1. TOP
  2. あなたならどうする?ホワイトニングの方法はそれぞれの値段や特徴で選ぼう!

あなたならどうする?ホワイトニングの方法はそれぞれの値段や特徴で選ぼう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングはできるだけ安くしたい!

ホワイトニングをしたいと思っても、なんだか高そうで敬遠してしまうという人も多いのではないでしょうか。歯を白くしたくても、価格が高いと諦めてしまう……なんて人も多いと思います。

歯科医院で受けるホワイトニングは一般的な方法ですが、実はそれ以外にもホワイトニングの方法はたくさんあります。ホワイトニング法によっては、手軽に試せるものもあるので、自分にあった方法を選んでみてください。

ホワイトニングの値段相場

歯科医院でのホワイトニング

多くの人は「ホワイトニング」と聞いて思い浮かべるのが、歯科医院で施術を受けるホワイトニングではないでしょうか。もちろん、歯を自然な色よりもさらに白くするためには、歯科医院で行うホワイトニング以外には難しいので、その様な人は歯科医院でホワイトニングをしてみるといいでしょう。

ただ、歯科医院でのホワイトニングにもいくつか種類があるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングで、主に歯科衛生士さんが施術をしてくれることが多いようです。

歯に専用のホワイトニング薬剤を塗って、ライトを当てて薬剤を活性化させて、歯を漂白して白くする方法です。歯科医院で行ってもらうので、自分で行う手間もなく、プロにやってもらうわけですから安心して施術を受けることができます。

ホームホワイトニングは、医院にもよりますが、だいたい2〜5万円で施術を受けることができるようです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で行うもうひとつのホワイトニング方法です。ホームホワイトニングは、基本的に自宅で行うので、通院する必要がほとんどないので、歯科医院に通うのが面倒という人にはおすすめです。

やり方としてはまず、歯科医院で薬剤の処方やマウスピースの型とりをしてもらい、あとは自宅でマウスピースに薬剤入りのジェルを乗せて歯に装着して行います。

ただ、自分で毎日コンスタントに行う必要があるので、面倒くさがりの人などは、きちんと続けられるか考えてから行うようにしましょう。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも少し安価で、2〜4万円ほどで行える点がメリットです。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングも歯科医院で行うホワイトニング方法ですが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法で、もっとも効率的に歯を白くすることができます。

オフィスホワイトニングの施術を受けた後、歯の回復期間をとって1週間後にホームホワイトニングを開始します。歯科医院で行うホワイトニングの中では一番早く真っ白な歯にすることができるので、芸能人なども多く利用している方法です。

ただ、価格は高額で、5〜12万円ほどが相場となっています。

ホワイトニング専門店

歯科医院で行うホワイトニングでなくても、ホワイトニング専門のサロンも多数あります。

ここは、医療機関ではないので、薬剤は使用できず、歯についた着色汚れなどを浮かせて落とす働きがある成分を配合することで、歯を自然な白さに戻すことができると言われています。

スタッフは歯科医院のように国家資格を持つ人がいるわけではないので客の口内を触ることはできず、基本的には訪れた人は自分で歯のケアをするというのが大きなポイントです。

価格はお手頃

ホワイトニング専門店は、強力な薬剤を使用しない点や、自分でケアをするということもあり、歯科医院で行うホワイトニングよりも格段に安くケアを行うことができます。

だいたい、相場は5000円ほどで、安いところは1回1000円でできるというから驚きです。全国いたるところにお店があり、時間も短いところが多いので、仕事の合間にふらっと寄ることもできます。

注意点は真っ白にはできないところ

ホワイトニング専門店では、市販のケア商品に含まれているのと同様のホワイトニング成分を配合していますが、漂白力があるわけではないので、歯を真っ白にすることはできません。

基本的には歯についた着色汚れを落として、歯を自然な歯の色に戻す程度なので、歯を真っ白にしたいという場合には歯科医院でホワイトニングを受けるほかありません。

ただ、ホワイトニング専門店では、ジェルを歯に塗った後にライトを照射して汚れを浮かせ安くするので、市販のホワイトニングケア商品よりは歯の汚れを落としやすいでしょう。

市販のホワイトニング商品

ホワイトニングをするほどではないけれど、歯の着色のケアをしたいという人や、ホワイトニングをした歯の白さをできるだけ長く持続させたいという人は、市販のホワイトニングケア商品を使うのがおすすめです。

ホワイトニング用のアイテムは、歯みがき粉だけでなく、最近ではいろいろなものが販売されているので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

また、市販品は価格も安いので続けやすく、日々のケアには最適です。

ホワイトニング用歯みがき粉

ホワイトニング用歯みがき粉は、歯の汚れを分解したり浮かせて除去するための成分が配合されていて、歯を自然な白さにすることができるとされている商品です。

歯みがき粉なので、虫歯や歯周病のケアもできるものがほとんどなので、毎日使うことでホワイトニングと口内の病気の予防がどちらも叶います。

また、歯みがき粉は価格も手頃で、安いものなら400円くらいから、高いものでも2000円ほどで購入できるのでおすすめです。

ホワイトニングペン

ホワイトニングペンは、亜塩素酸ナトリウムという成分を配合しているペン型のホワイトニング剤です。亜塩素酸ナトリウムは、食品にも添加される成分で歯の汚れを浮かせて落とす働きがあります。

歯に塗って歯ブラシで磨くだけで汚れを落とすことができるので、手軽に使えます。

亜塩素酸ナトリウムは食品にも使われるものなので安全性は高いものなのですが、取りすぎると悪影響になってしまうこともあるので、用量をきちんと守って使うことが大切です。

ホワイトニング消しゴム

ホワイトニング消しゴムは、研磨剤が配合されたシリコンゴムで歯をこすることで、歯についた着色や汚れを削り落とすことができるアイテムです。

消しゴムと名が付いていますが、文房具の消しゴムのような形状ではなく、多くはペンの様な細長い形で、先端にシリコンゴムがついているものが一般的です。

先が尖っているアタッチメントと切り換えられるようになっているものもあり、そうすることで歯間も効率的に磨くことができるとされています。

ただ、歯の消しゴムは研磨剤が配合されているので、ゴシゴシとこすりすぎると歯の表面までも削ってしまうことがあるので注意が必要です。

歯をどの程度白くしたいのかで選ぶことがポイント

ホワイトニングを検討する際には、実際に自分の歯をどの程度白くしたいのかを先に検討するようにしましょう。

芸能人のように真っ白な歯にしたいという場合には歯科医院でのホワイトニングを受けた方がいいですし、そうでもなくてただ歯の着色をなんとかしたいという場合には、ホワイトニングサロンや市販の商品でも十分にケアできます。

ホワイトニング後は自宅でのアフターケアも大切!

ホワイトニングの施術を受けた後は、歯の白さに感動することも多いと思いますが、そのままにしてはいけません。

ホワイトニングで一番大切なのはアフターケアなので、ホワイトニングをして白くなった歯には、いつもよりも入念に歯みがきするなどしてしっかりケアしていくことが大切です。

歯みがきを怠ると色の戻りが早まったりしてしまうこともあるので、ホワイトニング用の歯みがき粉などを使って歯をみがくようにしましょう。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングの方法は、実は様々あります。それぞれの方法の特徴をしっかりと把握した上で、自分にあった方法を選ぶようにすることが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!