1. TOP
  2. 人気モデルも愛用中!話題のホワイトニングパールホワイトってどんなもの?

人気モデルも愛用中!話題のホワイトニングパールホワイトってどんなもの?

この記事のタイトルとURLをコピーする

出典元:http://lineblog.me/funayamakumiko/archives/1054547172.html

歯磨きで歯を白くできるの?

fc3e2767f802b7a75cac6bd2b92242aa_s

歯の黄ばみが気になってきた……なんて時、どうしていますか?

コーヒーや紅茶などの飲み物は美味しいけれど、日常的に飲んでいるとだんだん歯に色がついて黄ばみやすくなるのが難点ですよね。ホワイトニングに行くのは面倒だし、自宅で手軽にケアできればいいのに……なんて思ってしまう人もいると思います。

最近では美白用の歯磨き粉も販売していますが、どれを選んだらいいのかわからないと悩むこともあるでしょう。

歯磨き粉には研磨剤が入っていて、なんとなく歯に悪い気もしちゃいますよね。では、どのようにして歯磨きアイテムを選べばいいのでしょうか?

薬用のパールホワイトがおすすめ

薬用パールホワイトという商品を知っていますか?

あまり聞きなれないという人も多いと思いますが、薬用パールホワイトは人気モデルのくみっきーこと舟山久美子さんや鈴木奈々さんなど、多くの芸能人が使用していることでも話題になっている商品なのです。

歯をしっかりと磨くことができるので、着色などで汚れてしまった歯も綺麗に白くできると人気の商品で、口コミでも注目を集めています。

パールホワイトのポイント

2

出典元:http://ameblo.jp/gallyday/entry-12230783600.html

ホワイトニング成分を贅沢に配合

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌力の高い成分です。一般的には、肌に発生するアクネ菌なども殺菌できるので、ニキビケアの商品などにも使用されることがあります。

パールホワイトはホワイトニングジェルではありますが、ホワイトニング作用だけでなく、歯磨き用のジェルである以上は口内の状態をきちんと整えることが大切です。

イソプロピルメチルフェノールが歯周病の巣までしっかり入り込んで殺菌してくれるので、歯周病予防にもつながり、口内環境が整います。その結果、健康的なピンクの歯茎に導いてくれるのです。

メタリン酸ナトリウム

メタリン酸ナトリウムは、聞いたことがないという人も多いと思いますが、実は食品にも含まれている添加物の一種なのです。

聞き慣れない名前に不安を感じ、「本当に大丈夫なのかな?」と思う人もいるかもしれませんが、医薬部外品などにも使用を認められている安全性の高い成分でもあります。

主にステインの除去に効果的に働くので、コーヒーや紅茶を飲むことでできた歯の黄ばみなどの改善に役立つ成分です。

ポリリン酸ナトリウム

ポリリン酸も、主に食品の変色を防ぐために用いられる食品添加物として有名な成分です。科学的な薬剤で、体内に悪影響なんじゃ……?なんて思ってしまう人もいると思いますが、その心配はありません。

ポリリン酸ナトリウムは元々人の体内に存在している成分なので、外部から摂取しても体に悪影響を及ぼす危険性は低いでしょう。

しっかりと着色汚れを落としてくれるので、綺麗で健康的な白い歯に導いてくれます。

DL-リンゴ酸

DL−リンゴ酸とはその名の通り、リンゴから発見された成分です。pH緩衝能力が高いとされ、pH値が変化することによって物質が変色するのを防ぐとされているため、pH調整剤として食品に添加されることもあります。

DL-リンゴ酸は、コーヒーや紅茶などによって歯についてしまった着色汚れの隙間から入り込んで、汚れを浮き上がらせて除去する働きがあり、有能な成分です。

歯に使うことで着色汚れはもちろん、色素の沈着や黄ばみなどを解消することもできるとされています。

研磨剤不使用

通常、歯磨き粉やホワイトニング用の歯磨き粉には、研磨剤というものが含まれています。研磨剤は歯の表面を削るので、それによって汚れが剥がれ落ち、歯を白くすることができるようです。

しかし、歯の表面を削ると、そこにさらに汚れがつきやすくなってしまうなどのデメリットがあります。これでは意味がないですよね。

パールホワイトは研磨剤を使用せずに有効成分で汚れを浮かせて落とすので、歯が傷つく心配もありません。

発泡剤不使用

歯磨き粉を使うと、歯を磨いている最中に歯が泡立ってきて、なんだかしっかり磨けている気になりますよね。しかし、それは発泡剤の作用で泡が立っているだけで、実際に歯がきちんと磨けているかというと、そうとは限らないのです。

また、発泡剤に使用されることの多い成分としてラウリル硫酸ナトリウムというものがありますが、この成分は発がん性を指摘されている危険な成分でもあります。

パールホワイトは発泡剤が無配合です。そのため、泡立ちはよくありませんが、しっかり歯を磨くことができるとされています。

通常のホワイトニングのような刺激はない

歯科医院でホワイトニングを行うと、確かに歯をまっ白くすることができます。しかし、歯科医院でのホワイトニングは過酸化水素という強力な薬剤を使用しているからであり、その分歯への負担も大きいのが難点です。

薬剤が歯のちょっとした傷などから歯の内部に浸透すると、神経に触れてしみるような痛みを感じることがあります。

その点、パールホワイトは有効成分が歯の表面の汚れを優しく浮かせて落とすので刺激も少ないですし、痛みもないのが大きなメリットです。

歯磨き以外の効果も期待出来る

薬用の歯磨き粉であるパールホワイトは、歯の黄ばみなどを改善して自然な白い歯に導いてくれるアイテムです。

しかし、効果はそれだけではなく、とにかく万能のホワイトニングジェルなのです。パールホワイトには殺菌作用があるので、口の中の除菌も行い、口臭も防ぐことができます。

また、パールホワイトに含まれるハイドロキシアパタイトという成分は歯と骨の主成分でもあり、歯の再石灰化をサポートしてくれる働きもあるのです。また、キシリトールも配合されており、ミュータンス菌という菌によって発酵することで、虫歯の元になる酸を抑制することができます。

パールホワイトのデメリット

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

価格が高い

ここまで読んで、パールホワイトを買いたいと思ってもらえたら嬉しいのですが、パールホワイトにはいくつかデメリットもありますので、きちんと確認してから購入するようにしてください。

まず、パールホワイトは人気の商品ではありますが、価格が非常に高額なのが悩ましいところです。通常の歯磨き粉は数百円から、高くても2000円ほどだと思いますが、パールホワイトは30ml入ったボトルがなんと8000円もします。

また、歯磨き粉ではなく、ホワイトニングジェルなので、通常の歯磨きを行った後に再度ジェルで歯を磨く必要があり、少し手間がかかる点も難点です。

効果には個人差がある

ホワイトニングを謳っている市販の歯磨き粉など全てに言えることですが、これらは歯の着色汚れを落とす働きがあるもので、歯そのものを白くすることはできません。

そのため、白くなっても自分の本来の歯以上に白くするというのは不可能だと言えるでしょう。

また、使った人全員が同じような効果を実感できるかといえばそういうわけでもなく、効果には個人差があるので、すぐに白くなる人もいれば、長く使ってもあまり白くならなかったという人もいます。

価格が高い上に効果には個人差があるので、使い続けていくのはなかなか難しいという声もあるのが現状です。

パールホワイトの使い方

パールホワイトは、基本的に通常の歯磨きを行った後に行います。

ボトルはスポイトタイプになっているので、まずはスポイトの持ち手部分をつまんで、半分ほどまでリキッドを吸い取ってください。そのあと、歯ブラシにリキッドを垂らしたら、力を入れすぎないように気をつけながら、歯を磨いていきましょう。

大切なのは歯1本1本にしっかり気を配って、裏側まで丁寧に磨いていくことです。全ての歯をしっかり磨き終わったら、口をゆすげば、歯のケアは完了します。

まとめ

いかがですか?芸能人にも大人気のパールホワイトですが、デメリットもあるので、きちんと考慮した上で購入するようにしてください。

パールホワイトを使って、自分らしい素敵な白い歯を手に入れましょう♡


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!