1. TOP
  2. 使ったことある?歯のマニキュアは手軽だけどデメリットもたくさん!

使ったことある?歯のマニキュアは手軽だけどデメリットもたくさん!

この記事のタイトルとURLをコピーする

歯のマニキュアって何?

歯を白くしたいと思ったら、ホワイトニングを利用する人が多いと思いますが、市販のアイテムでもホワイトニングを行うことができます。

しかし、市販品は歯の汚れを落として自然な白さにするものがほとんどで、汚れを落として白くするまでに時間がかかるのも事実です。

ただ、中には「歯のマニキュア」という商品があり、これは歯に塗料を塗ることで歯を白く見せることができるという画期的なアイテムです。

歯のマニキュアがおすすめな人

歯科医院でのホワイトニングは高くて手が出せない人

歯科医院で行うホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素などの強力な漂白力を持つ薬剤を歯に塗ることで歯を脱色し、白くする方法です。

そのため、歯をしっかり白くしたい場合にはおすすめの方法なのですが、保険診療ではないので、費用が高額なのが大きなデメリットでもあります。

しかし、歯のマニキュアなら市販品なので、1000円以下で買えるものがほとんどです。そのため、歯科医院で行う歯のホワイトニングには高くて手が出せないという人にはおすすめです。

イベントを間近に控えている人

結婚式などの大きなイベントを控えていて、すぐにでも歯を白くしたいという時もありますよね。写真を撮る機会の多い行事の場合は、なるべく歯を白く見せて印象良く写りたいものです。

歯科医院でのホワイトニングは高額なのでなかなかすぐに受けようという気にはなれませんし、歯の汚れを除去する作用のある市販の歯磨き粉などでも、自然な白さにできるまでには時間がかかります。

歯のマニキュアは、歯の表面に塗るだけなので、当日に買いに行っても間に合いますし、時間がないという人にはおすすめです。

銀歯や差し歯がある人

歯の治療などで、大きな虫歯を治療した人などは、銀歯の被せ物をしたり、差し歯に変えたなんて言う人も多いと思います。

残念ながらこれらの歯は、自然な歯にのみ効果的に働くとされる歯科医院でのホワイトニングでは白くすることは難しいと言われています。そのため、ホワイトニングをしても、その部分だけ色が変わらなかったり、差し歯の色とホワイトニングした歯の色と少し差が出てしまって不自然に仕上がるということも珍しくありません。

しかし、歯のマニキュアは、歯の表面に白い塗料を塗るので、銀歯でも差し歯でも白くすることできます。

ホワイトニング薬剤の刺激が心配な人

歯科医院でホワイトニングを受ける場合、強力な薬剤を使用するために、歯の表面の小さな傷などから薬剤が歯の内部に入り込むと、神経まで届いて歯がしみるような痛みを感じることがあります。この痛みは一過性のものなので丸一日ほど経てばおさまる場合がほとんどですが、それでもできれば痛まない方法がいいですよね。

歯のマニキュアは、強力な成分を配合していないので歯に浸透したとしても痛みが出ることはありません。歯科医院でのホワイトニングの痛みが不安という人は歯のマニキュアを試してみるといいでしょう。

歯のマニキュアの使い方

ボトルタイプ

歯のマニキュアは2タイプの商品が販売されていますが、一般的に多く出回っているのは、爪に塗るマニキュアと同じようなボトルタイプです。

ボトルタイプのマニキュアは、まず歯をしっかり磨いて汚れを落としてから、歯への密着度を高めるために歯の表面の水分を拭き取って、そこに液の量を調節しながら塗っていきます。

全ての歯に塗り終わったら、10秒ほど待って乾かせば完了です。

液のつけすぎに注意

ボトルタイプの歯のマニキュアの場合には、液のつけすぎに注意が必要です。液をたっぷりブラシにつけた状態で歯に塗ってしまうと色ムラができてしまったり、溢れたマニキュア液が歯茎や唇までついてしまう可能性が高くなります。

歯茎や唇についてしまうと、見栄えも悪くなってしまいますし、落とすのも大変になってしまうので、塗るときは少しずつ状態を見ながら塗っていくようにしましょう。

薄づきの場合は重ね塗りを

マニキュアは塗るときにもコツがいり、丁寧に塗らなかったり液の量が多いとはみ出してしまうこともあるので大変なので、少しずつ塗っていくことが大切です。

ただ、少しずつ塗っていくと、塗り終わった後に薄づきであまり白さを感じられないということもあると思います。その場合は数回重ね塗りをすれば綺麗な白さになります。

ただ、重ね塗りをするときにも、色ムラにならないように気をつけながら塗るのが大切です。

ペンタイプ

歯のマニキュアはボトルタイプが一般的ですが、ペンタイプの商品もあります。ペンタイプはペンのような形状になっているので、ボトルタイプよりも塗りやすいのが大きなメリットです。

塗り方としてはボトルタイプとほとんど変わらず、歯を磨いて表面の水気を拭き取り、液を少しずつ歯に塗っていく点は同様です。ただ、乾かすのに少し時間がかかり、15秒ほど待つ必要があります。

マニキュアとしての作用は大きくは変わらないので、自分の使いやすい方を選ぶといいでしょう。

歯のマニキュアのデメリット

白さは持続しない

歯のマニキュアは、歯に塗料をぬ塗るものなので、当然のことながら、時間が経てばはがれやすくなります。

歯科医院で行う歯のホワイトニングのように歯を脱色するものでもなく、市販の他のホワイトニングアイテムのように歯の汚れを落とすものでもないので、基本的には持続時間は12時間ほどです。

また、塗ったらそのうち落ちるというものではないので、1日の終わりにはしっかり歯みがきをして落とす必要があります。

色むらになりやすい

歯のマニキュアは、歯に色を塗っていくものなので、塗り方には少しコツがいります。

マニキュアや歯のマニキュアを使い慣れている人でも、綺麗に塗るのはなかなか難しいことが多いようです。歯の表面に均一に塗ることができないと、色にムラが出てしまったりして綺麗に見えないこともあるので、まずは少しずつ塗って、調整していくようにするのがいいでしょう。

噛み合わせる部分には塗ることができない

歯のマニキュアは一見すると歯を効率的に白くできるので非常に魅力的に思えます。

ただ、歯のマニキュアは基本的には歯の表面に塗るものなので、歯の噛み合わせ部分や歯間には使えないものです。無理に塗ろうとすると非常に難しく、はみ出して歯ぐきにつきやすくなってしまうので控えた方がいいでしょう。

歯のマニキュアは歯の表面にしか塗れないので、口を開いたときなどには噛み合わせ部分との色の差で不自然さが出てしまうこともあります。

歯茎や唇につくと落としにくい

歯のマニキュアは爪などよりも範囲の狭い歯に塗ることになります。そのため、うまく塗らないと歯をはみ出して歯茎や唇についてしまうことがあります。

唇や歯茎などの柔らかい部分に付着すると、歯についたものよりも落とすのが大変なので、注意必要です。歯茎についたものを歯ブラシなどでゴシゴシ擦ろうとすると、傷をつけてしまう可能性も高くなるので、気をつけましょう。

落とし残すと汚れがつきやすい

歯のマニキュアは、基本的には歯みがきをすれば落とすことができるとされています。

ただ、完全に全てを落とすのは非常に難しいと言われており、落とし残した部分には汚れや着色がつきやすくなってしまうと言われているので、注意が必要です。

歯のマニキュアを塗った日に歯みがきをする際には、いつもよりも念入りにするようにして、完全には難しくても、なるべくしっかり落とせるようにしましょう。

まとめ

いかがですか?歯のマニキュアは歯の表面に塗るだけの手軽なアイテムですが、塗るときや落とすときには少し手間がかかったり、綺麗に塗らないと色ムラができるなどのデメリットもあります。

しっかりとデメリットも確認した上で、使い方をきちんと守って使うようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!