1. TOP
  2. なるべく時間をかけたくない、そんなあなたに!最も早く白くなるデュアルホワイトニングの魅力を大公開

なるべく時間をかけたくない、そんなあなたに!最も早く白くなるデュアルホワイトニングの魅力を大公開

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングって、時間がかかるの?

ホワイトニングをしたいという人はたくさんいると思いますが、ホワイトニングにはどれくらいの時間がかかるか、考えたことはありますか?

歯科医院で行うホワイトニングにはいくつか方法がありますが、一番短期間で歯を白くすることができるのは、デュアルホワイトニングという施術方法です。今回は、そんなデュアルホワイトニングについて紹介します。

短期間で白くなる、デュアルホワイトニングってどんなもの?

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用

デュアルホワイトニングは、歯科医院で施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、自宅でホワイトニングを行うホームホワイトニングを組み合わせた方法です。

二つのホワイトニングを一緒に行うので、それぞれのホワイトニングの方法のいいところを一気に受け取ることができます。では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはそれぞれどのようなものなのでしょうか。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、基本的には歯科医院で施術の全てを行う方法です。歯科医師や鹿衛士衛士に歯に薬剤を塗ってもらい、その薬剤の働きを高めるためのライトやレーザーを照射して歯の着色を強力なパワーで落とします。

歯科医院で行うので自分で行う手間はありませんし、プロに任せるので安心して施術を受けることができます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、「ホーム」と名前が付いている通り、ケアのほとんどを自宅で行う方法です。

初回は歯科医院でカウンセリングを受けたり、歯にジェルを塗るために装着するためのマウスピースをつける必要がありますが、あとは基本的には自宅で行うので、歯科医院に通院する必要はほとんどありません。

いちいち歯科医院に通うのが面倒という人にはおすすめの方法です。

芸能人並みの白さにできる

テレビを見ていると、ドラマに出ている俳優さんやバラエティー番組に出ているタレントさんは、歯が真っ白な人が多いですよね。芸能人にとって、印象を左右する歯の色には気を使うことは身だしなみのひとつなのです。

そのような芸能人の人も、デュアルホワイトニングをよく使用すると言われています。憧れの芸能人の真っ白な綺麗な歯の秘密は、デュアルホワイトニングにあるのです。

デュアルホワイトニングのメリット

早い期間で歯をはっきりとした白い歯にできる

デュアルホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングの中でも、最も早く歯を真っ白にすることができると言われています。

オフィスホワイトニングだけでも即効性はありますが、はっきりとした白さにするためには数回施術を行う必要があり、施術の間は1週間開けなければならないので、3回ほど施術を行うとしても1ヶ月半ほどかかるのです。

しかし、デュアルホワイトニングはまずオフィスホワイトニングをしてから1週間でホームホワイトニングを開始するので、ホームホワイトニングを2週間するとしても、およそ1ヶ月ほどで歯を白くすることができます。

色の持続期間が長い

ホワイトニングで歯を白くできても、白さが持続しないと残念ですよね。デュアルホワイトニングでは、オフィスホワイトニングの後にホームホワイトニングも行うので、歯を白くした後の持続期間も長くなります。

オフィスホワイトニングですぐに歯を白くできる上に、ホームホワイトニングをすることでさらに歯の白さも1年ほど持続するので、綺麗な白い歯を持続させたいという人にはおすすめです。

テトラサイクリン歯も白くできる

テトラサイクリンというのを知っていますか?テトラサイクリンというのは抗生物質の名前ですが、これを12歳の頃までに大量に摂取すると、歯が変色してしまうことがあります。

ホワイトニングでは変色した歯は白くできないものが多いのですがテトラサイクリンはデュアルホワイトニングであれば白くすることができると言われています。

デュアルホワイトニングのデメリット

施術中や術後に痛みが出ることが多い

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するので、歯を効率的に白くすることができますが、その分薬剤を使用する期間も長いため、薬剤による歯の痛みを感じやすくなるというデメリットがあります。

痛みが気になるという人は、別の方法を選んだ方がいいかもしれません。

費用は高額

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのいいとこ取りができるので、すぐに歯を白くできて、さらに歯の白さが持続するという大きなメリットがあります。

しかし、二つのホワイトニングを組み合わせるわけですから、当然施術費用も高くなります。だいたい、オフィスホワイトニングの倍ほどの金額を設定している歯科医院が多いようです。

食品に気をつけなければならない

ホワイトニングをした後は、ペリクルという保護膜が剥がれているので、歯がデリケートな状態になっています。ペリクルが再度形成されるまでは、色の濃い食品を摂取すると歯に着色しやすくなるので、口に入れるものには気をつけなければなりません。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを一緒に行うので、食事を制限しなければならない期間が長くなります。

デュアルホワイトニングのやり方

1.オフィスホワイトニングを受ける

デュアルホワイトニングでは、まず最初にオフィスホワイトニングを受けます。歯科医院で自分がどのくらい歯を白くしたいのかを歯の見本を見ながらチェックして、相談しながら決めていくのが一般的です。

その後は、歯科衛生士などに歯に薬剤を塗ってもらいオフィスホワイトニングを行います。

2.自宅でホームホワイトニングを開始

オフィスホワイトニングが終わったら、必要な薬剤を処方してもらったり歯のマウスピースを作成し、施術から1週間後にホームホワイトニングを開始します。

ホームホワイトニングは白くしたい度合いにもよりますが、だいたい2〜4週間継続して行うのが一般的で、歯科医院に定期的に行ってチェックしてもらう必要がある場合もあります。

1~2を数回繰り返す

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを1回ずつ行えば歯を白くすることはできますが、人によっては歯が白くなるまでに時間がかかることもあります。

その場合には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを数回繰り返す必要があります。後悔しないように、自分の望む白さになるまで続けるようにしましょう。

施術を受けられない人もいる

無カタラーゼ症の人

ホワイトニングは画期的な方法ですが、すべての人が施術を受けられるかと言うと、残念ながらそうではありません。

体内に過酸化水素を分解するカタラーゼという成分が不足している無カタラーゼ症の体質の人は、過酸化水素や過酸化尿素を使用するホワイトニングを受けると危険なので、受けることができません。

無カタラーゼ症の人は、別の方法を使って歯を白くするようにしましょう。

妊娠・授乳中の人

歯科医院では、妊娠中や授乳中の女性にもホワイトニングを断っているところがほとんどです。ホワイトニングで使用する薬剤が妊婦や母親、胎児や赤ちゃんなどに影響を与えるという根拠はありませんが、強力な薬剤であることに変わりはないので、歯科医院では施術を断るようにしているのです。

まとめ

いかがですか?デュアルホワイトニングについて、よく知らなかったという人も多いのではないでしょうか。画期的な方法ですが注意点もあるので、しっかり確認した上で施術を受けるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!