1. TOP
  2. 白くできるが負担もかかる!歯のホワイトニングは薬剤液についても知っておこう!

白くできるが負担もかかる!歯のホワイトニングは薬剤液についても知っておこう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニング液ってどんなもの?

歯科医院で歯のホワイトニングを受ける際、薬剤の液を歯に塗ることで着色や汚れを除去します。

しかし、その施術で使う液のことについて、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。ホワイトニングの施術をより安心して受けるためにも、ホワイトニングで使用する薬剤液についてしっかりチェックしておきましょう。

ホワイトニングに使う薬剤はひとつではなく、用途に応じて使い分けられているので、自分のやりたいホワイトニングと照らし合わせて確認してみてください。

ホワイトニングに使う薬剤液の主成分は2つ

過酸化水素

過酸化水素は、主に歯科医院で歯科衛生士に施術をしてもらうオフィスホワイトニングで用いられる薬剤です。

過酸化水素は、実はドラッグストアなどで売られているオキシドールと成分は同じなのですが、その濃度が異なります。オキシドールの濃度が3%であるのに対し、過酸化水素は35%と高いので、日本では市販は禁じられており、歯科医院で処方してもらう以外の方法で使うことはできません。

酸素と水に分解される際、歯の着色を分解

過酸化水素は、歯に塗って行くと、時間の経過とともに酸素と水に分解されます。この分解作用が起こる時に、歯の歯の着色も一緒に分解してくれるので、歯についた着色や汚れを除去してくれるという仕組みになっているのです。

オフィスホワイトニングは過酸化水素を使い、薬剤の濃度が高い分、分解作用も活発になるので、オフィスホワイトニングは1回の施術だけでも歯の白さを実感できます。

真っ白くなるのは、光が乱反射するから

過酸化水素は、分解の作用によって歯の着色を除去してくれますが、それだけでは歯の色を白くすることはできません。

歯の表面にあるエナメル質は透明で、下にある象牙質の色を透過しますが、象牙質は黄色っぽい色をしているので、歯が綺麗で汚れがない状態でも、象牙質が透けて黄色っぽく見えてしまうのです。

ただ、過酸化水素などの薬剤は、分解した際に発生する酸素が歯の表面にあるエナメル質のエナメル小柱というものの構造を角上から球形に変化させます。

そして球形になったエナメル小柱が光を乱反射させることで、歯が白く見えるのです。

過酸化尿素

過酸化尿素は、主に自宅でケアを行うホームホワイトニングで使用する薬剤です。

過酸化尿素という名称ではありますが、自然に分解して過酸化水素と尿素に変わりますので、結局は過酸化水素と同様に歯に働きます。

ただ、分解することによって発生した過酸化水素の濃度は通常の過酸化水素と比べると1/3ほどになるので、オフィスホワイトニングで使用するような過酸化水素よりも濃度は低くなります。

なるべく早く白くしたいなら濃度の高いもの

ホームホワイトニングで使用する過酸化尿素は、濃度が10〜21%ほどのものですが、範囲が広いので、自分の歯をどの程度白くしたいのかで濃度を選ぶことができます。

薬剤は歯科医院での最初のカウンセリングの際に白くしたい度合いなどを歯科衛生士と話し合うことで、濃度を決めて処方してもらうことになります。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと違って即効性はなく、使用を始めてから2〜4週間ほど経ってようやく白さを実感できるようになるそうです。でも、なるべく早く白くしたいという人は、濃度の高い20%ほどの薬剤を使用するといいでしょう。

歯への刺激が気になるなら、濃度の低いもの

ホワイトニングで使う薬剤は、効果的に歯を白くできる分、歯への刺激も強いのがデメリットです。

薬剤は歯の表面の小さな傷などから内部に入り込み、神経に触れて痛みが出ることもあり、濃度が高いほど痛みを感じやすくなります。

そのため、歯への刺激が気になる場合には、なるべく濃度の低い10%ほどの薬剤を使用するのがおすすめです。ただ、濃度の低い薬剤はそれだけ効力が弱いので、白くなるまでに時間がかかるかもしれません。

ホワイトニング用ケア商品もおすすめ

ホワイトニングの施術後のケアに最適

ホワイトニングをすれば、持続期間はオフィスホワイトニングで3ヶ月〜半年、ホームホワイトニングなら半年〜1年ほどと言われています。

ただ、ホワイトニングをした後のケアを怠ってしまうと、着色しやすくなることもあるので、目安の白さの持続期間よりも早く色が戻ってしまうかもしれません。それを防ぐためにも、市販のホワイトニングケア商品などを使用してしっかりケアしていくことが大切です。

ホワイトニング商品の有効成分とは?

ホワイトニングのためのケア商品は、様々ありますが、一番一般的なのはホワイトニング用歯みがき粉ではないでしょうか。

歯をみがきながら歯の汚れを落としてくれる成分などが着色を防いでくれるので、ホワイトニングをした後のケアには最適です。また、歯みがき粉なので虫歯や歯周病ができる成分が含まれているものがほとんどなので、しっかり歯の健康を保つことができます。

では、ホワイトニングケアアイテムなどに含まれる有効成分はどのようなものがあるのでしょうか。

ホワイトニング成分

ホワイトニング用歯みがき粉に含まれるホワイトニング成分は、主に歯の汚れを浮かせて落とすなどの作用があるので、ホワイトニングの施術をした後に歯に着色したり汚れが付着するのを防止するのに効果的です。

主な成分としては、ハイドロキシアパタイトやポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、PEG-8などが多いので、パッケージの裏の成分表を見て確認してみてください。

知覚過敏ケア成分

歯のホワイトニングをすると、歯の表面などから薬剤が歯の内部に入り込んで痛みが出る場合もあります。施術後に痛みが出る場合もあり、厄介ですが、基本的には一過性なものなので、長くても24時間ほど経てばおさまる場合がほとんどです。

ただ、早めに痛みを緩和したいという場合には、知覚過敏のケア成分が入った歯みがき粉もおすすめできます。知覚過敏用の歯みがき成分としては主に神経につながる象牙質の菅を封鎖する働きのある乳酸アルミニウムや、刺激を神経に伝達するのを抑える硝酸カリウムなどが有効です。

歯を強化する成分

ホワイトニングをすると、強力な薬剤によって歯の表面にあるペリクルという膜が剥がれてしまったりして、歯がデリケートになってしまいます。

そのような歯には、歯を強化させる働きのあるフッ素やフッ化ジェルなどでコーティングするのがおすすめです。フッ素コートで歯を強化することができれば、ペリクルが再生されるまでの24時間ほどの間、歯を代わりに守ってくれます。

ホワイトニング薬剤の注意点

無カタラーゼ症の人は利用できない

歯のホワイトニングには、過酸化水素や過酸化尿素という薬剤を使用します。強力な薬剤なので多少の痛みは仕方のないことなのですが、中にはホワイトニングを受けられない体質の人もいます。

無カタラーゼ症の人は、体内で過酸化水素の分解をするカタラーゼが不足しているため、ホワイトニングの施術を受けるのは禁忌行為です。無カタラーゼ症の人は、残念ながら別の方法を試すしかありません。

銀歯や差し歯は白くできない

ホワイトニングは歯を白くできる画期的な施術法ですが、白くできるのは天然の歯に限定されるので、差し歯や銀歯などの人工的な歯を白くすることはできません。

また、被せ物でなくても、歯の詰め物も白くすることはできず、施術を終えた後に天然の歯との色の差ができやすくなってしまうので注意が必要です。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングは薬剤を使って効率的に歯を白くするので一見魅力的に思えますが、その分デメリットもあるので、きちんと注意点も確認した上で施術を受けるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!