1. TOP
  2. 施術と市販はどっちがいい?ホワイトニングは自分に合った方法で選ぼう!

施術と市販はどっちがいい?ホワイトニングは自分に合った方法で選ぼう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

歯のホワイトニングの方法は様々

歯のホワイトニングをしたいと思ったら、どのような方法をとりますか?多くの人が最初に思いつくのが、歯科医院でのホワイトニングではないでしょうか。

ホワイトニングというとやはり歯科医院でのホワイトニングが一般的ではありますが、これに限らずホワイトニングの方法はたくさんあります。

では、どのような方法があるのでしょうか。今回は、歯のホワイトニング方法を紹介するので、自分のやりたいものを選んでみるといいでしょう。

歯科医院・サロンでのホワイトニング

歯科医院

ホワイトニングといえば大多数の人が思い浮かべるのが、歯科医院で施術を受けるものでしょう。もちろん、歯科医院は歯の専門店でもありますから、そこで行うホワイトニングが一番オーソドックスな方法と言えます。

しかし、一口に歯科医院でのホワイトニングと言っても、方法は一つだけではないことは意外と知られていないものです。

歯科医院で行うホワイトニングは大きく分けて2つあるのですが、それぞれやり方や向き不向きがありますので、チェックしてみましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科衛生士が専用の薬剤を口の中に塗布してライトを照射して行う施術です。これをいわゆる一般的な「ホワイトニング」として認識している人も多いのではないでしょうか。

歯科医院で歯科衛生士がプロの手で行うので安心ですし、自分で行うホワイトニングは不器用で不安が残るという人にはおすすめの方法です。

また、オフィスホワイトニングは強力な薬剤を使用するので、1回でも歯をはっきりとわかるほど白くすることができると言われています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングも歯科医院で行うホワイトニングですが、こちらは自分で行うホワイトニングです。自分で行うというと不安だという人も多いと思いますが、しっかりと歯科医院でカウンセリングや説明を受けた上で行うので、安心して行うことができます。

ホームホワイトニングでは、歯科医院でカウンセリングの上処方してもらう薬剤の入ったジェルを、こちらも歯科医院で作成してもらったマウスピースに塗って歯に装着して行います。装用は1日2時間程度で、外した後のマウスピースはしっかり洗って厳重に保管することが大切です。

ホワイトニングサロン

ホワイトニングは、歯科医院などの医療機関でなくても、行うことができます。最近流行っているのが、ホワイトニングの専用サロンやセルフホワイトニングサロンと呼ばれるものです。

こちらは歯科医院ではなく、歯科衛生士などの専門家がいるわけではないので、お客さんの口の中を触ることが禁じられているため、原則自分で行います。

また、ホワイトニングに使う成分も歯科医院で使うような強力な薬剤は使用できないため、市販品などにも配合される、歯の汚れや着色を落とす程度の成分の配合にとどまっているのです。

そのため、歯科医院で行うホワイトニングのように元の歯の色よりさらに白くすることが難しく、歯の着色を落として自然な白さに戻す程度となります。

市販品を使うホワイトニング

歯科医院やサロンに行かなくても、市販のホワイトニング用アイテムを使えば、手軽に自宅で歯の美白ケアができます。

ただ、歯のホワイトニングはホワイトニングサロンと同様に、歯科医院で使用するようや漂白力の強い薬剤は配合できないので、こちらも歯の着色を落として自分の本来の歯の色を取り戻す程度です。

歯みがき粉

歯磨き粉は、基本的には歯の汚れを落として、口の中をきれいにすることで、虫歯や歯周病を防ぐために使うものですが、最近ではホワイトニング歯みがき粉も主流になってきています。

ホワイトニング用の歯みがき粉は、歯の汚れや着色を防ぐための成分や、ついてしまった着色を剥がして落とすための成分が配合されているので、歯の着色を予防・改善するための歯みがき粉です。

ただ、基本は歯みがき粉なので、ホワイトニング作用だけでなく、従来通りの虫歯や歯周病を防ぐための働きも兼ね備えているものがほとんどです。

歯みがきジェル

歯みがきジェルは、歯の汚れを落とすための効果的な成分を豊富に配合しており、歯を自然な白さにすることができるとされているホワイトニング用ジェルです。

歯の白さが印象アップにもつながる芸能人たちの多くも愛用しているもので、ブログなどでも度々紹介されています。

ただ、こちらはホワイトニング専用のジェルなので、あらかじめ歯みがきをしてからさらにジェルで歯を磨く必要があり、少し手間がかかります。また、費用も高額で、1万円近くするものもあります。

面倒くさがりの人は、まずはホワイトニング歯みがき粉を使用して余裕がありそうならホワイトニングジェルを使うといいでしょう。

歯のマニキュア

歯のマニキュアは、歯を磨くタイプのホワイトニング商品とは異なり、歯に白い塗料を塗ることによって歯を白くする、化粧品に近い商品です。

歯に色を塗ることになるので、歯科医院でのホワイトニングでは白くできない銀歯や差し歯などの人工的な歯も白くできますし、神経を抜いてしまった歯も白くできます。

歯みがきをすることで落とすことができるとされていますが、使用者からは落としにくいと言う声もあり、落とし残しがあると着色や汚れがつきやすくなってしまうので注意が必要です。

歯のホワイトニングペン

歯のホワイトニングペンは、亜塩素酸ナトリウムという成分が含まれたジェルを塗ることで、歯の汚れを浮かせて落とし、自然な白さに戻すことができるとされているアイテムです。

亜塩素酸ナトリウムは漂白剤の一種ですが歯科医院で使うようなホワイトニング用薬剤よりは作用が弱いので、食品などにも使用されることがある添加物でもあります。

ただ、大量に摂取すると危険な成分ともされているので、1回で多くの量を使用しないように気をつけましょう。

歯のホワイトニング消しゴム

歯のホワイトニング消しゴムは、研磨剤が含まれたシリコンゴムで歯をこすることによって、歯についた着色や汚れを研磨剤が削り落として歯を自然な白さにすることができる商品です。

最近では先が尖った歯間用に使えるものも増えていて、使いやすさは抜群ですが、こすりすぎると研磨剤によって歯の表面が削れてしまうこともあります。

ゴシゴシとこすらず、あくまでの歯の汚れを落とすために優しく丁寧にこすることが大切です。

ホワイトニングする際のポイント

自分に合った方法を見つける

ホワイトニング方法は、たくさんあるので好きなものを選ぶことができますが、紹介したようなポイントを参考に、自分に合う方法を選ぶことが大切です。

歯をしっかり白くしたいなら歯科医院でのホワイトニングがおすすめですし、そこまで白くしなくてもいいから歯に負担をかけずにケアしたいという場合には、市販品によるケアの方がいいでしょう。

メリット・デメリットを考慮する

歯のホワイトニングは、非常に魅力的な方法ではありますが、その分歯に負担がかかったり、方法によっては費用がかかったりするなどのデメリットもあります。

後で後悔しないためにも、しっかりとメリット・デメリットを考慮して、方法を選択するようにしてください。

まとめ

いかがですか?一口にホワイトニングと言っても、その種類は実に多種多様です。

大切なのは自分に合っている方法を選べるかどうかなので、まずはそれぞれのホワイトニングの方法のポイントをしっかり押さえるようにしましょう。


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!