1. TOP
  2. どれを選ぶ?ホワイトニングにかかる回数は3つの施術法によって異なる!

どれを選ぶ?ホワイトニングにかかる回数は3つの施術法によって異なる!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングは1回でOK?

歯を白くしたい時に利用するのがホワイトニングですが、市販のホワイトニングアイテムとは違って汚れを落とすだけではなく、脱色作用もあるのでしっかり歯を白くできます。

しかし、歯のホワイトニングは1回受けたらすぐに白くなるの?と疑問を抱く人もいるでしょう。ホワイトニングにはいくつか種類があり、方法によって白くなる度合いなども変わってくるので、自分にあった方法を選ぶようにするといいでしょう。

施術方法で異なるホワイトニングの回数

歯科医院で行うホワイトニングは、実は3種類あります。実際に歯科医院を訪れた際に迷ってしまわないように、まずはある程度どのようなものなのかを知っておくことが大切です。

歯科医院でのホワイトニングは、大きく分けるとオフィスホワイトニングホームホワイトニング、さらにこれらの2種類のホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングというものがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、一番浸透しているホワイトニング方法ではないでしょうか。歯科医院で歯科衛生士に歯に薬剤を塗ってもらい、ライトを照射して歯を白くする方法で、全てが歯科医院で済むので、楽で手間のかからない方法です。

自宅でのホワイトニングはなかなか続かないという人や、自分でホワイトニングのケアを行うのは面倒という人にはおすすめの方法です。ただ、いくつか注意点もあるので、きちんと確認しておきましょう。

高濃度の薬剤を使う

オフィスホワイトニングでは、高濃度の過酸化水素という薬剤を使用するために、しっかりと歯の着色を分解し、除去することで歯を白くすることができます。

過酸化水素は、歯についた着色を分解して除去するだけでなく、歯のエナメル質にあるエナメル小柱の形状を角状から球形に変化させる作用もあります。

エナメル小柱が球形になることで、光を乱反射させて歯を白く見せることができるのです。

ライト照射で薬剤の作用を高める

オフィスホワイトニングでは、歯に薬剤を塗った後に専用のライトやレーザーを照射して、薬剤の働きを強めてホワイトニングの作用を高めるのが一般的です。

ただ、歯科医院が採用しているホワイトニングシステムによっては、ライトやレーザーを照射しなくても歯を白くできるものを採用している場合があるので、詳しいことは歯科医院のホームページなどでチェックしてみましょう。

施術の際には、ライトの熱やホワイトニングの濃度の働きで痛みを感じることもあるので、注意が必要です。

1回の施術でも白くなるが、3〜4回がおすすめ

オフィスホワイトニングが、強力な薬剤を使用し、さらにその働きを強めるためのライト照射を行うので、1回の施術を行った場合にも歯の白さを実感できる場合が多く、歯の見本で見ると2〜4段階白さがアップするようです。

ただ、歯が白くなっても、1回の施術だけではすぐに色が戻ってしまう可能性が高いので、通常は3〜4回施術を重ねるのが一般的です。数回施術を行う際には、歯の回復を待つために1週間は間隔を開ける必要があります。

色の持続はしにくい

オフィスホワイトニングは、すぐに歯を白くすることができますが、一気に歯を脱色するので、その分色の戻りも早くなってしまいます。そのため、白さを持続させたいという人は別の方法を試した方がいいでしょう。

オフィスホワイトニングの持続期間はだいたい3ヶ月〜半年ほどと言われているので、白さを持続させるためには2ヶ月〜3ヶ月ごとに施術をし直す必要があります。

ただ、歯の白さが戻る前にホワイトニングを行うことで、初回のホワイトニング時より歯を白くすることもできるようなので、よりきれいな白い歯にしたい人は、しっかり定期的なケアをしましょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で施術をしてもらうわけではなく、専用の薬剤を処方してもらい、マウスピースを作ってもらった後は基本的に自宅でホワイトニングを行います。

自分で行うといっても、マウスピースにジェルを出してそれを歯に装着するだけなので手軽です。オフィスホワイトニングのように歯科医院に通院する必要もありませんので、歯医者に行くのが面倒だという人にもおすすめできる方法です。

低濃度の薬剤を使うので痛みにくい

通常、オフィスホワイトニングで使用するホワイトニング薬剤は、濃度が35%ほどの高いものを使用しますが、強力に歯に作用する分、口内への負担も大きくなってしまうので、薬剤が歯の内部に入り込んで神経に触れると痛みが出やすくなってしまいます。

しかし、ホームホワイトニングでは10〜21%ほどの比較的濃度の低い薬剤を使用するので、オフィスホワイトニングよりは歯の痛みを感じにくいのがメリットです。

ゆっくり白くするので即効性はない

ホームホワイトニングは、濃度の低い薬剤でじわじわと歯の着色を落としたり漂白していく方法です。そのため、歯への刺激は少ないですが、すぐに歯を白くすることはできません。

ホームホワイトニングで歯の白さを実感できるまでには、毎日一定時間の装着を守れば2〜4週間ほどと言われています。時間をかけてもいいという人にはおすすめですが、即効性を求める場合には、オフィスホワイトニングなどを利用した方がいいでしょう。

持続性がある

すでに紹介したように、ホームホワイトニングでは歯をすぐに白くすることはできません。しかし、ゆっくりと時間をかけて歯に薬剤を浸透させていくので、歯が白くなってからも歯の白さが持続しやすくなります。

持続期間はおよそ半年〜1年ほどと言われているので、1回ホワイトニングをしたらしばらくはもたせたいという人にはおすすめです。ただし、ホームホワイトニングも一定期間が経過すれば色が戻ってしまうので、白さを保ちたいなら定期的にホワイトニングをする必要があります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは魅力的だけれど、デメリットもあるし、2つのホワイトニングを一緒にできればいいのに!と思う人もいると思います。

そのような人には、デュアルホワイトニングがおすすめです。デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うので、その分得られる効果もぐっと高くなります。

最も早く白くなり、白さも長持ち

デュアルホワイトニングは、ホワイトニングの方法の中で、一番早く歯を白くすることができます。すぐに白くできると言われるオフィスホワイトニングでも、施術と施術の間は1週間空けなければならないので、しっかり白くするまで3〜4回施術を繰り返すとして、1ヶ月半〜2ヶ月ほどはかかるのです。

しかし、デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングの施術を受けた1週間後にホームホワイトニングを開始するので、だいたい1ヶ月ほどで「歯、白いね!」と言われるほどまで歯を白くすることができます。

また、ホームホワイトニングも行うので、早く白くできる上に白さも長持ちしやすく、1年ほどは持つようです。

費用が高い

デュアルホワイトニングは即効性も持続性もあるので、一見すると非常に魅力的な方法に見えます。もちろん、ホワイトニング作用の上では問題ないのですが、唯一のデメリットは費用がかかることです。

当然と言えば当然ですが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをダブルで行うわけですから、費用はこれらのホワイトニングの倍ほどかかります。

安くても5万円ほど、高いと10万円以上かかる場合もあるので、値段をしっかり確認した上でよく考え、施術を受けるようにしましょう。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングにかかる回数は、ホワイトニングの施術法によって様々です。自分がホワイトニングをする上でどのようなことを重視ししているかによって、方法を選ぶようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!