1. TOP
  2. 実はかなり大切!ホワイトニングの判断基準ともなる料金相場はどれくらい?

実はかなり大切!ホワイトニングの判断基準ともなる料金相場はどれくらい?

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングはどれくらいお金がかかるの?

ホワイトニングをしようと思っても、お金がどれくらいわからないとなかなか手が出せないという人も多いのではないでしょうか。

ホワイトニングは、「治療」ではないので、保険が適用されずに、一般の歯科では少し高めの価格設定となっています。そのため、料金の面で不安があるなら、事前に調べておくといいでしょう。

もちろん、価格は歯科医院によって様々ですが、ここでは一般的な歯科医院のホワイトニングの相場について紹介します。

ホワイトニングの種類と相場

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科衛生士が歯に薬剤を塗り、そのあとに薬剤の効果を高めるためのライトを照射して行うものです。

国家資格歯科衛生士に施術をしてもらうので安心ですし、自分で行う手間もないので楽にホワイトニングをすることができます。

メリットはすぐに白くできること

オフィスホワイトニングは、濃度の高い薬剤を使用するので、1回の施術でも歯を白くすることができます。ただ、1回だけでは色戻りもしやすいので、3〜4回ほどは続ける人が多いようです。

ホームホワイトニングは、とにかく即効性に優れています。1回施術を受けただけでも目に見えて白くできますし、色戻りをしたりさらに白くしたい場合には数回繰り返すときれいな白さにすることができます。

デメリットは白さが持続しないこと

オフィスホワイトニングは、すぐに歯が白くなる分、色の戻りも早いのがデメリットでもあります。1回ホワイトニングで歯を白くした後は、短いと3ヶ月、長くても半年ほど経つと色が元の歯の色に戻ってしまいやすくなるので、注意が必要です。

また、オフィスホワイトニングは強力な薬剤を使用するので、歯の表面に傷があると、そこから薬剤が歯の内部に入り込んで神経に触れて痛みが出てしまうことがあります。この痛みは一過性のものなのでそこまで心配する必要はありませんが、痛みが続いたり耐えられないような痛みの場合は歯科医師に相談するようにしてください。

価格は少し高め

オフィスホワイトニングは、濃度の高い薬剤を使用したり、歯科衛生士に施術をしてもらうこともあり、価格は少し高めとなっています。

医院によってもちろん価格設定は変わりますが、だいたい3万円〜5万円のところが多いと言われています。ホワイトニングは保険が適用されないので仕方がないことではあるのですが、頻繁に続けていくには結構な負担となりそうです。

また、相場よりも格段に安いところなどは、最新の設備が揃っていないなどの理由がある可能性もありますので、ホームページなどもよくチェックしておきましょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと違い、大部分のケアを自宅で行う方法です。

歯科医院に行ってカウンセリングを受け、ホワイトニング薬剤が配合されたジェルを処方してもらい、ホワイトニングに使用するマウスピースを作ってもらった後は、基本的に自宅で行うことになります。

メリットは持続しやすい点

ホームホワイトニングのメリットは、オフィスホワイトニングよりも効果が長続きする点です。

ホームホワイトニングは1日2時間、ジェルを塗ったマウスピースを装着するのですが、薬剤がオフィスホワイトニング用のものよりは少し濃度が薄いものを使うので、白くなるまでに時間がかかります。

ただ、時間をかけて白くする分、白くなった後の持続力は高くなっており、短くても半年、長いと1年ほどは白さが長続きすると言われています。

デメリットは即効性がなく、手間がかかる点

ホームホワイトニングは、白さの持続力はありますが、その分、オフィスホワイトニングのような即効性は期待できません。

ホームホワイトニングでは、歯の白さを実感できるようになるまで2〜4週間かかると言われているので、大切なイベントが控えている場合には、オフィスホワイトニングの方が適しています。

また、ホームホワイトニングは自宅で行うので通院の手間はありませんが、その分自分できちんと行うことが大切です。基本的には毎日決められた時間行うものなので、やるのが面倒でやらない日があったりすると、思ったような効果が得られなくなります。

価格は一番安い

ホワイトニングは保険が適用されないので基本的には全額自己負担ですが、そのような歯科医院でのホワイトニング施術の中で一番安くできるのがホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニングのように歯科衛生士が施術を行うわけではありませんし、オフィスホワイトニングよりは濃度の薄い薬剤を使うことが多いので、相場はオフィスホワイトニングよりも少し安く、2万〜4万円ほどと言われています。

デュアルホワイトニング

歯科医院でのホワイトニング方法は、大きく分けるとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類ですが、これらのホワイトニングを融合させたものがデュアルホワイトニングと呼ばれるものです。

デュアルホワイトニングは、歯科医院でオフィスホワイトニングの施術を受けてから1週間後に、ホームホワイトニングを開始する方法です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのいいとこ取りができるのでより効果的にホワイトニングをすることができます。

即効性と持続性がある

デュアルホワイトニングは、最初にオフィスホワイトニングをするのですぐに歯を白くすることができる上に、ホームホワイトニングも行うので、さらに歯の白さを持続させることができます。

オフィスホワイトニングは施術と施術の間は1週間ほど空けなければなりませんが、デュアルホワイトニングならオフィスホワイトニングをした1週間後からホームホワイトニングに移行するので、3つの方法の中ではすぐに歯を白くすることができるのです。

価格は最も高額

デュアルホワイトニングは、すぐに歯を白くできて、さらにその白さも持続しやすいので、非常に魅力的な方法です。

ただ、効果的な分、価格も高いのがデメリットでもあります。通常のオフィスホワイトニングやホームホワイトニングは高くても5万円程度が相場ですが、デュアルホワイトニングの場合は安くて5万円程度であり、高いと12万円ほどするところもあるようです。

効果が高くても経済的に負担になるのはいけないので、しっかり検討してから決めるようにしましょう。

ホワイトニング料金以外にもお金がかかる

歯科医院でのホワイトニングの方法は3つあり、それぞれ価格の相場があると紹介しました。ただ、ホワイトニングはあくまでも「施術」の料金であり、それ以外にも追加で料金がかかることがあるので、注意が必要です。

基本的にホワイトニングの際には、虫歯や歯周病などがないかどうかなど、歯の状態をチェックする診察料や、歯の表面をきれいにする歯のクリーニング料などがかかることがあります。クリーニングは虫歯や歯周病の治療として必要な場合には保険が適用されますが、ホワイトニング目的の場合は適用されないので気をつけてください。

方法は無理のない範囲で選ぼう

ホワイトニングを受ける際には、即効性や持続期間だけで選ぶのだけではなく、価格も重要な判断基準となります。

いくら魅力的な施術法でも、高額で負担が大きい場合には無理をせずに自分の可能な範囲で施術を受けるようにすることが大切です。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングは魅力的な施術ですが、その分費用も高くなるので、衝動で決めずに、きちんと考えてから受けるようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!