1. TOP
  2. コンビニがダイエットの味方に!間食やおやつにおすすめなコンビニお菓子9選

コンビニがダイエットの味方に!間食やおやつにおすすめなコンビニお菓子9選

この記事のタイトルとURLをコピーする

「ダイエット中だけどお腹が空いた!」こんな時、ダイエット中の皆さんはどうしていますか?
我慢?それとも諦めて食べる?

今回は、ダイエット中の「おやつ」や「間食」として取り入れられるお菓子について紹介!コンビニで手軽に購入できるものだけをチョイスしたので、いちいち自分で手作りしなくても大丈夫!

低カロリー、低糖質、腹持ちなどを重視したお菓子を厳選したのでぜひチェックしてみましょう!

 

ダイエット中に食べてOK!コンビニで買えるお菓子9選

150305_kaimono

ダイエット中のおやつと言えば、自分で手作りして健康に良いおやつを取り入れることがおすすめされています。しかし、社会人女性にとって、「いちいち手作りしている時間なんてない!」という人がほとんどなのではないでしょうか。
「手作りおやつ以外は食べていけないの?」なんて誤解してしまう人もいますが、実は決してそんなことはありません。ダイエット中でもコンビニで購入できるおやつが存在します。

どんなおやつならよいのか、さっそくチェックしていきましょう!

 

1.ダークチョコレート

おやつの定番として知られる「チョコレート」。しかし、糖質が高いためダイエット中のおやつには不向きとして考えられています。しかし、そこまで糖質が高くなく、むしろ健康に良いとされている種類のチョコレートも存在するのです。それが「ダークチョコレート」です。
ブラックチョコレートとも呼ばれるこの種類は、含まれているカカオマスが60%程度と多く、ミルクチョコレートと違ってミルクを含まないのが特徴です。味は、カカオマスの含有量や商品によって若干異なりますが、ほんのりとして苦みと、かすかな甘味があります。
コンビニで購入する際には、カカオマスの含有量が最低でも60%以上のチョコレートにしましょう。

 

2.ナッツ類

コンビニのおつまみコーナーで見かけることが多いナッツ類。晩酌のおつまみとして購入する女性も多いのではないでしょうか?そんなナッツは実はダイエットの味方となる食品。
ナッツに含まれる「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」「カリウム」などが、ダイエットをサポートし、「間食をしているのにダイエットの手助けをしている」という状態になります。
また、少量で満腹感を感じるだけでなく腹持ちも良いため「無駄食い」を防ぐこともでき、空腹に我慢するストレスの軽減にもなるのです。

 

3.チーズ

コンビニで必ず見かけるチーズ。様々な種類のチーズが販売されているのでチーズ好きの女性にはたまりませんよね。ただ、チーズは高カロリーでダイエットには不向きな食品、なんて言われてしまうことがあります。
しかし、実は摂取量を少量にすることでチーズもダイエットの味方となる食品です。
チーズには「ビタミンB群」が含まれていて、脂肪燃焼効果や代謝アップが期待できます。また、筋力をつけたり維持したりするために必要な「タンパク質」も豊富に含んでいるので、ダイエット中には欠かせない食品でもあるのです.

 

4.ドライフルーツ

「甘いものが食べたい!」というときの救世主となるドライフルーツ。ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいるため、ダイエットのサポートになりますし、栄養補給としても活用することができるのです。
また、ドライフルーツに含まれる糖分が血糖値を上げることによって、空腹感を解消することができます。もちろん、糖分を多く含んでいるため食べ過ぎはNG。「小腹を満たす程度」の量に抑えるようにしましょう。

 

5.ゆで卵

最近、お弁当コーナーなどで見かけることが多いゆでたまご。腹持ちが良く、1個食べるだけでも意外にお腹が満たされるのでダイエット中のおやつにおすすめです。また、タンパク質を豊富に含んでいるので、筋力をつけたり維持するためにも欠かせないもの。
茹で卵は家でも手軽に作れるものですが、忙しい女性にとってはその手間すらも面倒に感じてしまいがち。最近は、コンビニでゆで卵を手軽に購入することができるので、「小腹対策」として毎日1個購入しておくといいかもしれませんね。

 

6.甘栗

ヘルシーなのに甘くておいしいむき甘栗。コンビニでは必ずと言っていいほど見かけますよね。「罪悪感なく甘いものが食べたい」という人には甘栗がおすすめです。一袋100gほどで160キロカロリー程度なので、低カロリーで美味しく食べることができます。
ダイエット中は甘いものを我慢しなければならないことが多くストレスが溜まりがち。そんなときには、甘栗で甘いものへの欲求を満たしましょう。

 

7.こんにゃくゼリー

ヘルシーでダイエット向きなイメージの高いこんにゃくゼリー。食べたことのある人は多いと思います。「結局ただのゼリーでしょ」なんて思ってしまいがちですが、実は意外にもダイエットのサポート効果は抜群。
こんにゃくゼリーは食物繊維が豊富に含まれているだけでなく、甘いゼリーなのに低カロリーで食べることができるのです。最近は多くの味も販売されているので、自分好みの商品を見つけることも可能。ダイエットが辛くなく、むしろ楽しむことができるポイントにもなるのでぜひ自分好みのこんにゃくゼリーを楽しんでみてくださいね。

 

8.冷凍フルーツ

ミネラルやビタミンを豊富に含んだフルーツを冷凍した「冷凍フルーツ」。マンゴーやブルーベリー、みかんなど様々なフルーツが冷凍フルーツとして販売されていて、毎日日替わりで冷凍フルーツを楽しむ事ができるのが魅力。
基本的にフルーツは、ダイエットのサポートになる食品と言われていて、食べ過ぎなければ毎日のおやつに取り入れることが可能です。
ただし、冷凍ものなので体が冷えてしまう可能性があります。なるべく、温かい飲み物を摂りながら冷凍フルーツを食べると体が冷えてしまうのを防ぐことができるでしょう。

 

9.和菓子

大福やお団子など、コンビニには様々な和菓子が販売されていますよね。とっても甘いのでダイエットに不向きなのでは?と感じる女性も多いと思いますが、実はそんなことはありません。もちろん、あんこやみたらしなどが使用されていることが多く、糖質は高め。しかし、ケーキやプリンなどのデザートと比較するとそこまで糖質は高くないのです。また、脂質をほとんど含まないためカロリーを抑えることも可能です。
「たまには甘ったるいものが食べたい!」というときのストレス解消として、ぜひ和菓子でたまには体を労わってあげましょう♪

 

おやつを食べる時の知っておくべきルール

260-e1452763915593

就寝時刻の3時間以内には食べない

おやつを食べる際、就寝時刻の3時間以内に食べるのはNG。基本的に夜はあまり動かない為余分なエネルギーとなって脂肪として体に蓄積されやすくなってしまいます。いくら低下カロリーなおやつであっても基本的に夜に食べるのはやめたほうが良いでしょう。
どうしても寝る前にお腹が空いてしまったら、ホットミルクを飲んだり、なるべく早めに布団に入るなどして紛らわせるようにしてくださいね。

お腹いっぱいにしない

「小腹が空いたな」と思い、おやつを食べ始めたらいつの間にかお腹がいっぱいになってしまった!という経験はありませんか?
ダイエット中は基本的にお腹いっぱいになるまで食べるものではありません。食事は「腹八分目まで」がダイエットに良いとされていますし、おやつは当然「小腹を満たす程度」です。
お腹いっぱいになるまで食べないよう、量を調節しながら摂取するようにしましょう。

 

まとめ

SAYA151005270I9A83772_TP_V

ダイエット中は「空腹」「小腹」に悩まされることが少なくありません。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら、ダイエットのサポートとして上手におやつを取り入れてみてくださいね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る