1. TOP
  2. 【努力が逆効果に!?】メディア・広告の間違った知識による注意すべきダイエット方法とは

【努力が逆効果に!?】メディア・広告の間違った知識による注意すべきダイエット方法とは

この記事のタイトルとURLをコピーする

ダイエットを志す女性であれば、テレビや広告で見かけたダイエット方法を実践したことがある人があるもの。「○○だけダイエット」「○○サプリだけで1か月10キロ減」など、簡単そうなものや効果の高そうなものを見つけては実行した……なんていう人も多いのではないでしょうか?
しかし、中にはせっかく痩せてもリバウンドをしてしまうダイエットであったり、そもそも効果が半減したダイエット方法であることも少なくありません。
自分のダイエット方法と照らし合わせながらチェックしていきましょう。

 

むしろ逆効果!?ダイエットにおすすめできない間違った方法

161102-uwaki-onna-ganbou-660x350

さっそくダイエットとしては効果が半減、もしくは逆効果になってしまう「間違ったダイエット方法」について解説していきます。自分のダイエット方法を照らし合わせてチェックしてみましょう。

 

単品ダイエット

20150928021053

まず、最も経験者が多いのが「単品ダイエット」です。これだけ聞くとイメージができない人もいるかもしれませんが、要は「バナナだけを食べて痩せる」「サラダだけを食べて痩せる」というものです。

確かに、「ダイエットに良い」とされる食品は多く、含まれた成分や栄養素によっては「脂肪燃焼効果」や「代謝アップ」「食欲減退」などの効果が期待できます。だからと言って、そういった食品だけを食べ続けるダイエットは、体が栄養不足に陥る原因にもつながります。

もちろん、体重は減少しますし見た目も変わることがあるでしょう。しかし、栄養不足に陥っている体は代謝が悪く、軽い飢餓状態でもあるのです。そのため、少量の食べ物であっても、何かが体に入ってきた時点で脂肪を溜めこもうという作用が働いてしまいます。
ということは、ダイエットが終わった時点で今までの食生活に戻した途端に短期間で一気にリバウンドが襲ってくることになるのです。

せっかく痩せてもこれではまるで意味がありませんよね。「この日だけ痩せていればよい」という人であれば、問題が無いのかもしれませんが、ダイエットを行う人のほとんどは、痩せた体をキープしたいもの。
単品ダイエットでは、痩せた体をキープできないということをよく頭に入れておきましょう。

 

下剤ダイエット

shutterstock_279313058

テレビや広告などではなく、主にネット掲示板やSNSで話題になったダイエット法「下剤ダイエット」。聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
下剤ダイエットの主な方法は、用法容量を無視して記載量よりも多めの下剤を服用することです。強制的に排便を促し、体に脂肪をつきにくくする、体重を軽くする、などを目的とした危険なダイエット法です。

また、もう一つ下剤ダイエットとして挙げられているものがあり「記載量を守りつつ、服用を継続する」というもの。便秘に悩まされている女性が、食生活や生活習慣などを改善しないまま下剤や便秘薬に頼って排便を促すというダイエット法です。
もともと便秘はダイエットの敵としてダイエッターたちの間では周知の事実ですが、その便秘の改善として手軽な「便秘薬」「下剤」を取り入れてしまうのだそう。

もちろん、食生活や生活習慣を改善してもなかなか便秘が解消されない……というのであれば状況によっては服用する必要があります。しかし、記載量以上を服用したり、生活習慣などを改善しないまま薬品だけに頼ったりするのはNG。
体を壊すことになってしまいますし、体に耐性が付いてしまうことで今まで服用していた量では効かなくなってしまう、という恐れがあります。

ダイエット目的で下剤や便秘薬を服用するのは絶対にやめましょう。

 

置き換えダイエット

野菜ジュース スムージーダイエット

最近何かと話題を集めている「置き換えダイエット」。1日のうちの一食だけをダイエット食品やスムージー、フルーツなどに置き換えて生活をするという、効果が高そうで比較的辛くなさそうなダイエット。実際にチャレンジした人も多いのではないでしょうか?

置き換えダイエットのメリットは、本記事前半で解説したような「単品ダイエット」よりも栄養不足に陥るリスクが低く、さらに効果が高い、というものです。他の2回の食事は比較的自由なのでストレスも少なそうですよね。しかし、これもやはりリバウンドしやすいダイエット法の一つです。

例えば置き換えダイエットで「1食だけプロテイン」というダイエット法を取り入れたとします。2週間継続したところで効果が徐々に表れ、体型も体重も満足したところで置き換えダイエットを辞めます。
今までの食生活に戻してしまうと、2週間の「置き換えダイエット中」の摂取カロリーよりも、普段の食生活の摂取カロリーの方が当然上回ってしまうため結果的に体にとっては「カロリーオーバー」として認識されてしまうのです

無駄なカロリーと認識されるということは、脂肪として体に蓄積されてしまい、気が付いたらリバウンドしていた……。ということに繋がってしまいます。
ダイエット後の食事も考え上で、ダイエット中の食事を計画したほうがいいかもしれませんね。

 

悪い生活習慣の中でのダイエットサプリ

freshiconpacks7

「飲むだけで脂肪燃焼!」「1か月で-20キロが可能なサプリ!」など、ついつい手が伸びてしまうような謳い文句のサプリメントが数多く販売されています。「買ってみたい!」という欲求に駆られたことのある女性もいるのではないでしょうか?

しかし、こういったサプリメントを飲むだけで痩せる、ということは決してありません。痩せるためには「摂取カロリー<消費カロリー」であることがぜったい条件なので、毎日の暴飲暴食の中でサプリメントを飲んだところで効果は現れないのです。

こういった真実を知らずに「サプリメント飲んでるからたくさん食べても大丈夫!」なんて、今まで以上に多い食事を続けていれば、痩せるどころか太る一方でしょう。
残念ながらサプリメントだけで痩せることはあり得ない、と多くの専門家も分析しているので謳い文句に乗せられず、自分できちんと正しい判断をする必要があります。

 

色々なダイエット方法を取り入れる

4

つい、流行りのダイエットに手を出してしまう、という人はいませんか?
「ダイエット補助食品」を購入し、次に運動を取り入れ、その次にストレッチダイエット……。など、コロコロとダイエット方法を変えてしまう人がいます。基本的に飽き症で、一つのダイエットが長続きしない、ということが原因でもあります。

しかし、ダイエットは「一つのダイエット方法を長く続ける」ということが成功の近道であり、リバウンドの可能性を下げることにもつながります。

また、同時に数種類のダイエット方法を取り入れることもおすすめできません。結局毎日何種類ものダイエットを取り入れたり、生活習慣を意識することが大変になってしまい、長続きしなかった……。という状況に陥ってしまうのです。
出来れば一つのダイエット方法で。もしくは多くても2種類までのダイエット方法を意識して、長くゆっくりダイエットに励んでいきましょう!

 

まとめ

cb73655489b2972dca4406189739372c

女性の永遠のテーマでもあるダイエット。巷には様々なダイエット方法が多く存在しており、テレビで放送されるダイエット方法でさえも間違った情報であることも少なくありません。
メディアや噂、人気などに惑わされず、コツコツと毎日努力を続けるようなダイエットが最も大切です。

今回の記事を読んで、心当たりのある内容があった人はぜひ自分のダイエット方法を見直してみましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る