されにくくなってしまいます。特に女性の場合は筋肉量が少ない傾向にあるため、お腹回りが太りやすい人が少なくありません。
普段運動をしない、という人は筋肉量が少ないことが考えられるので、適度な運動を日常生活に取り入れることが必要となってきます。

 

妊娠による皮のたるみ

妊娠経験者であれば、一度お腹が大きくなっていますよね。その分、皮が伸びている状態なのでお腹回りがたるみやすい傾向にあります。「お腹の脂肪がたるんでいてなかなか落ちない」と思っていたものの、実は妊娠が原因の皮のたるみだった、ということが少なくありません。

皮のたるみの場合は、筋トレで改善することは難しいので、積極的にマッサージを行う必要があります

 

内臓が下がっている

ポッコリお腹で悩んでいる人の多くは、内臓がやや下がりぎみであることがほとんどです。お腹の筋肉が弱いことが原因で内臓が下がってしまう傾向にあるので、きちんと腹筋を鍛えて、内臓を支えられるような体にする必要があります。

 

 

お腹痩せに効果抜群!ダイエットにおすすめの筋トレメニュー

4

さっそくお腹痩せを目指している女性のために、おすすめの筋トレメニューについて解説していきます。「筋トレしてもお腹が痩せない」という人はもしかしたら運動方法が間違っているのかもしれません。
よりダイエット効果を高めるためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

立ったまま出来る「膝上げ運動」

家事の合間にササッとできる嬉しい筋トレ方法が「膝上げ運動」です。場所をとらずにできるので、部屋の中でも、狭いスペース内でも実践可能。どんな筋トレ方法なのかチェックしていきましょう。

1.肩幅に足を開いて立つ
2.両掌を握り、こめかみあたりでキープする
3.右ひざをおへそに引き寄せると同時に左ひじもおへそに引き寄せる
4.反対側も同様に行う
5.左右10回ずつ5セット行う

腹斜筋と呼ばれる、肋骨の下に位置する筋肉を鍛えます。ボディラインを左右する場所でもあるので、積極的に鍛えておく必要があるのです。ゆっくりと行うことで、より負荷がかかりしなやかなボディラインを作り出すことができます。

また、立ったまま行えるので何かの用事で立ったついでに行ったり、家事や育児の合間で実践してみてくださいね。

 

タオル一本でできる!「脇腹の筋トレ」

どこのご家庭にも必ず置いてある「タオル」。これを一本用意するだけで脇腹を効率よく鍛えることができます。この筋トレも立ったまま行えるので、スキマ時間を見つけて積極的に実践して行きましょう。

1.両足を肩幅に開いて立つ
2.タオルの端と端を両手でつかむ
3.両手を頭上に伸ばし、タオルがピンと張る位置まで開く
4.タオルが緩まないよう注意を払いながら、上体をゆっくりと右に傾ける
5.限界まで傾けたところで上体を起こす
6.反対側も同様に行う
7.10往復3セット

ポイントとしては、腰の位置をその場から移動させないことです。上体を倒す際に、腰が反対側にスライドしてしまう人が多いのですが、これではせっかくの筋トレ効果が半減してしまいます。少々キツイのですが、きちんと腰の位置をその場にキープして状態のみをゆっくりと動かすように意識しましょう。

 

ポッコリ下腹を鍛える!「レッグレイズ」

次は床に横になって行う筋トレについて紹介していきます。仰向けで行うことができるので、寝る前やゴロゴロしたついでに行うことも可能!早速チェックしていきましょう。

1.床に仰向けになる
2.かかとを床から10センチほど浮かせる
3.手はお腹に、頭はおへそを見るようにやや持ち上げる
4.上記の体制のまま30秒~1分キープ
5.3セット行う

腹筋が弱い人は、まずは30秒からスタートし、慣れて来たら徐々に1セットの時間を伸ばしていきましょう。少々辛い筋トレではありますが、ダイレクトに下腹を刺激し、ポッコリお腹を改善する効果があります。
「下腹部だけがぽっこりしている」「お腹の前側の脂肪が多い」などの人は取り入れてみましょう。

 

たるみ・皮・脂肪を解消!即効性も抜群なマッサージ法

gf1140323447w

ここからは、お腹回りの脂肪やたるんだ皮などに効果が高いマッサージ法について解説していきます。基本的にマッサージには「マッサージクリーム」「オイル」などを使用して行うので、家に一つ常備しておくようにしましょう。

1日10~20分程度かかるマッサージですが、毎日欠かさず念入りに行うことで効果の高いマッサージを行うことができます。どんなマッサージがお腹痩せに効くのかチェックしていきましょう。

 

お腹のリンパマッサージ

足や顔のリンパマッサージを行う人は多いのですが、意外にもお腹のリンパマッサージをする人は少ない傾向にあります。しかし、お腹も足や顔同様に効果が高いため、お腹回りが気になる人は積極的に実践してほしいもの。
ただ、お腹は足や顔と違って範囲が広いため、マッサージ方法が少々複雑であるという難点もあります。実際にイメージしながらリンパマッサージの方法について迫っていきましょう。

1.みぞおちから恥骨までゆっくりとさする(10回)
2.肋骨をなぞるように、みぞおちから脇腹までさする(10回)
3.「の」の字を書くようにゆっくりと回すようにさする(10周)
4.右手を左の脇腹において、前後に大きくさする(10往復)
5.反対側も同様に大きくさする(10往復)

比較的効果が現れやすいリンパマッサージで、くびれが出来たり、お腹がぺったんこになったりするなどの嬉しい効果があります。また、たるんでしまった皮も縮みやすくしてくれる効果があるので、皮のたるみで悩んでいる人は毎日積極的に行ってみましょう。
また、便秘解消の効果もあるので、便秘で悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 

腸もみマッサージ

代謝アップ、便秘解消などの効果があるとされる腸もみマッサージ。クリームやオイルは必要ないので、入浴中や就寝前、スキマ時間などにおこなってみてくださいね。

1.お腹全体を指先でつまむようにほぐす
2.肋骨の肉を両手でつまみ、中央に寄せるようにほぐす
3.肋骨下から恥骨あたりまでジグザグに動かすようによく揉む
4.脇腹をつまみおへそに引き寄せるようにしてほぐす
5.恥骨から胸元にお肉を引き上げるようにしてさする

腸もみマッサージは時間をかければかけるほど効果が高いと言われているので、1日のうちにこまめに腸もみマッサージを行うようにしましょう。服の上からでもできるため、仕事の休憩中や外出先でも実践することが可能です。
さっそく今日から始めてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

19380929_m

今回の記事で紹介した筋トレ方法やマッサージ方法は今日からすぐに実践できるものばかりです。ぜひ、参考にしながらお腹痩せを目指してくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る