1. TOP
  2. 【1か月で-7キロ達成者も!】ダイエットに効果的なマル秘ストレッチを解説!

【1か月で-7キロ達成者も!】ダイエットに効果的なマル秘ストレッチを解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

「運動はイヤ」「食事制限も乗り気ではない……」それでも「短期間でなんとか痩せたい!」と思っている人は少なくありません。この記事を読んでいる女性の中にもこんな願望を抱いている人がいるのではないでしょうか?
そこで、今回は短期ダイエットを簡単に叶えてくれる「ストレッチ方法」について解説していきます!
キツくない短期ダイエットであなたも-7キロを目指してみませんか?

 

ストレッチで痩せやすい人の特徴

まずはストレッチで痩せやすい人の特徴について解説していきます。どんなダイエットにも「合う人」「合わない人」が存在するもの。当然ストレッチであっても「痩せやすい人」「効果が出にくい人」が存在するのです。
自分がストレッチで痩せやすい体質化どうかチェックしてみましょう!

 

1.むくみ気味な人

ストレッチで痩せやすい人の特徴として「むくみ気味な人」というものがあります。
水分が体に溜まっていたり、リンパが滞っていることが原因でぽっちゃりとしている人であれば、ストレッチで効果が出やすいのです。ストレッチによって、水分の排出を促すことができますし、リンパの流れも改善することができるため、むくみの改善につながり、見た目もほっそりとしてきます。

また、体重も軽くなりやすいので、見た目的にも体重的にも変化が早いタイプです。

 

2.冷え性気味な人

女性に多い冷え性。長年悩まされている人であれば冷え性である自分が当たり前に感じてしまうこともあるでしょう。しかし、冷え性ということは体温が低い状態です。
体温が低いと代謝も落ちている状態なので、なかなか脂肪が燃えず、どれだけ運動をしても痩せない!なんていう状況に陥ってしまいます。ストレッチはこうした冷え性の改善にもつながるため、代謝が上がり、今まで燃えなかった脂肪が自然と燃えやすくなるのです

 

3.便秘気味な人

老廃物が排出されずに、腸の中にとどまり続けている状態である「便秘」。これも女性に多い症状の一つで、毎日排便をしないという女性が少なくありません。
慢性的な便秘であれば、老廃物が体に残り続けることになり、代謝が落ちてしまいます。そして、代謝が落ちてしまったことで余計に老廃物を外に排出しにくくなり、さらに便秘が悪化してしまう……という悪循環に陥ってしまうのです。

そんな女性の敵である「便秘」はストレッチで改善することができると言われていて、便秘気味の人はぜひ積極的に実践してほしいポイントです。ストレッチによって血行が改善され、胃腸の活動が活発になり、溜まっていた便を外へと排出しやすくしてくれます。
常にいや腸を綺麗にしておくことで、代謝は自然と上がりますし、痩せやすい体へと変化するのです。

 

今日から実践!-7キロが目指せるストレッチ方法

58f68beb20a9674653b4f9fbe07fb645

ここからは、今日から早速実践できるストレッチ方法について解説していきます。「運動が苦手」「食事制限ができない」という女性は早速参考にしてみてくださいね。

 

1.足痩せに効果絶大なストレッチその1

まずは足痩せに効果が高いと言われている太もものストレッチ方法について解説していきます。

1.床にお尻をつけて座る
2.足を伸ばし、限界まで開く
3.右腕を耳の床に密着させゆっくりと左足に向かって倒す
4.可能であれば右手で左足のつま先を掴む
5.上記の体勢で10秒キープ
6.ゆっくりと元の体勢に戻す
7.反対側も同じように行う

足のむくみ改善や、冷え性の緩和として効果を期待することができ、代謝のアップにもつながります。はじめは、足のつま先の触れることすらできないことがほとんどですが、毎日行って徐々に体を柔らかくし、つま先を掴めるようにしましょう。

 

2.足痩せに効果絶大なストレッチその2

上記では主に「ふくはぎ」「太もも裏」がメインで刺激することができるストレッチについて解説しました。ここからは主に「太ももの前側」をメインとしたストレッチを解説していきます。

1.床にお尻をつけて座り、両足を揃えて伸ばす
2.右足を折り曲げ足の甲を床に、足の裏をお尻に向ける
3.状態をゆっくりと後ろに倒す(無理のない範囲で)
4.上記の状態を10秒キープ
5.ゆっくりと上体を起こす
6.反対側も同様に行う

太ももの前側を伸ばすストレッチです。できれば上体は背中が床につくぐらい倒すのが理想ですが、無理はせず可能な範囲で倒すようにしましょう。肘をついて高さを調節したり、上体を足すこと自体辛い人は手のひらをついてしまうのもアリです。
少しずつ倒していけるよう、毎日行ってくださいね。

 

3.便秘解消に効果的なストレッチ

女性の多くが悩んでいる「便秘」。腸に刺激を与えて、便秘解消につながるストレッチについて解説していきます。

1.床にお尻をつけて座る
2.右足を前に伸ばし、左足は膝を曲げて立てる
3.足を組むようなイメージで左足を伸ばした右足の右側に置く
4.左手をお尻の後ろにつく
5.ゆっくりと上体を左にねじり、目線は背後に向ける
6.上記の体勢で10秒キープ
7.ゆっくりと上体を戻す
8.反対側も同様に行う

イメージとしては、体をぞうきんしぼりのようにねじる感覚です。ダイレクトに腸を刺激し便秘解消につながるので、ぜひ実践してみましょう。

 

4.代謝アップに効果的なストレッチ

体全体の代謝アップとしておすすめなストレッチを紹介していきます。メインとなる部位はなんと「肩甲骨」です。肩甲骨は普段あまり動かさない場所ではあるのですが、この部位には「褐色脂肪細胞」と呼ばれる細胞が密集しています。
褐色脂肪細胞は、脂質や糖質をエネルギーとして燃焼してくれるので、体を痩せやすくしてくれるのです。そのため、肩甲骨や肩甲骨周辺をよくストレッチすることで褐色脂肪細胞が活性化され、痩せやすい体へと変化します。

1.胸を開くように背筋を伸ばして立つ
2.両手の指先を肩につけ肘を肩の高さまで上げる
3.肘で大きく円を描くようにぐるぐると回す
4.前後10回ずつ3セット

また、肩甲骨をほぐすことでリンパの流れも良くなるので、代謝アップも期待することができます。これは「肩甲骨ダイエット」とよばれるほどダイエットに効果的なストレッチ方法なので、毎日でも実践してほしいところ。
ぜひ早速今夜から取り入れてみてくださいね。

 

ストレッチの効果を10倍アップ!ストレッチで意識すべきポイント

19380929_m

入浴直後・入浴中に行う

まず意識してほしいのが「入浴中もしくは入浴後に行う」というもの。体が温まり、筋肉が柔らかくなっているので、ストレッチの際に体を伸ばしやすい状態です。血液の流れも良い状態であるため、ストレッチを行うには非常に良いタイミングと言えます。

寝る直前には行わない

「寝る前のストレッチは安眠効果がある」という話を聞いたことはありませんか?確かにストレッチは、体の緊張をほぐし、精神的にもリラックスできるため安眠効果を期待することができます。しかし、ストレッチとはいっても「軽い運動」でもあるため、体を活動状態にしてしまう「交感神経」を刺激してしまいます。

そのため、眠る直前にストレッチを行ってしまうと、心身が興奮してなかなか寝付けない……。という状況に陥ってしまうのです。ダイエット効果と安眠効果を狙うのであれば、就寝1時間前に行うようにしましょう。そのタイミングに合わせて入浴も済ませておく良いいですね。

 

まとめ

サイズを計る女性

「たかがストレッチ」なんて考えがちですが、ストレッチにはダイエットに非常に良い効果をもたらしてくれる存在です。ぜひ、今回の記事を参考にしながら、ストレッチでのダイエットを実践してみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る