1. TOP
  2. 副作用で痛みが出る?ホワイトニングは術前・術後のケアが大切!

副作用で痛みが出る?ホワイトニングは術前・術後のケアが大切!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングで歯を白くしたい!

歯科医院の施術の一つであるホワイトニングは、笑顔の魅力をぐっと上げて印象をよくするために効果的な方法です。定期的にケアとして施術を受けているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、ホワイトニングをする際には、いくつか注意点があります。中でも特に気をつけなければならないのが、ホワイトニングの「副作用」です。では、ホワイトニングで気をつけるべき副作用とはどのようなものなのでしょうか。

ホワイトニングで痛みが出ることもある

副作用というと何か深刻なことのように感じますが、そこまで重いものではありません。ホワイトニングをすると、歯に痛みが出ることがあり、これがホワイトニングをする上で懸念となる点です。

ただ、副作用と言っても、体調が悪化するとか、体に害が出るものではなく、痛みは24時間以内にはおさまると言われています。では、なぜホワイトニングをすると歯に痛みが出てしまうのでしょうか。

痛みの理由は使用する薬剤

過酸化水素

過酸化水素は、主に歯科医院で行うオフィスホワイトニングで使用する薬剤です。これは劇薬指定もされている濃度の濃い薬剤なので、基本的には歯科医師や歯科衛生士など、歯の国家資格を持っている人以外は取り扱うことはできません。

濃度が高い薬剤であるため、歯の漂白力も高く、1回施術を行うだけでも歯の白さを実感できると言われていますが、その分歯への影響も大き胃の注意が必要です。

過酸化尿素

過酸化尿素は、自宅でケアを行うホームホワイトニングで主に使用されます。過酸化尿素は自然分解して過酸化水素と尿素に分解するので、基本的な歯への作用は過酸化水素と変わりませんが、過酸化水素の濃度は弱くなります。

そのため、オフィスホワイトニングで使用する過酸化水素よりは歯への痛みが出にくいですが、それでも歯や口内の状態によっては痛みが出ることもあるので注意が必要です。

薬剤がしみやすくなる理由とは?

虫歯がある

虫歯があると、歯の表面にあいた虫歯の穴から薬剤が歯の内部に入り込み、歯の表面のエナメル質の下にある象牙質に包まれた歯の神経まで達して痛みが出やすくなります。

そのため、虫歯がある場合には、基本的に歯科医院では治療を優先されます。痛みなくホワイトニングの施術を受けるためにも、虫歯がある場合には自分から歯科医師などに相談してみるといいでしょう。

知覚過敏である

冷たいものを食べた時に、歯がしみたりする人も多いと思います。これは知覚過敏と行って、歯のエナメル質が削れたりしていて痛みが神経に伝わりやすくなっているために起こります。

知覚過敏の状態でも、ホワイトニングに使用する薬剤は歯の神経に触れやすくなるので、痛みを感じやすくなります。日頃から知覚過敏のような症状がある人は、きちんとケアをしておくことが大切です。

歯の表面に傷がある

見た目ではわかりませんが、歯の表面に小さな傷がある場合も、そこからホワイトニングの薬剤が内部に入り込んで神経まで届いて痛みが出てしまうことがあります。

歯の表面の傷は、日頃の歯みがきの力が強すぎたり、歯ぎしりをすることで無意識についてしまうことがあります。エナメル質は基本的には強固なものですが、傷がつきすぎるとダメージとなってしまうので気をつけてください。

薬剤の塗布時間が長い

ホワイトニングに使用する薬剤は、劇薬指定もされているほど強力なものです。そのため、歯に塗っている時間が長くなると、その分強く働き過ぎてしまい、歯の痛みへと繋がってしまいます。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングではプロに施術をしてもらうのでそこまで心配する必要はありませんが、自宅で行うホームホワイトニングは、決められた時間以上歯に薬剤をつけておかないように気をつけることが大切です。

ホワイトニングによる痛みをケアしたいなら

濃度の低い薬剤に切り替えてもらう

知覚過敏などの症状がすでにあって悩んでいる人は、歯に薬剤を使用した際に痛むのではないかと不安になりますよね。痛みは一過性のものなので術後しばらくすればおさまることがほとんどですが、どうしても怖いという場合には、歯科医院で相談し、濃度の低い薬剤を使用してもらうなどで対処しましょう。

ただし、濃度の低い薬剤だと、その分ホワイトニングの作用も弱まるので、思ったより白くならなかったり、白くなるまで時間がかかったりすることもあるので注意が必要です。

知覚過敏用の歯みがき粉を使う

歯の日々のケアとして歯みがきは欠かせないものですが、せっかくホワイトニングによる歯の痛みが気になるという人は、知覚過敏用の歯みがき粉を使うのがおすすめです。

知覚過敏用の歯磨き粉には、硝酸カリウムなどの成分が配合されており、歯の神経の周りにバリアを作って、刺激が神経に伝わるのを防ぐ働きがあります。そのため、ホワイトニング薬剤による刺激が伝わりにくくなり、痛みが出にくくなるのです。

薬剤を使用しないホワイトニング方法を試す

ホワイトニングといえば、歯科医院で行うものが一般的ですが、強力な薬剤を使用しなくてもホワイトニングケアができるお店や商品は他にもあります。

歯に薬剤がしみるのが気になるという人は、過酸化水素や過酸化尿素を使用する歯科医院でのホワイトニングではなく、市販のアイテムや医療機関でないホワイトニング店を利用してみるといいでしょう。

セルフホワイトニング専門店

セルフホワイトニング専門店は、薬剤を使用せずに歯のホワイトニングができる画期的なお店です。医療機関ではなく、スタッフは国家資格を持っているわけではないのでお客さんの口内を触ることはできないので、基本的には自分でケアを行うことになります。

歯を漂白する作用はないのであくまでも歯についた着色や汚れを除去する程度ですが、自然な白さにしたいという人にはおすすめです。

ホワイトニングペン

ホワイトニングペンは、亜塩素酸ナトリウムという成分が配合された液を歯に塗ることによって、歯の汚れを分解して除去することができるホワイトニングケアアイテムです。

ペン型になっていて塗りやすいので、日常的にホワイトニングのケアをしたいという人におすすめなので、試してみてください。

歯の消しゴム

歯の消しゴムは、研磨剤の入ったシリコンゴムで歯をこすることによって、歯についた汚れや着色を削り落とす作用のあるアイテムです。手軽に使える上に価格もお手頃なので、自宅で簡単にホワイトニングケアをすることができます。

適切に使用すれば効果的なアイテムですが、歯をゴシゴシと強くこすりすぎてしまうと、歯自体も削ってしまい、着色しやすくなってしまうので注意が必要です。

ホワイトニング用歯みがき粉

虫歯や歯周病をケアするために、毎日歯みがきを行うのは非常に重要ですが、ホワイトニングをしたいと考えているのなら、ホワイトニング用の歯みがき粉を使用するのもいいでしょう。

歯の着色などを分解して落とすための成分が配合されていたりして自然な白さにするにはおすすめの方法ですし、通常の歯みがき粉同様に虫歯や歯周病を予防することができる成分も配合されているものがほとんどです。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングで歯を白くしたいと思っても、その際に痛みが伴うと辛いものです。しっかりとした適切な歯の痛みのケアをして、明るく輝く白い歯を手に入れましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!