1. TOP
  2. 歯科医院でのホワイトニングは3種類!持続期間と即効性、どっちで選ぶ?

歯科医院でのホワイトニングは3種類!持続期間と即効性、どっちで選ぶ?

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングはすぐできる?

歯の黄ばみが気になったら、ホワイトニングを考える人も多いと思います。でも、イベントを控えていたりして、あまり時間がない場合、ホワイトニングですぐ白くできないと困る!という時もありますよね。

歯科医院で行うホワイトニングは、3種類ありますが、それぞれ特長も難点も違っているので、自分の希望に合わせたものを選ぶことが大切です。

今回は、3パターンのホワイトニングの特徴と、効果を長持ちさせるためにケア方法を紹介します。

ホワイトニングの種類別のポイント

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、多くの人が「ホワイトニングといえばこれ」と認識しているものだと思います。

歯科医院で歯科衛生士が歯に薬剤を塗り、その後薬剤を活性化させるためのライトを照射して歯の着色や汚れをしっかり落として、歯をきれいに白くすることができる方法です。

歯科の専門資格を持ったプロに施術を行ってもらうので安心して受けることができるので、ホワイトニングの方法の中でも人気が高く、多くの人が利用しています。

即効性がある

ホワイトニングをする時というのは歯が黄色くなってきたからケアをする目的もありますが、結婚式などの大切なイベントが控えていて、すぐにでも歯を白くしたいという人もいると思います。そのような時には、オフィスホワイトニングはおすすめできます。

オフィスホワイトニングでは、漂白力の高い強力な薬剤を使用するので、1回の施術でも歯の見本で1〜2段階ほど歯を白くすることができると言われています。

ただ、1回施術をしただけだとすぐに色が戻ってしまう可能性が高いので、3〜4回、繰り返す人が多いようです。

効果は持続しにくい

オフィスホワイトニングは、数回行うだけでしっかり歯を白くすることができるので人気の方法です。

ただ、強力な薬剤を使って一気に歯を白くするので、その分色が戻るのも早く、早ければ3か月、長くても半年ほどしか白さが持続しないと言われています。

そのため、なるべく長く歯の白さをもたせたいという人は、オフィスホワイトニングではなく、別の方法を試した方がいいでしょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングのように歯科医院で施術をしてもらうのではなく、自宅で歯に薬剤をつけて行うホワイトニング方法です。

歯科医院で最初に簡単なカウンセリングを行ったら、薬剤を処方してもらい、マウスピースを作ってもらってから自宅でケアを行います。

自宅で好きな時間にできるので、歯科医院に通う手間がかからず、自分の好みの白さになるまで何度でも繰り返すことができる点がメリットです。

白さは長続きしやすい

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比べると白さが比較的長続きします。

マウスピースにジェルを塗って、これを歯に装着して2時間薬剤を染み込ませて、これを2〜4週間続けることで歯に薬剤を浸透させてホワイトニングをするわけですが、時間をかける分、その働きも続きやすくなるというわけです。

白さはだいたい半年〜1年ほど続くと言われているので、できるだけ白さを持続させたいという人にはおすすめです。

すぐに白くはならない

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングで使用するものよりは少し弱めの薬剤が配合されたジェルを塗るので、その分1回あたりのホワイトニング力は弱めです。

歯に負担にならないように1日2時間程度を2〜4週間続けることでようやく白さが実感できるようになるので、即効性を求める人には不向きです。

また、マウスピースはデリケートなものですし、薬剤は小さい子供やペットがいる場合は危険物ともなるので、保管場所に気をつけなければなりません。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニング方法です。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをダブルで行うことができるので、二つの施術法のいいとこ取りができる点が大きなメリットです。

デュアルホワイトニングは印象が大切な芸能人などもよく使用するほど効果的な方法ですが、メリットが大きい分デメリットももちろんあるので、よく考えた上で使用するようにしましょう。

最短で白くできる

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングを数回行い、さらにホームホワイトニングも2週間ほど行うので、人から「歯、白いね!」と言われるようなレベルになるまでには、あまり時間がかかりません。

およそ1か月ほど経過すると、芸能人のような真っ白な歯にすることができると言われています。

オフィスホワイトニングはすぐに白くなると言われていますが、真っ白な歯にするためには5回ほどかかると言われており、施術と施術の間は歯の保護膜の回復などを考えて1週間ほど開ける必要があるので、少なくとも1か月半くらいはかかります。

またホームホワイトニングでは、歯が白くなるのを実感できるのは2〜4週間ですが、はっきりとした白さにするためには2〜3か月かかることもあります。

そのため、最短で白くしたい場合には、デュアルホワイトニングがおすすめなのです。

持続期間も長い

デュアルホワイトニングは、ホームホワイトニングも行うので、オフィスホワイトニングの即効性と、持続力の高さも大きなポイントとなっています。

ホワイトニングはすぐに歯を白くできる上に、ホームホワイトニングと同様に1年ほどは歯の白さが続くと言われています。

唯一のマイナスは価格が高いこと

デュアルホワイトニングは、すぐに歯を白くすることができる上に、歯の白さも1年ほど持続すると言われていおり、一見するといいところばかりなような感じがします。

もちろん、ホワイトニングの作用としてはこの上ないほど効果的な施術法なのですが、その分料金も高くなります。

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも健康保険が適用されないので、安くても1万円以下のところはほとんどなく、高いと5万円ほどかかるところもあります。

これだけでも十分高価に感じますが、デュアルホワイトニングは、この2つを融合して行うので、さらに価格が高くなり、10万円以上かかることも少なくありません。

効果を持続させるためには日頃のケアも大切

歯みがきを徹底する

せっかくホワイトニングの施術を受けても、日頃のケアをきちんとしていなければ、目安となる持続期間より早く色が戻り始めてしまう可能性も高くなります。

逆に言えば、しっかりとホワイトニング後のケアをしておけば、ホワイトニングの施術の効果も長続きさせやすくなるのです。

ホワイトニングのケアで最も大切なのが、歯みがきです。歯に食べかすなどが付いたままだと歯垢ができてしまい、放置することでさらに厄介な歯石になってしまいます。

歯石がつくと歯が黄色く見えてしまうので、普段からホワイトニング用の歯みがき粉などを使ってケアをしておくことが大切です。

着色しやすい食品や飲み物は控える

食品の中には、色素によって歯を黄色く着色させやすくしてしまうものもあります。

特に気をつけたいのが色素の濃い飲食物で、コーヒーや紅茶などの飲み物や、カレーなどの食品には注意が必要です。日常的に飲んでいる人は少し回数を減らしてみたり、控えた方がいいかもしれません。

また、ホワイトニングの直後は強力な薬剤によって歯の保護膜が剥がれているので、いつもより歯がデリケートで着色しやすくなっています。

そのため、オフィスホワイトニング後は24時間ほど、ホームホワイトニング後は1時間経つまでは保護膜が再生されないので色の濃いものの摂取は厳禁です。

歯のクリーニングを行う

歯についた歯垢は、歯みがきをしっかり行っていれば落とすことができますが、歯垢が残ったまま放置されてしまうと、1日〜2日で歯石に変わってしまいます。

歯石は、歯垢が集まって硬くなったもので、歯みがきで落とすことはできません。どんなに頑張って歯みがきをしても歯石がたまるのを完全に防ぐことは難しいので、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けて、歯石を除去してもらうようにしてください。

歯石がつくと歯が黄色く見えてしまいやすくなるので、歯石のケアをすることで、歯のホワイトニング効果も持続しやすくなります。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングには3種類あり、持続効果があるものやないもの、即効性があるものとないものは様々です。

自分が希望しているものにあった方法を選んで施術後のケアも怠らず、歯のきれいな白さを長続きさせるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!