1. TOP
  2. 歯の白さはアメリカ人がお手本!全米で人気の4つの歯磨き粉をご紹介!

歯の白さはアメリカ人がお手本!全米で人気の4つの歯磨き粉をご紹介!

この記事のタイトルとURLをコピーする

アメリカのホワイトニングは進んでいる!

a4bed7078a594cf397884cf4f64981fe_s

日本でもホワイトニングは流行っていますが、アメリカではもはや身だしなみのひとつとも言えるほど定着しています。全米総人口の実に95%はホワイトニングの経験があるとも言われるほどです。

アメリカの歯科医院でのホワイトニングでは、日本の歯科医院で使われるものよりもさらに高濃度の薬剤を使用していることから、歯をしっかり白くすることができるとされています。

また、白い歯を身だしなみと考えているアメリカでは、自宅でのホワイトニングケアにも余念がなく、日常的にホワイトニング用の歯磨き粉などを使用しているようです。

アメリカの自宅のホワイトニングケア方法

9d31c702118f547fbb013a5e02810f0e_s

ホワイトニング歯磨き粉を使う

アメリカ人は歯科医院でホワイトニングで受ける人も大多数ですが、日常生活でも歯が着色しないように普段から歯のケアに注力しています。

そのため、ホワイトニングの歯磨き粉を使ったりしているわけですが、アメリカ人が使っている歯磨き粉はどれも日本で製造されるものより美白作用の高いようです。

ここでは、アメリカ人に人気の歯磨き粉を幾つか紹介します。日本でも購入できるものが多いので、気になったら購入の参考にしてみましょう。

クレスト BRILLIANCEBOOST

2
出典元:http://www.imgrum.org/tag/crest3dwhitetoothpaste

歯のホワイトニング商品として人気なのがクレストですが、BRILLIANCE BOOSTも注目の歯磨き粉です。

この歯磨き粉は、クレストの従来の製品と比べても歯の黄ばみなどの着色汚れを除去する成分の3倍もの量が配合されていると言われています。

ただ、この製品はホワイトニング専用の歯磨き粉として製造されているので、通常の歯磨き粉の主な役割である虫歯や歯周病を予防する能力は低いようです。そのため、クレストのBRILLIANCE BOOSTで歯を磨く前などに一度歯磨きをしておく必要があるかもしれません。

オパールエッセンストゥースペースト

3
出典元:http://www.sk-intl.co.jp/183_1153.html

歯のホワイトニング用の歯磨きというと、成分が強力で歯や歯茎に悪いんじゃないか、なんて気にする人も多いと思います。アメリカ人に人気とあると、さらに成分が強いのではないかと考えてしまうものですよね。

オパールエッセンストゥースペーストは、知覚過敏を防ぐためのフッ化ナトリウムや硝酸カリウムという成分が含まれているので、歯茎が敏感な知覚過敏の人も安心して使うことができると言われています。

しかし、歯に優しいとなると歯を白くする作用は低いんじゃ?なんて思う人もいるでしょう。一般に、歯のタンパク質の膜についた汚れは落ちにくく、歯が黄ばむ原因となってしまうのですが、オパールエッセンストゥースペーストに含まれる有効成分はこの黄ばみを分解してくれるので、汚れを除去する作用もあります。

さらに、歯を削ってしまう研磨剤も無配合なのも嬉しいポイントです。

スーパースマイル

4
出典元:http://40dai-antiaging.com/supersmile/

スーパースマイルは、日本の通販サイトでも人気が高い商品ですが、アメリカでもその評価はトップクラスです。

歯の研磨剤は含まれていますが、粗くなく粒子が細かいので、歯に与えるダメージは少ないとされています。

色素が沈着した歯の保護膜である「プロテインペリクル」を分解して剥がす独自の「カルプロックス」という成分を配合しているので歯の黄ばみなどを効率的に除去できる点が大きなメリットです。

ただ、プロテインペリクルを剥がしてしまうと歯がむき出しの状態になり、デリケートとなるので、着色しやすくなってしまいます。そのため、歯磨き後しばらくは飲食を控えたほうがいいでしょう。

テオデント

5
出典元:https://stylehaus.jp/articles/831/

テオデントは、ニューヨークタイムズやウォールストリートジャーナルなどの人気海外メディアで取り上げられた人気の歯磨き粉です。

一般的な歯磨き粉は清潔感をイメージさせるために白を基調としたパッケージが多いですが、テオデントは高級感のあるブラウンとゴールドの配色のパッケージとなっており、斬新なデザインが目を引きます。

テオデントは他の歯磨き粉と大きく違っており、含まれているのはフッ化系の成分ではなく天然カカオ由来のRENNOUという成分です。

フッ化系の成分は毒素を含んでいるので、誤って飲み込んだりすると体に悪影響なのですが、RENNOUの場合は植物成分なので体内に入れても問題ないとされています。飲み込んでも安全な歯磨き粉というのは、世界でも他に類を見ないほどの画期的なものなのです。

漂白シート

クレスト 3D ホワイトストリップス

1
出典元:http://miiya2012.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

歯磨き粉と同様に、アメリカで大きな人気を誇るアイテムがホワイトニングシートです。アメリカでの認知度はなんと100%とも言われ、まさに知らない人はいないほどの人気アイテムとされています。

漂白力の高い過酸化水素を10%も配合しており、歯に貼ることで歯を白くすることができるので、手軽なホワイトニング用品なのです。シートの粘着力も高いので、使用している間は普通に会話をしてもシャワーを浴びてもOKなので、手軽に使うことができます。

ただし、アメリカ基準で作られているので、少し成分が強いのが日本人にとってはデメリットでもあります。日本では過酸化水素は歯科医院でのホワイトニングにも使用されますが、濃度6%以上あるものが劇薬に指定されており、販売を禁じられています。

そのため、市販で購入することはできず、手に入れるとしたら輸入する必要があるのですが、使うときにも十分な注意が必要です。

その他の裏ワザ

ee3544826b7e0bd69e1effbb168db2b5_s

重曹を使う

日本でも少しずつ浸透してきている重曹による口内ケアですが、アメリカでは広く知られています。

重曹は炭酸水素ナトリウムという成分ですが、歯の着色汚れを除去する働きがあるので、水に溶かしてうがい用に使用したり、歯ブラシに振りかけて歯磨き粉代わりに使用する方法がおすすめです。

歯の再石灰化も助けてくれるので虫歯の予防にもなりますし、口臭予防にも効果的とされています。

ただし、重曹は研磨力が強いので、量を多く使いすぎないように気をつけてください。

バナナの皮を使う

なんとも驚きの方法ですが、バナナの皮にもホワイトニング作用があると話題になっています。

バナナの皮にはカリウムという成分が含まれていて、歯の表面についたステインという着色汚れを溶かして除去する働きがあるとされているのです。

やり方としてはバナナの皮の内側の白い部分で歯をこすり、そのまま10分ほど置いてから乾いた歯ブラシで再度歯を磨きましょう。バナナは食品なので歯にも負担がかからない上に、安価で手に入るので一石二鳥ですよね。

アメリカ流ホワイトニングの注意点

歯への負担は大きい

アメリカの法律と日本の法律は違うので、日本では禁止とされている濃度の薬剤も、アメリカでは市販品に使用することが許可されていたりします。

そのため、日本人が使うと歯に少なからず影響を与えてしまうこともあるので、商品を使用する際には細心の注意を払って行うことが大切です。少しでも歯に痛みや違和感を感じたら、すぐにやめて医者に診てもらうことを心がけておきましょう。

まとめ

いかがですか?アメリカはホワイトニングの本場と言われるだけあって、使っているアイテムも効果的なものばかりです。

日本人が使う際には刺激が強い成分が含まれていることもあるので、きちんと使用法を確認した上で、安全に使用することを心がけましょう。

注意点はありますが、正しく使うことができれば、毎日のケアがもっと楽しくなっちゃうこと間違いなしですよ♡

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!