1. TOP
  2. 食べるだけで痩せる?りんごダイエットの栄養と効果

食べるだけで痩せる?りんごダイエットの栄養と効果

この記事のタイトルとURLをコピーする

置き換えダイエットでまず候補にあがるりんごダイエット、りんごを食べるだけで痩せる簡単なダイエット法です。特別な道具は必要無し・苦しいエクササイズも不要とめんどくさがりの女性にうれしい特徴がたくさん。りんごダイエットの効果と失敗しないやり方を知って、ストレスレスに体重を落としましょう。

りんごダイエットとは?

リンゴとメジャー

りんごダイエットとはその名前の通り「りんご」ばかりを食べて痩せる方法です。
りんご1個のカロリーは150キロカロリー前後。

通常のご飯と置き換えて食べれば大幅なカロリーカットが期待できます。

ストイックにダイエットする方が挑戦するのが3食置き換えでダイエットする方法。
りんごと水分だけで数日間を過ごします。

りんごには食物繊維がたっぷり入っていて、腹持ちが良い食材。
宿便をすっきり流して、ウエストラインを引き締める効果が期待されます。

ただ、この方法では栄養が片寄るのが悩みの種。

めまい・ふらつきを感じたり頭痛を感じたりして、仕事に弊害がでる方もいます。
長期間続けた場合は低血糖を起こし、イライラ・落ち着かない気持ちになる危険性もあります。
専門家からも「危険なダイエット」として注意喚起される方法なので気をつけましょう。

では、どうすれば安心してダイエットができるのか。守ってほしい注意点3つを紹介します。

1.十分な水分をとること
2.体調が悪いときはダイエットをお休み
3.原則3日間以上が続けない

注意点を守って実践してもやっぱり身体が辛いという方は、朝1回の置き換えがおすすめ。
一食をりんごにするだけでも随分カロリーダウンになります。
身体への負担を最小限にして、きれいに痩せることができればこんなにうれしいことはありません。

単食ダイエットはどうしても身体に負担がかかります。
体調管理に十分注意しながら挑戦するといいでしょう。

リンゴとおなか

りんごダイエットの気になる効果は?

りんごダイエットの効果では、5つのメリットが期待されます。

1.短期集中で体重が落ちる

何よりのメリットは、短期で体重が落ちることです。
ダイエットの基本公式は「摂取カロリーから消費カロリーを差し引いた数値」がマイナスになること。

マイナス値が大きければ大きいほどダイエット効果は高くなります。
りんごだけしか食べなければ、当然マイナス乖離は大きくなるはず。

足りないカロリーは蓄積された脂肪から補われるため、どんどんエネルギーを消費します。
これを短期決戦で行うのがりんごダイエット。
すぐに体重が落ちるため、ダイエットのモチベーションアップにもつながります。

2.りんごペクチンがいらないものをすっきり排出

りんごに含まれている「ペクチン」という食物繊維、塩分や脂肪を包み込んで体外に排出する効果があります。
塩分をとりすぎるとむくみやだるさの原因に。余分なものが外に出ると身体がすっきり軽くなります。
腸内環境をお掃除してくれるセルロースも豊富なので、便通が良くなる効果も。
身体の内側からきれいにお掃除してくれる心強い味方と言えるでしょう。

3.りんごポリフェノールで若返り

りんごに含まれている美人を作る栄養素はペクチンだけではありません。
高酸化作用が強いポリフェノールが細胞の若返りを後押し、錆びない身体を作ります。
りんごポリフェノールは実より皮にたくさん入っているため、皮ごと丸かじりがおすすめです。
肥満・ガンなど生活習慣病の予防にもなる成分で、健康的なダイエットをサポートします。

4.早起き習慣で自律神経のバランスが整う

りんごダイエットをするなら、朝食をとれる時間に起きる必要があります。
決まった時間に毎日起きると自律神経のバランスが整って痩せやすい身体に近づくはず。
ストレスからくる過食衝動だったり甘いものを食べたい欲求だったりがなくなるため、
リラックスして毎日を過ごせます。きちんと早起きするためにも、夜は22時前に就寝がおすすめ。
睡眠リズムを整えてりんごダイエット成功を目指しましょう。

5.内蔵のオーバーワークから解放される

脂質や糖分をたくさん含む食品ばかり食べていると内蔵が疲れてしまいます。
消化吸収機能がうまく働かないと肌トラブルがでてくることも。りんごダイエットで適度に内蔵を休めてあげると、そんな心配がなくなります。
朝ご飯をしっかり食べていた方がりんごだけに切り替えると最初はお腹がすきますが、だんだん少ない量になれていきます。
いつのまにか空腹を感じなくなればしめたもの。不思議と間食を食べたい欲求もなくなるので、リバウンド防止に役立ちます。

こんなにメリットたくさんのりんごダイエット、ぜひチャレンジしてみたいと思いますよね。成功しやすいおすすめのやり方を見てみましょう。

リンゴと食事

りんごダイエットの成功するやり方

やり方と言っても、とくに難しいルールはありません。朝食を食べるかわりにりんごを1〜2個食べるだけです。
ゆっくりよく噛みながら食べると、消化にも良く効果的。常温のお水や白湯と一緒に飲むと満足感がアップします。
朝りんごだけと決めてしまえば、他の食事は好きなものをとって大丈夫です。
ただし、短期集中で痩せたいならヘルシーな和食やスープなどがおすすめです。

麺類や丼ものなど、炭水化物中心の食事は避けることをおすすめします。
野菜や植物性タンパク質をバランスよく食べることがダイエットの王道。りんごダイエットをはじめたことをきっかけに食生活の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。
最後になりますが、朝食のりんごに飽きてしまったときのおすすめの食べ方・アレンジを3つ紹介します。

1.甘味料を使わない焼きりんご

皮ごと食べられる焼きりんごは、ダイエットにぴったりのメニュー。家庭で手軽に作るなら耐熱容器に入れたものをラップして、電子レンジで7〜8分加熱します。バター・砂糖を入れるとカロリーが心配なので何もつけずに加熱が理想的。どうしてもの足りないときには、ココナッツオイルを少しだけたらします。

2.素材そのままのりんごチップス

りんごの芯をとった後、ピーラーで薄くスライスします。クッキングペーパーを載せたお皿に均等にならべて3~4分加熱。表面が乾いていたら取り出し、ひっくり返して裏面も乾かします。レンジによって最適な加熱時間が異なるので様子を見ながら作ると上手にできます。時間がたつとぱりっと感がなくなるので食べる直前にレンジに入れるのがポイント。加熱することで甘みが増して、お砂糖を入れなくても十分おいしいスナックができます。

3.すりおろしりんごで食べやすく

りんごをすりおろして食べるとりんご酵素の働きが良くなると言われています。
よく洗ったりんごを皮ごとすりおろして朝食代わりに食べましょう。
朝にりんごをするのが面倒なら冷凍保存してストックしておくと便利。ジップ付きの袋に平らに詰めて冷凍庫に入れると1週間程度は食べられます。

シャーベット状のまま食べてもおいしいのですが、身体が冷えてしまうのであまりおすすめできません。ダイエットの置き換え食にする場合には、常温で解凍させてから食べてください。

まとめ

しめ

ちょっとしたアレンジをしていけば、楽しくダイエットを継続できそうだとは思いませんか。
りんごは年間通してスーパーで安く手に入る身近な果物です。
市販の置き換え食を購入するよりもずっと気軽にチャレンジできます。
始める前は不安でもチャレンジしてみると意外と続けられそう、と思う方が多いダイエット法です。
くれぐれも無理は禁物ですが、短期集中で痩せたいときにはぜひチャレンジしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

keisuke03

この人が書いた記事  記事一覧

  • 食べても痩せる?その秘密は代謝にあった!

  • 水泳ダイエットがすごい!?その驚くべき効果をまとめてみた

  • もうダメとは言わせない!食事制限ダイエットを成功させる3つのポイント

  • ウォーキングダイエットの効果をアップする?秘密の裏ワザ3選!